Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

封筒の差出人の書き方(横書き/位置/会社)・印刷方法

ビジネスにおいての横型封筒の差出人の書き方、郵便番号枠のありの場合や無しの場合等、幅広く封筒の差出人の書き方について知っておきたい。和封筒、洋封筒での書き方の違いと、お得意様やお取引先に失礼の無いビジネスマナーを守った差出人の書き方についてご紹介します。

横型封筒の差出人の書き方

封筒の差出人の書き方(横書き/位置/会社)・印刷方法

昨今、IT化が進みメールで要件が済まされている現在だからこそ、手紙は大切にしたいものです。
友人や知人にもメールで伝えるという簡易化もいいですが、手紙の温かみも大切です。
ビジネスにおいても、郵便は切っても切り離せないものです。

何事にもマナーやルールがあるように封筒の差出人の書き方にもルールがあります。
また、嬉しい出来事や悲しい出来事など、シーンによって書き方も違います。

送り先様に不快な思いをさせない為に、マナーを守って差出人の書き方をしていきましょう。

横書き封筒の差出人の正しい書き方と場所

封筒の差出人の書き方(横書き/位置/会社)・印刷方法

ビジネスシーンや普段使いでの横書き封筒で使える、差出人の書き方についてご紹介します。
丁寧に楷書で書くこと、黒いペンを使う事……などなど、いくつか守らなければならないマナーがあります。
縦書きと横書きとの違いも様々ありますが、ここでは横書き封筒の、差出人の書き方を確認していきましょう。

横書き封筒の差出人住所の書き方

・差出人の郵便番号は省略せずに書きます。
・郵便番号の場所は住所の上に書きます。
・住所を書く場所は郵便番号と左端を合わせて。文字の大きさは差出人の氏名よりも少し小さめに。
・番地の数字部分は算用数字で書きます。
※住所が一行で収まらない場合は改行しても構いませんが、住所や番地のキリの良いところで改行しましょう。二行目や三行目の書き出しは一行目の書き出しよりも少し後ろから書き出します。
※横書き封筒の場合、「〆」や「封」などの封字は書かなくても構いません。
また、書いてしまっても失礼にはあたりません。

横書き封筒の差出人名の書き方

・差出人の名前は住所に対して、右寄せまたは中央より少し右寄せに書きます。
・全体のバランスを見て、文字の配列を行ってください。

※住所・氏名とも、封筒の三分の一に納まるように書くことが綺麗に見えるポイントです。

※投函日付を書く場合は住所の左上になる場所に書きます。

横型の封筒でもシーンによっては異なる

封筒の差出人の書き方(横書き/位置/会社)・印刷方法

手紙の中にはいくつかの種類があります。
ビジネスに使うものや、プライベートでのお手紙などなど……。
その中には、慶び事や悲しい事を知らせる手紙も含まれています。
ここでは、その場面に合った書き方で、相手に失礼のないようにしていきましょう。

慶事の封筒の場合

結婚式や披露宴の招待状などでは、横書きの封筒を縦書きにして使用する場合があります。

慶事の場合は、「右封じ」です。
右からフタを被せるように封筒を閉じる形にしてください。
弔事以外はすべてこの向きで使用します。

〇差出人の住所の書き方
・横書き同様、住所は氏名の文字よりも少し小さめに。
・縦書きの場合は番地の数字部分は漢数字で書きます。
・住所が一行で収まらなければ、横書き同様でキリの良いところで改行しますが二行目三行目の書き出しは一行目よりも少し下から始まるように書きましょう。

〇差出人名
・差出人の氏名は住所よりも大きく書きます。
・高さは中央付近かやや下から書き始めます。
・氏名の長さは全体のバランスを見て配列してください。




弔事の封筒の場合

弔事や法事の案内状などでは洋封筒を縦書きにして使う場合があります。
弔事の場合は「左封じ」です。左からフタを被せるように封筒を閉じてください。
お悔みごとはすべてこの向きです。
正式な文書では、封筒の内側に薄い紙がある二重封筒を使用する場合がありますが、弔事には「不幸が重ならないように」と使わないのがマナーのようです。

〇差出人の住所の書き方
・住所の文字の大きさは氏名よりも少し小さめに書きます。
・縦書きの場合は番地の数字部分は漢数字で記入してください。
・住所が一行に納まらない場合は、二行三行に改行しても構いませんが、一行目の書き出しよりも少し下部分から始まるように書き出します。

