Search

検索したいワードを入力してください

職種別営業報告書の書き方と例文|同行報告書/訪問報告書/会議報告書

更新日:2020年10月02日

会社などでは、さまざまな場面で報告書の提出が求められることになりますが、所定の様式が確立されると報告書作成の負担や時間が軽減されます。報告書の書き方をマスターし、文例等のパターンを知ることで、すばやく、中身のある報告書を作成できるようになりましょう。

研修報告書

研修を受けた報告が研修報告書です。研修報告書には、以下のような事項を記載します。

提出日
宛先(提出先)
研修報告者の所属・氏名
研修のタイトル(例:ビジネスマナー研修など)
研修の場所
研修の日時(複数日のときは「研修の期間」)
研修の講師
研修の参加者
研修内容・学んだこと
感想・所感

出典: http://nomad-salaryman.com/job-training-report | 【研修報告書の書き方】完璧に書くためのフォーマット&例文

新人の社員が上司に報告するための社内用の報告書の場合が多く、研修内容を細かく記載する必要はありません。簡潔で読みやすい報告が好まれるでしょう。

売上報告書

月或いは年度等の締めに売り上げを報告する売上報告書は正確な数字やデータを簡潔かつ適切に記載する事が必須です。

金額やパーセンテージなど、なるべく具体的な数字を盛り込み、説得力を高めます。抽象的な表現ではなく、断定的、簡潔な表現を選ぶといいでしょう。前年度等と比較したり、現状、見通し、今後の対策などを盛り込み、前向きな資料にすることを心がけます。

フォーマットと例文

報告書のフォーマットは標準化した一覧表形式の報告書のフォーマットで、エクセルやワードでひな形を用意するといいでしょう。会社によっては決められたフォームを用意されている場合もあります。そうでない場合はあらかじめ自分で用意し、会社等で使用する報告書の様式・書式のひとつとして常備しておくと便利です。

報告書の必須項目

報告書は、以下のような項目が必須項目です。

•提出年月日
•報告者の所属・氏名
•件名
•本文

報告の内容によっては、読みやすいように、本文の部分をさらに、「要約(結論)」と「詳細」に分けることもあります。また、会社や場合によっては、提出先(課長や部長などの上司)という項目があったほうがいい場合があります。

上記の基本から適宜、報告目的や社内の状況に応じて、必要な記載項目を追加してください。

では、報告書の例をサンプル、雛形、たたき台としてご参考にしてください。

平成○年○月○日
○○様(上司の職名、部長・課長など)
○○部○○課名前

7/7○○産業株式会社訪問(報告書)
次の通り、○○産業株式会社を訪問しましたので、内容の要点をご報告いたします。
1.訪問日時…平成○年7月7日14:00~15:00
2.同行者…○○課長
3.面談者…○○課○○課長
4.面談内容  
(1)新製品××へのモデルチェンジのご紹介
(2)商品説明と費用プランの紹介
5.備考     
(1)(感想など)パンフレットAとサンプルを差し上げた。新製品への反応はいい感触が持てた。
(2)次回訪問アポあり(8月下旬頃予定)。その際にはパンフレットB持参予定。日程詳細に関してはこちらから○○日迄に連絡予定。

業務と報告書

会社などでは、さまざまな場面で報告書の提出が求められることになりますが、所定の様式が確立されると報告書作成の負担や時間が不思議なくらい軽減されます。

この機会に正しい報告書の書き方をマスターし、文例等のパターンを知ることで、すばやく、中身のある報告書を作成できるようになりましょう。仕事のための仕事となってしまう様な、ルーティーンワークとするのではなく、充実した報告書になるよう工夫をして、是非お仕事の成果に役立ててください。これまでに記載した内容を意識することによって、効率の良い報告書の作成が出来るようになります。

初回公開日:2017年08月04日

記載されている内容は2017年08月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests