Search

検索したいワードを入力してください

菓子折り(退職/お詫び)・菓子折りを選ぶポイント

更新日:2020年08月14日

菓子折りって、いざ贈るとなると何を選べばよいか迷ってしまいませんか?アルバイトを辞める挨拶に、菓子折は大げさ?お詫びのお供に最適なのは?ここでは、さり気なく喜ばれる贈り物をしたい人のために、菓子折りを選ぶ際に大切なポイントをまとめました。

気持ちをカタチに

菓子折りの差し入れは、おいしいお菓子と話題を提供してくれて、職場やバイト先の雰囲気をぱっと華やかにしてくれる、ちょっと嬉しいサプライズです。いただく時は何だってありがたいれど、いざ自分が贈るとなるとあれこれ悩んでしまうのも菓子折りではないでしょうか?

ここでは、贈る側になってみて初めて気づく素朴な疑問や、シーン別の、気をつけたいポイントなど、菓子折り選びについてまとめてみました。

菓子折りの「折り」ってなに

「折り」とは、日本に古くから伝わる伝統的な木製の箱のことで、かつては松やヒノキ、杉材などが多用されていました。高温多湿な日本の気候によく馴染むこれらの素材には、抗菌作用や通気性があり、軽いうえに中身の湿気を適度に吸収するので、漆器の重箱に代わる容器として利用されていたのです。

現在でも紙製や発砲スチロール、プラスチック製で木目を表現した容器が出回っていますが、昔ながらの木製品は中の食品に木の良い香りが移って感じの良いものです。

菓子折りを選ぶときは、パッケージにこだわってみるのもです。折りの中身は寿司や弁当、お菓子などさまざまで、それぞれ寿司折り、折詰弁当、菓子折りと呼ばれます。

古くは手軽な使い捨ての食器として扱われていた折り箱は、近年では少し改まった挨拶などに持参する手土産として定着しました。手土産を「菓子折り」ということで、場のフォーマル度や重要性を表現することもあります。

菓子折りの相場って?

人数や要件にもよりますが、相場としては概ね3000円から10000円の範囲がです。特に、お詫びの菓子折りが高価すぎると大げさな印象を与えてしまって、逆効果になることもあります。菓子折りは「これで勘弁してくれ」というような不始末の代償ではなく、あくまでお詫びの挨拶に持参する手土産です。

菓子折りにそれ以上の意味を付けてしまうと、受け取る側としては「お詫びの気持ち以外にも、何かアピールしたいことがあるらしい」と余計なことを勘繰ってしまうため、できません。率直に罪悪感を金額に反映させてしまうのではなく、慎みを表現するように心がけましょう。

熨斗(のし)はお付けしますか?

日本古来の習わしとして、贈り物を美しくつつむ「掛け紙(かけがみ)」を用いますが、店頭で菓子折りを買い求めると「熨斗はお付けしますか?」と聞かれます。改まった感じを出したいときはもちろんですが、気軽な菓子折りの場合でも失礼に当たることはありませんので、迷ったら付けてもらうのがです。贈る側の真心を表す大切な社交辞令となっていますので、折りを見て使い方をマスターしておきましょう。

熨斗紙とは

本来は奉書、水引、熨斗の3つがセットになっていますが、近代以降は右上のところに折り紙で作ったような縁起物の「熨斗(のし)」が付いた熨斗紙(のしがみ)を使うのが一般的です。ちなみに、掛け紙を弔辞に用いる場合でも「熨斗紙」と呼ぶことがありますが、実際には縁起物である熨斗そのものはついていません。

中央の紐が「水引(みずひき)」で、慶事や一般的な菓子折りには紅白を、弔辞の場合に鍵って白黒を選びます。さらに、出産祝いや新築祝いなど、何度あっても良いお祝いには、結び直しができる「蝶結び」を、結婚式やお見舞いのように繰り返したくないものは、一度結ぶと解けない「結び切り」を使うことが決まりです。

水引のタイプは、同じ祝い熨斗でも結婚祝いやお見舞いなど、用途によって少しずつ違います。間違えると失礼になりますので、自信がないときは必ず誰かに相談しましょう。

菓子折りに付ける熨斗のタイプ

水引より上には、「お祝い」「寸志」といった贈り物の題目を、水引の下には送り主の苗字を記し、これを「表書き(おもてがき)」と呼びます。手土産として菓子折りを持参する場合は、すっきりとした無地熨斗もです。

最後に、「内(うち)熨斗」と「外(そと)熨斗」のちがいですが、品物に直接「掛け紙」を付け、包装紙で包むのを「内熨斗」、包装紙の上から紙を掛けるのを「外熨斗」と呼びます。使い方にについては厳密な決まり事はありません。

しかしながら、内熨斗は控えめな贈り物の表現として認識されており、内祝いなどに多く用いられます。一方、送り手が一目でわかる外熨斗は、当選祝いや結婚祝いなどの盛大なお祝いごとにです。菓子折りを先方に持参する場合は外熨斗が一般的です。

どんなときに持参するべき?

では、実際にどんな場面で菓子折りを持参すれば良いでしょう。菓子折りは、食べてしまえば無くなることから「消えモノ」といわれる贈り物です。菓子折りに限らず、洗剤や飲み物などの消耗品を総称した呼び方で、早く消えてしまうので後腐れがなく控えめです。

また、菓子折りは生花のようにいつまでも置き場所を取ったり、お世話の必要もないため、先方の手を煩わせることもありません。その意味で、いつでも気軽に活用できる方法です。

取引先へのお詫び

仕事上のミスで、先方に何らかの不利益を与えてしまった場合、菓子折りを持ってできるだけ速やかにお詫びに伺います。あらかじめメールや電話で連絡を入れ、担当者に面会を申し入れておきましょう。迅速な対応と誠実な姿勢が何よりも大切です。

退職の挨拶に

退職が決まったら、お世話になった職場の方々にお礼を兼ねた挨拶が必要になります。一般的には最後の出勤日に菓子折りを持参することになりますが、出張などで留守が多いことがあらかじめ分かっている場合は、後日改めて挨拶に伺うという方法もです。

最期の日に急な用事で席を外してしまい、機を逸したということのないように、退職日が迫ったら個人的な挨拶を少しずつ済ませておくことをします。

アルバイトでお世話になった方へ

次のページ:どんな挨拶が適切?

初回公開日:2017年07月28日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests