Search

検索したいワードを入力してください

【シーン別】折り返し電話のマナー・話し方|挨拶/いつまで待つ

更新日:2022年08月06日

折り返し電話のマナーはご存じでしょうか。ビジネスでは電話でやり取りをすることも多いですが、一回の着信で必ず出られるとは限りません。この時に折り返し電話が必要になりますが、細かいあマナーがありますので注意が必要です。折り返し電話のマナーを正しく知りましょう。

相手からの電話に出られず、折り返しをしなかった場合は相手から再度電話をかけ直してくるケースが多いです。不在着信にも気づかず、折り返しができない場合は仕方ありませんが、不在着信に気づいた場合は相手が折り返しをするだろうとわかっていても自分からかけ直すことが大切です。

折り返し電話をしないことで印象が悪くなってしまうことは多いですし、マイナス評価につながってしまうこともあります。また二回目の電話に出られないと印象はさらに悪くなりますし、それを防ぐためにも自分からかけ直すことが大切です。

連絡がなかなか取れないことはビジネスでは嫌われますし、信用を損なうことにもなりますので注意しなければなりません。

基本的には自分からかけ直す

相手から電話がかかってきて、それに出られない場合は基本的には自分からかけ直すことが大切です。自分からかけ直すことで相手が電話をかける手間を減らすことができますし、必要なやり取りも素早く行うことができます。

相手が電話をかけてくるということは、何か用事があるはずですし、それをお互いに共有するのは大切なことです。折り返し電話をしなくても、相手から再度連絡がくることは多いですし、遅かれ早かれ用件については知ることができます。

しかし用件は早めに知っているに越したことはありませんし、連絡がスムーズにいけば仕事も捗りますので、効率的に仕事を進めるためにも不在着信には素早く折り返すことが大切です。

折り返し電話をするときの注意点は?

折り返し電話にはさまざまなマナーがありますが、それだけではなく注意点もいくつかあります。注意点が守れていないとマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますし、場合によっては連絡ミスに繋がることもあります。

スムーズに確実に連絡をするためにも、折り返し電話をする際の注意点も理解しておきましょう。

不在着信を確認すれば素早く

折り返し電話はとにかく素早くすることが大切ですので、不在着信をすればすぐに電話をするようにしましょう。着信があった時刻から時間が経っている場合は余計に急ぐ必要がありますし、後回しにせずにその場で折り返すことが大切です。

折り返し電話を後回しにしてしまうと、そのまま電話をすることを忘れしまう可能性もありますし、忘れないうちに素早く処理することを心がけましょう。

留守電のメッセージを確認

折り返し電話は素早くすることが大切ですが、折り返す前に留守電にメッセージが入っていないか確認しておきましょう。場合によっては留守電のメッセージだけでやり取りが簡潔する場合もありますし、不在着信を確認すれば留守電の有無もチェックしておくことが大切です。留守電を確認して、必要であればそこから素早く折り返し電話をかけましょう。

折り返し不要の場合は連絡しなくてOK

留守電のメッセージをチェックすれば、相手から折り返し不要とメッセージが残っている場合もあります。相手が折り返しは不要と言っているのであれば、電話をかけ直す必要はありません。相手の指示に従って再度電話がかかってくるのを待ちましょう。

折り返し不要の場合にこちらから折り返すと相手の都合を無視してしまい、逆に迷惑がかかってしまう可能性もあります。折り返し不要の場合は、次の電話がいつ頃来るのかなどもメッセージに吹き込まれていることが多いので、次は出られるように準備をしておくことが大切です。

相手かかけてくる場合でも自分から折り返す

留守電のメッセージに折り返し不要ではなく、「こちらから折り返します」などが吹き込まれていた場合も、基本的には自分から折り返し電話をするのがマナーです。相手からの折り返しを待っているとやり取りが先に進まず困ることも多いですし、次の電話に必ず出られるとも限りません。

二回続けて電話に出られないと印象が悪いですし、気づいた時点で自分から折り返すことが大切です。自分から折り返せば仮に相手に繋がらない場合でも伝言を残せばやり取りを先に進めることはできますし、マイナスの印象も与えずに済みます。

メールも確認しておく

折り返し電話をする際には留守電を確認しておくことも大切ですが、それだけではなくメールも確認しておきましょう。場合によってはメールで連絡がきている場合もありますし、メールをチェックして何もなければ折り返しましょう。

メールがある場合は内容によって対応が異なりますが、メールだけで完結する場合はそのまま返信をしてやり取りを終えても問題はありません。

折り返し電話にもさまざまなマナーがある

次のページ

初回公開日:2018年04月06日

記載されている内容は2018年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests