Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

相見積もりとは?相見積もりを取る際のマナーと断り方・例文

見積もりはビジネスであれば事前に費用を知るためであったり、資金準備したりなどするために必要になります。家庭でもリフォームなどのまとまった金額が必要なる場合は見積もりを出してもらうでしょう。そんなときに複数の業者に見積もりを出してもらったことはありますか?

相見積もりとは?

相見積もりとは?相見積もりを取る際のマナーと断り方・例文

相見積もりとは複数の業者から見積もりを出してもらうことです。複数の業者に見積もりを出してもらうことで金額やサービス内容や対応など比較することができます。略して「あいみつ」と言うときもあります。

相見積もりは基本的にビジネスやでの取り引きや、一般家庭では引っ越しやリフォームなどのような比較的大きめの金額が必要なときに行います。見積もりは無料で行ってくれるところが多いです。しかし、無料だからといって大量の業者に見積もりをお願いするような無茶な相見積もりをすることは止めましょう。

相見積もりをするということは頼まなかった業者には断りの連絡を入れる必要があります。数が多いと断りの連絡を入れるだけでも大変ですし、断る際にはマナーも必要になります。

相見積もりを取るときのマナー

相見積もりとは?相見積もりを取る際のマナーと断り方・例文

見積もりを依頼する段階では発注する前なのであまり時間や労力などの負担を相手にかけないように注意しましょう。相手は見積もりを作成している間は別の仕事ができません。相見積もりをしているなら発注されない可能性もあるわけです。ですから、こちらはスムーズに見積書が作成できるように配慮することがマナーになります。

見積もりを依頼するとき

相見積もりとは?相見積もりを取る際のマナーと断り方・例文

予備知識を持って行く

業者に何かを発注するということは自分ではできないことを仕事として頼むということになります。つまり、こちらは専門的な知識がないからお願いすることになります。しかし、専門的な知識がないからといって、見積もり相談の際に1から10まで聞くつもりでいることは止めましょう。

今では簡単な情報は調べれば手に入ります。専門的な知識を勉強する必要まではありませんが、せめて、相談する前には3から10まで聞けばわかるように予備知識を少し持つようにしましょう。事前に予備知識を入れておくことで、相談の時間が短くなるだけでなく、見積もりに対して交渉もできるようになり、スムーズな流れを作ることができます。

条件を決めておく

見積もりをお願いする際には、譲れない条件やどの部分を重視するのかを決めておきましょう。譲れない条件を相手に伝えておかないと後に本当はこうして欲しかったとトラブルにもなりかねません。予算や期限は明確伝えておきましょう。

また、金額やサービスなど、どの部分を重視しているのか伝えるようにしましょう。相見積もりをする場合には重視する部分を全ての業者に伝えておかないと比較することができません。

相見積もりすることを伝える

相見積もりをするということは相手からすると、他社と併せて試されているということになります。人を試すということは失礼なときもあります。しかし、相見積もりの場合の相手は業者、会社になります。業者や会社は相見積もり以外でも他社と比較されるのは当然のことですので、基本的には相見積もりをしていることを伝えることはマナー違反にはなりません。

しかし、あまりに相見積もりしています、というような直接的なニュアンスの言葉は控えた方が良いでしょう。「少し検討させていただきます。」のように相見積もりをしている雰囲気を伝えれば言葉にカドが立ちません。相手もプロなのでこの言葉で意味は伝わります。

中には鈍感な人もいるかもしれませんが、そのときは状況に合わせて言葉を選ぶようにしましょう。

相見積もりの断り方

相見積もりとは?相見積もりを取る際のマナーと断り方・例文

大きな支払いが必要なものには安心が欲しくなるのは当然のことです。そのために、相見積もりをして複数の見積もりから金額やサービス内容など比較することは必要なことです。しかし、先に述べたように相見積もりをするということは、断りの連絡をしないといけません。

見積もりは無料なところが多いですが、相手に仕事をしてもらったことに変わりはありません。相見積もりの場合であれば発注されるかどうかもわかりません。業者側からすると見積もりを出すにも経費は発生するので、断るにしてもマナーを守り、お礼の気持ちを忘れないようにしましょう。

一方的に断る

見積書が思っていた内容と違うことはよくあります。相見積もりをしているのであれば、他社と比較するので希望に沿ったところもあれば、そうでないところがあっても当然のことです。しかし、相手は見積書を出すという仕事をしてくれたわけです。その相手に対して相見積もりの結果や金額やサービスが納得できる内容でなかった点などツラツラと述べて一方的に断ることは失礼になります。

あくまでも相手はプロでこちらは素人であることを忘れてはいけません。

あいまいに断る

どんなことでも断りを伝えるということは気が引けることです。さらに、断るという行為で相手からの印象が悪くなるのではないか?と気にする人もいます。たしかに、見積もりを出してもらって断ることは申し訳ない気持ちにはなります。しかし、相手も仕事としてやっているので断られることもあるということは理解しています。

中には申し訳ない気持ちから、断る理由をあいまいな言い方で伝える人がいるようです。相手は断られることもあることを理解しているので、断るときは何も気にする必要はありません。

連絡しない

断りの連絡を入れることに申し訳ない気持ちを持つ人がいます。その人たちの中には断りの連絡を入れない人がいます。これは一番やってはいけないことです。相手も見積もりは出しているので、もしかすると発注があるかもしれないと気にしていないといけなくなります。

そもそも、見積もりという仕事をお願いしてその後は無視するというのは人としてのモラルの問題でもあります。

断りメール例文

相見積もりとは?相見積もりを取る際のマナーと断り方・例文

見積もりを出してもらった後に断りの連絡をするときに、電話であれば内容を細かく言葉で伝えることができます。しかし、メールの場合は簡潔に失礼のない文章である必要があります。

発注する側が断る場合

電話であっても、メールであっても基本的に相手への感謝の気持ちを伝えることが重要です。メールであれば

いつもお世話になっております。見積書を頂きまして誠にありがとうございました。内容を拝見させて頂きました。社内で検討した結果、今回は費用の面で折り合いがつかず、見送らせて頂くこととなりました。また次の機会にご依頼させて頂くことがあるかと思いますが、その際にはどうぞよろしくお願い申し上げます。

と上記のように断る至った内容と相手への感謝を書きましょう。余計なことは書く必要はありません。

見積もりを断る場合

断りの連絡を入れるのは発注する側だけではありません。見積もりを出す側が断る場合もあります。見積もりの相談の際に出された条件を満たすことができないなどの理由があるときは断られることもあります。

基本的には発注する側とされる側でもメールで伝えるべき内容はあまり変わりません。

<例文>================

お世話になっております。この度はお見積りのご依頼を頂きましてありがとうございました。後日、社内で検討しました結果、当社ではご提示頂いた予算の範囲内での受注は困難である判断したため、今回はご依頼を辞退させて頂きたく、取り急ぎメールをお送りしました。ご要望にお応えできなくて誠に申し訳ございません。何卒、ご了承ください。

====================

と上記のように断る理由と謝罪の気持ちを添えるようにしましょう。

見積もりの依頼文

相見積もりとは?相見積もりを取る際のマナーと断り方・例文

見積もりを出す際には細かな情報が必要になるので基本的には相手と直接会って話すことが多いです。しかし、普段からお付き合いがある相手や遠方で直接会うことが難しいなどの場合であれば、メールや文書でやりとりすることもあります。

基本的には直接会って話すことなので、これといった依頼文にルールはありません。ルールはありませんがマナーはあります。まずは挨拶から始まり、見積り作成のお願いと詳細を書きます。相手の業種などでお願いの仕方や使うべき文章が変わるので難しいところですが、ビジネスマナーから逸脱しないようにさえ注意すれば特に問題はありません。

相見積もりをするなら

相見積もりとは?相見積もりを取る際のマナーと断り方・例文

いかがでしたでしょうか?今回は相見積もりについてお話ししました。

相見積もりをするのであれば必ず断りの連絡をしなければならないところが出てきます。いくら見積もりは無料と言っても、相手は仕事をしてくれています。見積もりを依頼するときも、断るときも感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

Latests