Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

円卓の上座と下座・席順|ステージ/中華/パーティの場合

食事会やパーティーなどを開く際、あなたは円卓の上座・下座の位置がわかりますか?ビジネスマンとしては、基本的なルールを抑えておきたいところです。今回は、いろいろなシーンでの円卓の上座・下座など、席次の基本的なルールやマナーをご紹介いたします。

円卓の席次のルールとは?

「席次」とは、相手との上下関係や役職に応じた席順のことをいいます。特にビジネスシーンにおいては重要なことで、基本のルールは円卓の場合も同じです。

「目上の人」というのは一般的には役職が上の人を指します。役職が同じ場合は、年齢が上の人が「上座」になります。婦人同伴の場合は、婦人は夫に準じた席になります。自分がお客様をお迎えする側の場合は、目上の人やお客様は入口から一番遠い「上座」にご案内しましょう。

自分が招いた側の場合、基本的には「下座」に座るのがマナーですが、すすめられた場合は「上座」・「下座」関係なく指定の席に座ります。もしすすめられた席が「上座」でも、遠慮するのはマナー違反になります。

円卓の上座と下座はどこになる?

どんなシーンでも共通ですが、目上の人やお客様は一番良い席にご案内します。その部屋の中で一番良い席を「上座(かみざ)」、目下やおもてなしする側が付く席を「下座(しもざ・げざ)」といいます。

円卓は、通常は8人掛けとなっていて、基本的には入口から一番遠い席が「上座」、入口から一番近く、上座の対面が席次最下位の「下座」になります。もし「上座」がわかりにくい場合は、一番奥まっていて落ち着いた席にご案内しましょう。

中華料理の円卓の上座と下座は?

社会人になると、仕事と同時にビジネスマナーを覚えることが大切になってきます。基本的なことを知らないと、非常識と思われ評価が下がったりすることもあるからです。例えば会議や食事の際の席の順番(席次)は、目上の方やお客様へのおもてなしや敬意の意味が込められていて、非常に重んじられていますので、分からないと慌ててしまうことになります。

では、円卓の場合はどこが「上座」になるかご存知でしょうか?今回は、色々なシーンにおける円卓の席次のルールをご紹介します。

中華の円卓は席次の左右に注意

では、中華の円卓の場合はどうでしょうか。まず、図のように入口から一番遠い席が「上座」になります。「上座」から見て左→右→左→右の順で「下座」になっていきます。通路側の「下座」には目下の人が座って、オーダーしたり店員とのやり取りを引き受けます。また、「上座」以外に眺めの良い席がある場合は、席次が変わることもあります。

日本の伝統的な礼法には「左上右下」があり、そのままの意味で「左が上位」となります。これは、皇帝は北極星を背にして座るのが良く、日が昇る東のほうが日が沈む西よりも尊いという中国の思想から影響を受けています。しかし、日本は西洋の文化も取り入れている為、近年では会議等の席次を決める際でも国際儀礼「プロトコル」に従って「基本的には右側の席ほど上位である」と考えることが多いようです。

中国では「左をもって尊しとする」というしきたりが受け継がれていますので、普段会議の席順は右上位でも、中華の円卓では反対になりますので、注意が必要です。

他に中華の円卓で気をつけたい点は?

中華レストランでは主賓が席に着くまで入口で待つのがマナーです。「上座」の人から順に座るようにします。

もし円卓にターンテーブルがある場合は目上の人から料理を取って、時計回りに回します。そして、全員に行き渡ってから食べ始めますので、先に食べ始めることの無いよう注意しましょう。

また、洋食などとは少し違い、中華料理で重要視されるのは食事と共に会話を楽しむ事です。中華料理では、基本的にはレディーファーストの考え方はありませんので、目上の人がいないカジュアルな場なら、男女交互に座るのもありです。

ステージがある場合の円卓の上座と下座は?

ホテルや旅館などの大広間のステージがある会場ですと、円卓の「上座」や「下座」は分かりにくく感じますが、基本的には入口から一番遠い、ステージがある方が「上座」となります。入口から一番遠い壁に面した中央の席が「上座」で、2番手は「上座」から見て右、3番手は左、4番手は右…の順で「下座」になっていきます。中華の円卓では左右の優先度が逆になります。中央に2卓ある場合は、よりステージに近いほうが「上座」となります。円卓ですと「上座」に座る人はステージが見難くなってしまいますが、それでも中央を「上座」とし、場合によっては椅子を少し傾けて観覧します。

パーティーの円卓の上座と下座は?

最前列の円卓の数によっても、両家の主賓テーブル(上座)のレイアウトが変わってきます。偶数の場合は、中央の2卓の円卓が新郎・新婦それぞれの主賓の席となります。奇数の場合は、中央の円卓の半分が新郎の主賓、もう半分を新婦の主賓が座るようにします。

また、他にも年齢の近い人や趣味の合う人など、歓談しやすいゲストを近くに配置するという方法もあります。どのような場合でも、ゲスト同士が不快感を感じないような配慮が必要です。

結婚披露宴の場合は?

結婚披露宴のようなパーティーの会場でも、円卓の「上座・下座」の考え方は同じです。

結婚式では、「右方上位」で常に新郎は右、新婦は左と決まっています。そして新郎・新婦のメインテーブルに一番近い中央の席が「上座」となり、入口に近い席が「下座」となります。「上座」には主賓や会社の上司が座り、「下座」には新郎・新婦の親族、その間には友人や同僚が座ることが多いようです。ゲストの席次は、2人との関わりや立場によって決めていきます。円卓によってゲストの人数が違っても構いません。

親族の中でも関係の遠い親戚は「上座」、新郎・新婦の両親はホスト・ホステスですので「下座」に座ります。最近では、感謝の気持ちを表して家族を中央の席にするなど、「上座・下座」にあまりこだわらないというケースも増えているようです。

忘年会・宴会の場合は?

会社の忘年会や宴会の円卓でも、社長や重役は「上座」の奥まった席、幹事や部下は追加注文など席を立つことが多い為「下座」に座るようにします。例えば中華の円卓でしたら「上座」に社長、「上座」の左手(2番)に専務、右手(3番)に常務、4番に部長、5番に課長、6番に係長、7番に主任…となるのが一般的です。もしくは「上座」以外の席の順番は年功序列にしてもかまいません。

社外のお客様が同席する場合は、先方の上位者が「上座」に、次にその同行者、自社はその次に並びます。また、新入生歓迎会では、親睦を図る為にも新入生と上司・先輩を交互に配置するのが良いでしょう。

顔合わせの食事会の場合は?

結婚が決まった後の顔合わせの食事会は、両家が初めて会う場ですから、和やかなムードで会話を楽しめる場にしたいものです。結納ほど形式張ったものではありませんが、失礼のないように基本のマナーは抑え、席次は事前に決めておきましょう。

新郎・新婦の2人は、主役だからといって「上座」に座る、ということにはなりません。身分の高い人、つまり新郎の父親が「上座」に座り、「下座」には新婦が座るのが普通です。円卓の場合には、「上座」で父親同士が隣り合って座り、父親の横にそれぞれの母親が続き、「下座」で新郎、新婦が隣り合うのが自然な形になります。入口に近い席のほうが、何かと動きやすいというのもあります。また、兄弟姉妹などが参加しても、新郎・新婦が「下座」というルールは変わりません。もし、全員が同じ円卓につけない場合は、基本通りに入口から最も離れたテーブルを「上座」としましょう。

円卓でも慌てない

幹事を任された時、ただでさえ責任が重いのに、円卓の場合だと余計に焦ってしまうかもしれません。ですが、基本のルールは角テーブルの時とそれほど変わりません。今回ご紹介した円卓の席次のポイントを抑えながらも、場面によっては臨機応変に対応できる、スマートなビジネスマンを目指していきましょう。

←前の記事へ

一筆箋の書き方・マナー・例文を紹介|ビジネス/御礼/お詫び

封筒の裏面の書き方・住所の書き方|横書き/縦書き・印刷する場合

Latests