Search

検索したいワードを入力してください

小口現金出納帳の書き方・現金出納との違い・仕訳方法|ノート

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「小口現金出納帳」は小口の現金の出し入れを記入し、しっかりと管理するための帳簿です。小さな会社でも絶対に書かなければならないものですので、経理だけでなく一般の会社員でも「小口現金出納帳」の知識は持つべきです。ここではそんな「小口現金出納帳」について解説します。

個人事業などでは紙の帳簿をつけると事務所スペースに影響を与えます。また、現代においては非効率でもあります。

そこで、紹介したいのがこういったパソコンソフトです。パソコン上で記入できるので、手軽ですし、なにより字が汚くて読めないといったトラブルもなく、フォーマットが用意されているので、打ち込むだけできれいな帳簿が完成します。

このソフトなら操作サポートが無料で何度でも利用できます。初めての人でも扱いやすい点はメリットです。

小口現金出納帳の知識は持っておこう

個人経営であっても納税の義務はありますし、節税やキャッシュフローをしっかりと管理するためには「小口現金出納帳」は絶対に必要な帳簿になります。この機会に「小口現金出納帳」への理解を深め、事細かに「小口現金出納帳」を作成するクセをつけるようにしましょう。

Latests