Search

検索したいワードを入力してください

女性のスーツは何着で着回しできるか・状況別の必要な枚数

更新日:2022年05月24日

「女性はスーツを、何着持っていれば、困らないのだろう」などと考えたことはありませんか?就活生や新入社員などが活動するのに、最低限必要なスーツは何着なのか、出張時は何着持参すべきなのかなど、環境・状況別に、必要になるスーツの数と着回し術をご紹介します。

女性用スーツは何着で着回しできるの?

女性用スーツは、何着持っていれば、着回しができるのでしょう。着回しが必要となる状況別に、最低限必要な着数と着回し術をご紹介します。

就活用のスーツ

就活には、何着のスーツが必要でしょうか。就活の場合、連日スーツを着る可能性もあることから、2着は揃えておいた方がよいでしょう。ただ、就活生は学生であり、なかなかスーツを揃えるお金を捻出するのも大変でしょう。「最低何着必要か」という観点だと、1着しかなくても、なんとか乗り切れるとも言えます。

2着以上をおすすめするのは、続けざまにスーツを着ると、スーツの傷みが早くなるというのが、理由の一つです。また、連日スーツを着ていると、当然スーツも汚れますが、1着しか持っていないと、面接予定が毎日入っている場合など、クリーニングに出したくても出せない状況に陥ることになります。リクルートスーツは、就職後も活用できるので、2着揃えられるよう、がんばりましょう。

新社会人の場合

新社会人としては、何着くらいスーツが必要でしょうか。これは、就職した会社の服装規定にもよりますが、入社しばらくは、スーツで出社した方が、年配の社員からは好感を持たれます。

一週間毎日をスーツで過ごす場合は、2~3着のスーツが必要になります。さすがに1着のみでは、スーツ生地がよれよれになってしまいます。最低2着のスーツを、インナーを変えて1日置きに着回せば、連日同じものを着ているイメージも持たれず、スーツ生地の傷みも少なくて済みます。

女性の場合は、スーツのみが仕事時の服装というわけではなく、男性よりもカジュアルな服装も認められます。スーツのジャケットやスカートと、別々に組み合わせて、職場の雰囲気にも馴染むアイテムを、何着か用意しておくと、スーツを着回しやすくなります。

サラリーマン生活の長い人は何着持っていたらよい?

サラリーマンとして、スーツは何着くらい揃えておくべきでしょうか。スーツを着ることのない職種の場合でも、念のため、1着くらいはは持っていた方が良いでしょう。式典やパーティーで必要になる可能性もあります。

スーツを着ることの多い職種の場合は、女性ならば一週間をまかなえる5着程度のスーツは揃えておきたいところです。

社会人として駆け出しの新入社員は、少ないスーツを着回していても問題ありませんが、何年かのキャリアを積んだ社会人が、一張羅状態というのは、印象の良いものでありません。

スーツを揃えるときは、上下の組み合わせを変えても使えるものや、ジャケット・スカート・パンツがセットになっているものを選んでみてください。組み合わせを変えることで、何着もスーツを揃える必要がなく、持っている着数以上のスーツとして活用することができます。

出張に行くときは

出張に行く際は、泊まりならば、なるべく荷物を減らしたいものです。特に、スーツはしわになりやすく、持ち運びに気を遣うので、何着も出張荷物に含めたくありません。一体、何着のスーツを持っていけば、出張生活を支障なく送れるでしょうか。

出張に行く日数によりますが、1泊2日程度の出張であれば、着て行ったスーツを、翌日も着ていても全く問題ありません。相手先も、あなたが出張で来ていることを知っているので、インナーさえきちんと取り換えていれば、スーツが同じものでも気になりません。

3日以上の出張になる場合は、連日着るとスーツの生地も傷むので、もう1着程度は持参した方が良いでしょう。ボトムスだけ毎日変えられるよう持参したり、別のジャケットを着用するなど、初日のスーツに合わせて使えるアイテムを持参するという手もあります。

1週間にわたる出張に何着持って行くべきか?

1週間にわたる出張で、連日スーツを着る必要がある場合は、何着のスーツを持って行くべきでしょう。女性としては、毎日違う服装で赴きたいものですが、1週間分のスーツは、出張荷物として邪魔になります。

長期の出張の際は、最低2着のスーツを1日おきに着回すことで、同じスーツばかり着ているという印象は持たれずに済みます。1週間分のスーツを持っていくのは、荷物が膨らみすぎて難しいでしょう。

長い出張の際は、2~3着のスーツを用意し、上下の組み合わせを変えることで、1週間分のスーツに組み替えて着回します。自分の中で「同じものを立て続けに着ている」という気持ちも抑えられるので、おすすめです。出張が多い人は、普段から意識して「組み換え可能なスーツ」を購入するようにしましょう。

2泊の営業職の場合

営業職は、お客様相手の仕事であるため、他の職種に比べ、身だしなみに注意を払う必要があります。営業職は出張に何着のスーツを持参すべきなのでしょう。

営業職の場合、2泊の出張で、連日同じお客様と商談や打ち合わせを行う場合、同じスーツだけを着るというのは、あまり好ましくありません。出張中とはいえ、身だしなみに気を使っていないように見えます。

しかし、出張荷物も増やしたくないので、2着のスーツを着回して、3着のスーツとして着こなしましょう。着回しのパターンとしては、上下の組み替えや、1日目のスーツのボトムスのみの組み替えなどがあります。

ジャケット・スカート・パンツのセットのうち、1日目のスーツとしてジャケットとスーツを着て行けば、2日目は持参した別のスーツを着用し、3日目は、1日目のスーツに使わなかったパンツを合わせることで、1日目とは別のスーツとして着用できます。

公務員の場合

公務員は、堅いイメージがありますが、スーツは何着くらい持っていなければいけないのでしょう。

女性公務員の通常勤務時の服装は、派手すぎないカジュアルが主流です。役職や、職種にもよりますが、スーツを着る機会も頻繁ではないので、地味なスーツを1着持っていれば、よいでしょう。

何着もスーツを持っていない分、スーツを連日着なければいけない仕事が入った場合に備え、着回しの考えられるタイプのものを、1着(1セット)用意しておくとよいでしょう。ジャケット・スカート・パンツが1セットになったスーツや、1つのジャケットに対して2タイプのスカートをセットにできるようなスーツが便利です。

教員の場合

次のページ:着回し術によって、少ないスーツを活躍させましょう

初回公開日:2017年10月18日

記載されている内容は2017年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests