Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月31日

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給休暇を取得するためには、理由を書いて上司に提出しなければなりません。有給は権利として労働者に認められているものですが、どんな理由を書けばいいかわからず、なかなか取得できずにいる人も多いです。今回は有給取得の理由についてご紹介します。

有給取得の理由の例は?

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

企業では基本的な週休が決められており、定められた日時で休みを取得することができます。土日を休みとしている企業もあれば、平日に休みを設定している企業もあり、またシフト制で休日が個人によって違う場合もあります。

企業ごとに休日の取り方は違いますが、それらに加えて有給というものがあります。本来休みを取れば、その分は給料が支払われませんので、月々の給料も休んだ分だけ減給となります。しかし有給の場合は休みでありながら働いていると換算されますので、休みを取っても減給の対象にはなりません。

有給は起業から与えられるものであり、取得するためには理由を書いて申請書を提出しなければなりません。有給の申請に使用する理由としては、どんなものが考えられるでしょうか。

病院

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給を利用して全休、あるいは半休にして病院に行く場合は、療養のためであったり、私事都合のためとして理由を書いて提出する人が多いです。病院はプライベートな用事になりますし、私事としても問題ありませんし、シンプルに療養のためなどと表現しても構いません。

病院の場合は病院に行くためと、そのまま有給取得の理由にすることもできます。どちらの場合でも当日に有給を取得する場合は、申請書の提出は後からになりますので、無理せず有給を取得し、病院で受診するようにしましょう。

家事

家事が理由で有給を取得したい場合も、私事都合とすることができますし、シンプルに家事手伝いのためとすることもできます。有給の取得理由は、休みを使って何をしているのかがわかればいいので、難しく考える必要はありません。家事手伝いの詳細について口頭で問われる場合もありますが、それについても答えられるようにしておきましょう。

葬式

葬式が理由で有給を取得する場合は葬式、あるいは忌引きと記入します。このとき誰の葬式に参列するのかを書いておくことも大切です。企業によっては慶弔休暇などの特別休暇が設定されている場合もありますし、それに該当すれば有給を取得せずとも休みをもらうことができます。

葬式などやむをえない理由の場合は、企業から休暇がもらえる場合もありますし、まずは企業に特別休暇の制度がないかを確認しておきましょう。慶弔休暇がある場合でも、その適用範囲が決められていることも多いので注意しなければなりません。

両親や祖父母までなら支給されるものの、それ以外の親戚に関しては慶弔休暇が適用されない場合もあります。また適用される場合でも日数はそれぞれ異なりますので、必ず確認しておきましょう。

有給取得の理由は私用でもいいのか?

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給休暇を取得する場合は取得する理由を書いて上司に提出しなければなりませんし、どんな理由で休みを取ろうかと悩んでいる人は多いです。病院や葬式などやむを得ない場合であれば、有給も認められやすいですが、それらを理由に嘘をついて休むのはよくありません。

病院が理由で有給を取得した場合などは、場合によっては診断書の提出などを求められることもありますし、嘘がばれれば上司からの心象も悪くなりますし、嘘をついてまで理由を考える必要はありません。

有給を取得したい理由は人によってさまざまであり、私用で休みたいと考えている人も多いです。企業からくれた休みをどう使おうと勝手ではありますが、有給取得の理由を私用としても問題はないのでしょうか。

私用でも問題なし

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

結論から言えば、私用であっても有給取得は可能ですし、理由としても使用しても問題ありません。有給は企業から与えられた特別な休みではありますが、これは従業員に認められた権利です。つまり有給を取得すると申請すれば、その理由に関係なく、有給を取得することができます。

病院に行く場合はもちろん、プライベートな遊びのために有給を取得していたとしても、取得は可能であり、それを誰かに妨げられることはありません。私用であっても有給を取得することはできますので、基本的にはどんな理由でも有給の取得は可能です。

企業によって有給の申請書の書き方などは違っている場合もありますが、申請書に私用と記入して、有給取得をお願いしても問題はありません。

プライベート感が伝わり過ぎるものはNG

有給は理由に関係なく取得することができますので、私用であっても有給をもらうことは可能です。しかし実際に休む理由が私用であっても、有給の申請書に書く理由についてはプライベート感が強すぎるものはNGです。

○○の発売日だから、○○のライブに行くからなど、これらの理由であっても有給取得は可能ですが、上司からの印象が悪くなってしまう可能性が高いです。有給中に何をしていても、個人の自由ではありますが、有給を取得している間にも、他の人は仕事をしています。

他の人が一生懸命に仕事をしているなかで、プライベートな理由で休もうとするのは印象がよくありませんので、余計な理由は伝えず、あくまで私用、私事都合などで理由を書いていきましょう。

有給取得の理由の書き方は?

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給を取得するためには、有給休暇申請書を上司に提出し、承認をもらわなければなりません。それらにしっかりと記入しなければ有給は取得することができませんので、正しい書き方を身に付けておくことが大切です。

有給休暇申請書は企業によって決まったフォーマットがある場合もありますが、基本的にはどの企業でも書かなければならない項目は共通しています。正しい書き方が身に付いていないと、有給が取得できない可能性がありますし、書類が正しく作れていないことで、上司からの印象が悪くなってしまう可能性もあります。

余計なところで印象を悪くしてしまうのは勿体ないですので、有給を取得する際の理由の書き方などを正しく知っておきましょう。

取得予定日

有給を取得するためには理由を記入する必要がありますが、それだけではなく取得予定の日時についても記入しておかなければなりません。有給を取得するのはいつなのか、また何日取得するのかなどを記入しておく必要があります。

有給は従業員に与えられた権利ではありますが、社内でも仕事の都合がありますし、日時などによっては有給の取得が難しい場合もあります。また誰がいつ休むのかを知っておかなければ、企業としても管理がしづらいですし、他社からの問い合わせがあったときなどにも困ってしまいます。

有給中の仕事を円滑に回すためにも取得予定の日時を記入しておくことが大切ですので、忘れずに記入しておくようにしましょう。

取得理由

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給の取得予定日を記入すれば、次に有給の取得理由も記入していきます。有給の取得理由は基本的には何でも構いませんが、休む理由に合わせて記入することが大切です。実際に休む理由と有給取得時の理由が違っていると、それがばれたときに印象が悪くなってしまう可能性もありますし、余計なリスクを抱える必要はありません。

実際に休む理由と有給取得時の理由が違うからといって、有給が取り消されたり、法律違反になるわけではありませんが、企業に正しく休みの申請をするためにも、正当な理由を記入しておく必要があります。取得理由は余計なことは書かず、シンプルに書くことを心がけ、嘘偽りのないように記入していきましょう。

事前申請が必要

有給を取得するためには、有給休暇申請書などを上司に提出しなければなりませんし、事前に休みを取る旨を企業に伝えておかなければなりません。休みを取ることは自由ですが、企業にも都合がありますし、休みの分を埋めるためにさまざまな工夫や対策をしなければならない場合もあります。

有給を取得して休みだからといて、企業のことを全く知らんふりできるわけではありませんし、迷惑をかけてしまうのはよくありません。休んだことで迷惑をかけてしまうと、周囲からの印象は悪くなりますし、今後の仕事がスムーズにいかなったり、次回有給の取得がしづらくなる場合もあります。有給の取得を考えている場合は早めに申し出、企業に迷惑をかけないようにしましょう。

当日の利用も可能

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給を取得するためには、基本的には事前の申請が必要ではありますが、必ずしも事前申請が必要はわけではありません。病気や葬式などやむを得ない理由であれば、当日の申請でも問題はありませんし、後日出社したときに申請書を提出する場合もあります。

そのため電話などで上司に欠席する旨を伝え、それで有給の取得が決定する場合もあります。当日の申請になってしまえば企業に迷惑がかかる場合も多いですが、理由が理由であれば当日の申請でも仕方がありませんので、それほど大きな問題にはなりません。

当日申請の場合で私用も可能ではありますが、私用が理由で当日に休むとなると、印象が悪くなってしまう可能性が高いので注意しましょう。

有給取得の理由を言わないといけないのはパワハラなのか?

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給は企業から従業員に与えられた権利であり、基本的には自由にこれを執行することができます。そのため本来であれば理由を伝えずとも有給を使用することはできますが、現在では理由を言わなければ有給が取得できないことがほとんどです。

有給の取得には正式な理由が必要であり、それを上司に伝えなければなりませんので、なかなか伝えづらく、取得ができずにいる人も多いです。また理由次第では上司に嫌な顔をされてしまうこともありますし、風当たりが強くなってしまうこともあります。

有給取得に関しては理由を伝える必要はありませんし、伝える場合でもどんな理由でも構いませんが上司に伝えるのは勇気が必要です。有給取得の理由を言わなければならないことはパワハラになるのでしょうか。

法律

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給の理由を言わなければパワハラになるかどうかですが、これについては法律では一概に定められているものではありません。そもそもパワハラは地位や立場を利用した嫌がらせではありますが、理由を言わなければならない=嫌がらせに直結するとは限りません。企業によっては理由を伝えなければならないものの、基本的には形式的なものであり、上司もほとんど確認していない、あるいは確認していても何の文句も言われることなく承認される場合もあります。

この場合であれば理由を伝えなければなりませんが、パワハラとして考えられる可能性は低いです。パワハラは個人の感じ方による部分も大きいので一概に何がパワハラと特定することは難しいですが、単に理由を言わなければならないだけではパワハラとならない場合が多いです。

パワハラにあたる場合も

有給取得の理由を言わなければならないことが、必ずしもパワハラに当たるわけではありませんが、もちろん場合によってはパワハラとして認められることもあります。パワハラは定義こそありますが、明確な決まりはありませんし、感じ方次第でパワハラとなるかどうかが決定します。

ポイントは理由を言わなければならない+何かがあることです。プラスアルファの要因がパワハラに該当する可能性は高いので、その要因を知っておきましょう。

理由によって有給取得を拒否される

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給取得の理由を言わなければならないことがパワハラに当たるケースとしては、理由によって有給の取得を拒否される場合などが挙げられます。有給は理由に関係なく取得できるものではありますが、人によっては理由が正当ではないとして、有給の承認を出さないこともあります。

有給は従業員に与えられた権利ですので、この行使を妨げるのは違法になります。パワハラ以前に違法ではありますが、断り方やその後の対応などによってはパワハラとして認められる場合もあります。

時季変更権

理由によって有給の取得が拒否された場合はパワハラとして該当する可能性が高いですが、拒否される=パワハラ、あるいは違法であるとは限りません。有給の取得は従業員に与えられた権利ではありますが、使用する時期などによっては企業に大きく迷惑がかかる場合もあります。

繁忙期で少しでも多くの労働力が欲しいときに休みを申請してしまうと、企業の不利益につながる可能性があり、企業はこれを阻止するために有給取得の日時を変更させることができます。

これは時季変更権と呼ばれるものであり、これは企業に与えられている正当な権利です。時期によっては有給取得が希望どおりにいかない場合もありますので、有給を取得するのは業務が落ち着いている時期を狙いましょう。

基本的には理由は必要なし

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給はどんな理由であっても時期さえ問題なければ取得することができます。そのため理由によって妨げられることはありませんが、そもそも有給を取得するのに理由も必要ありません。有給は従業員の権利として正当に認められているものであり、理由を伝えずに使用することができます。

そのため理由を聞かれること自体がおかしな状態だということを覚えておきましょう。もちろん理由を聞くこと自体は違法にならないことも多いですし、理由によって有給取得が妨げられなければ違法でないケースも多いです。しかし本来であれば理由すらも伝える必要はありません。

会社によって決まりがある

法律の面だけで考えれば、有給を取得するのに理由を伝える必要はありませんが、企業ごとに取り決めが違っているため、理由が必要な企業もあります。企業によってルールが違いますし、有給の理由についても書き方などが違っている場合も多いので注意しましょう。

また法律で定められているように理由を書かずとも有給が取得できる企業もあります。有給を取得する際は、まずは企業の取り決めを知っておくことが大切です。

退職の時の有給取得の理由は?

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給を取得するタイミングとしては在職中だけであるとは限らず、退職を決めるときにも有給の取得を考えることはあります。有給は消化しなければどんどんたまっていきますし、消化しないまま退職してしまうと、溜まっている有給すべてが無駄になってしまいます。

企業によっては消化できなかった分の有給を日給計算で給料に加算する場合もありますが、それは極めて稀なケースであり、基本的には自身ですべて取得しておかなければなりません。有給を消化しきらずに退職しても問題はありませんが、せっかく残っているものは利用するに越したことはありません。

退職時の有給取得の理由についてを知っておき、退職前にすべての有給を使い切るようにしましょう。

有給取得の理由は必要なし

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給を取得する際には基本的には理由を提示する必要はありませんが、企業によって理由を書いて提出しなければならない場合も多いです。しかし退職の場合は、基本的には理由を書いて提出する必要はありません。

退職に伴っての有給取得であれば、企業側からも理解が得られることも多いですし、理由なしで取得できることがほとんどです。もちろん企業によっては退職時でも便宜上理由の記入を求める場合もあります。その場合でも私事都合などで構いませんし、基本的にはその場に合わせて記入しておけば、特別な理由を記入する必要はありません。

有給消化期間については相談が必要

退職に向けて有給を取得する際には、特別な理由は必要ありませんが、有給取得の時期については企業とよく相談しておかなければなりません。理由によって有給の取得が拒否されることはありませんが、時期によっては取得時期が変更となる可能性があります。

退職に伴う有給の取得の場合は一日や二日ではなく、一週間程度など長期にわたる可能性が高いですし、それだけ連続して休むとなると、周囲の人たちとの連携が必要になります。また退職する際には引継ぎを行わなければなりませんし、それらの兼ね合いを考えても時期についてはしっかりと相談しておく必要があります。

退職日以前に有給消化

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

退職に伴う有給の取得の方法は大きく二つあり、一つは退職日以前に有給をすべて消化するという方法です。退職する場合は事前に退職日を設定しますので、設定した日時に合わせて有給を取得していくことになります。

時期によってもどれだけ連続で有給が取得できるかはわかりませんが、退職までの期間が短い場合は連続して休むことが難しく、とびとびに取得しなければならない場合もあります。長期に連続して休みすぎると、退職の手続きが上手くいかないことも多いですし、取得時期について自由が利きづらい場合も多いので注意しなければなりません。

最終勤務日以降に有給消化

退職に伴う有給の取得としては、退職日ではなく最終勤務日を決めるという方法もあります。事前に最終勤務日、つまり最後に出社し、仕事をする日時を決めておき、その後の期間で有給を取得するという方法があります。

実質的な退職日は最終勤務日になりますので、企業の都合などに関係なく連続して休みを取得することができますが、退職日が遅くなってしまうことがデメリットです。退職し、別の企業に転職する場合などは退職日を迎えるまでは就職することができません。

そのため最終勤務日は過ぎていても、有給消化中であればまだ前職の企業に在籍していることになりますので、転職先で働き始めるのが遅くなってしまう場合があります。

産休前の有給取得の理由は?

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給を取得するタイミングとしては産休に入る前も挙げられます。産休の制度を採用している企業は多く、出産準備のために長期休暇を取ることは可能です。しかし産休に入れる期間については企業ごとに定められている場合もありますし、産休以前に体力的に働くのが難しくなる場合もあります。その場合は有給を取得することが考えられますが、ここでも取得の理由が必要になる場合があります。

産休準備など

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

産休前に有給を取得する場合は、出産準備などの理由で問題ありません。本来理由は必要ありませんし、産休前であれば企業としても無理に働かせるわけにもいきませんので、出産準備などの理由でOKが出る場合は多いです。

産休と合わせて使用も可

産休前に一時的な体力回復のために有給を取得することもできますが、それだけではなく有給と産休をつなげてしまうという方法もあります。産休前であれば有給についても融通を利かせてくれる場合が多いですし、有給とつなげて自主的に休暇の期間を長くすることは可能です。

もちろんさらに長期の休暇になってしまいますので、企業と事前に相談をしておく必要がありますが、事前に申し出ていれば休みが取得できるケースは多いです。

なぜ有給取得の理由を言わなければならないのか?

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給を取得する際には取得の理由を言う必要はありませんし、これは法律でも定められていることです。しかし有給取得の際に理由を聞く企業は多いですし、場合によっては理由によって休暇の取得が却下とされてしまう場合もあります。

有給の取得が妨げられるのは違法ですし、本来理由を聞く必要すらありません。理由を聞かれるからと有給が取得しづらく感じている人は多いですし、理由なしで有給を取得したいと考えている人は多いです。法律では有給取得の理由は必要ないはずなのに、なぜ企業では聞かれることが多いのでしょうか。

社員の行動を把握するため

企業が有給取得の理由を聞く理由としては、社員の行動を把握するためであることが挙げられます。有給中であっても他社から連絡があり、それが緊急の連絡である可能性もあります。そのときに誰がどこで何をしているかを把握しておかなければ対応ができない場合もありますし、それらの緊急時に備えてあえて理由を聞いているという企業は多いです。

規律として必要

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給取得の理由を聞く理由としては、規律として必要であるからと考えている企業は多いです。有給の取得は個人の自由ではありますが、私用で取得を繰り返していると、仕事はいつでも休めるものという認識がついてしまう危険性があります。

有給の日数は限られていますし、無限に取得できるわけではありませんが、社員のモチベーションを維持し、規律を乱さないために理由を聞いている企業も多いです。

マナーの一環

有給取得の理由を聞くのはマナーとして必要だからと考えている企業も多いです。有給は権利ではありますが、あくまで企業からもらうものと認識している人は多く、企業からもらったものなので、しっかりと理由を伝えるのがマナーと考え、有給取得時に理由を聞いている企業は多いです。

有給取得には原則理由は必要ない

有給取得の理由例・書き方・絶対に言わないといけないのか|法律

有給取得の理由やパワハラとの関係性などを紹介しましたが、有給を取得する際には、原則理由を提示する必要はありません。これは法律で決められていることですし、理由によって取得できないこともありません。しかし実際には理由を聞く企業は多いです。企業によってルールが違いますので、理由を聞かれるのであれば企業の取り決めに従い、上手に理由を伝えていきましょう。

Latests