〇差出人の名前の書き方
・住所よりも少し大きめの文字で書きます。
・高さは上下の中央かやや下部分から書き始めます。
・全体のバランスを見ながら氏名の配置を行ってください。

ビジネスでの横書き封筒の使い方

封筒の差出人の書き方(横書き/位置/会社)・印刷方法

ビジネスシーンにおいて、宛名の書き方はもちろんですが、差出人の書き方も重要です。
封筒を一通送ることで、先方が抱く自分の会社のイメージが定着してしまうといっても過言ではありません。
ルールとマナーを守り、相手方に失礼のない封筒の書き方をしましょう。

ビジネスでの差出人の書き方

裏書(差出人)は封じ口の下に書きます。
黒のボールペンで、楷書で丁寧に書いてください。


〇会社の所在地
・郵便番号を封じ口の中央、または右寄りに書きます。
・会社の所在地は郵便番号の下に、郵便番号の左端と揃えて中央または右寄りに書きます。

〇差出人
・会社の所在地の下に
 会社名・部署名・課名・役職名(肩書)・名前を書きます。
・洋封筒に封締めは不要ですが、書いても失礼には当たりません。

※投函日を入れる場合は、左側に。算用数字で書いてください。
(便せんの後付けに日付を入れるとともに、封筒に封かん日を書くとより丁寧です。)

封筒への差出人の印刷方法

封筒の差出人が会社だった場合、手書きで出すという事は手間以外の何ものでもありません。
もちろん、手書きが基本ですが。
郵送する量が大量になるので、印刷業者にお任せしてしまうのが一番早くてキレイで確実ですが、コストもそれなりにかかってしまいます。

そこで、wordやExcelで差出人をあらかじめ作成して印刷することで、手間もコストも随分と省くことが可能なので、円滑な事務作業をするためにも、印刷対応をしていきましょう。

Wordでの印刷設定

ここではWordで差出人の設定をしていきます。

①「差し込み文書」のタブ内の「作成」から「封筒」をクリック。
②「宛名ラベル作成」ダイアログボックスが表示されるので「宛先」欄に送り先様を入力。
③「差出人住所」欄に差出人情報を入力してください。
④「オプション」ボタンをクリックし、封筒の種類を選択します。
⑤「封筒オプション」ダイアログボックスが表示されるので、「封用サイズ」欄で印刷する封筒の用紙サイズを選択します。

印刷してみましょう

①「宛先」と「差出人」の文字書式(フォントや大きさ)を選択します。
②「宛先」「差出人住所」の配置などの修正を行う場合は、それぞれの左端から・上端から位置を設定するようにします。
③「OK」ボタンをクリック。
④「宛名ラベル作成」ダイアログボックスが表示され、封筒オプションで設定した内容が表示されるので、確認をしてください。
⑤「印刷」をクリック。
⑥メッセージが表示されますので、差出人の住所を既定の住所に登録する場合は「はい」をクリックすると、今後の作業がスムーズに行えます。

※要注意
印刷を実行する前に、プレビューで確認をすることを強くお勧めします。

ビジネスシーンでは差出人のシールでもOK

先述のように、ダイレクトに封筒へ差出人をプリントアウトすることもできますが、シールにして使用する方法もあります。
いろんなメーカーから封筒のサイズや種類に応じて幅広い「宛名/差出人のシール」が発売されているので、その場にあったシールを使いましょう。

Word機能の中に「宛名ラベル作成」がありますので、メニューバーから「差し込み印刷」→「ラベル」→「宛名ラベル作成」を選択します。

オプションで、使用するラベル用紙が選べるので、用途にあったラベルを作成してください。

差出人の書き方は丁寧に。出来る自分をアピール

封筒の差出人の書き方(横書き/位置/会社)・印刷方法

差出人を丁寧に書くという事は、相手先に「あなた」や「会社」の第一印象を決める大切なものです。
封筒は大切な郵便物のパッケージでもあります。

自分が貰って嬉しい手紙を目指して、ビジネスマナーや一般常識を守り、相手に気持ち良く受け取ってもらえるように丁寧に書きましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

←前の記事へ

風邪をひいたとき仕事を休むかどうかの判断・乗り切る方法

判事/判事補/裁判官の違い|判事と判事補の年収・任命/新任/辞令

Latests