Search

検索したいワードを入力してください

出張報告書の役割・書き方と例文・良い例と悪い例

更新日:2020年10月02日

出張すると書くことになる出張報告書。会社でフォーマットが用意されていれば問題ありませんが、一から書くとなると戸惑います。ここでは、出張報告書の書き方を例文、ポイントを詳しくご紹介しています。読み手にわかりやすい出張報告書の書き方を知りたい方は要チェックです。

要旨の書き方は内容を3つにまとめる事です。要旨部分は文章を作り、その内容を要約し最後に作ります。出張報告書に要旨が必要な理由は、見る人がパッと見て結果が理解できるためです。出張報告書を提出するのは上司ですから、忙しいく報告書で時間を取る暇がない人です。わかりやすい書き方がポイントになります。

まず、出張報告書の要旨で重要な事を3つ書きます。報告相手の知りたいことを書くように心がけましょう。何をしてどうなったか、なぜそうなったか、最後に次に何をすればいいのを書くのがわかりやすい要旨の書き方です。この時、内容には固有名詞や数字を入れましょう。このような書き方で要旨を記入すればスマートにまとまります。

良い例と悪い例のポイント

出張報告書の良い書き方は、出張により目的が達成できたのか、できなかった場合課題や問題が無かったのかが一目でわかる出張報告書を作成することです。基本的にはこのポイントを押さえておけば、上司やメンバーが今後の展開を考えやすくなります。具体的にどのように動けばうまくいくのかをまとめるのが上手な書き方です。

一方、悪い書き方は、ポイントを押さえずダラダラとした長い出張報告書を書くことです。何を伝えたいのかわからず、初日から最終日まで書きつづると何枚にもなり読むほうも大変です。上記でご紹介致しました出張報告書の書き方を参考にして、的確にわかりやすい出張報告書を提出しましょう。

ポイントを押さえてわかりやすい出張報告書を書こう!

上記でご紹介致しました書き方のポイントを押さえておけば、出張報告書は意外と簡単に書くことができます。出張報告書を一から書くとなるとどのように書くべきか悩みますが、出張先できちんとメモを取って、良かった点と悪かった点をまとめておけば出張から帰ってきた後スムーズに出張報告書を書く事ができます。書き方のポイントをきちんと押さえて、読み手にわかりやすくスマートな出張報告書を完成させましょう。

初回公開日:2017年07月28日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests