Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月29日

【種類別】基本のビジネスマナー・おすすめの本・言葉遣い

社会人にとって基本となるビジネスマナーについて、種類別、状況別な内容についてご紹介します。ビジネスマナーに関するおすすめの本のご紹介、ビジネスマナーに基づいた言葉遣いなどにも言及していきます。職場だけでなくプライベートにも役立つ常識についてです。

ビジネスマナーを見なしてみよう

【種類別】基本のビジネスマナー・おすすめの本・言葉遣い

社会人の当り前として最も気なるのが「ビジネスマナー」についてです。もう社会に出て何年も経過しているから、自分はそれができていると思い込んでいませんか。ここでは、もう一度ビジネスマネーをおさらいする意味も含めて、改めて重要なビジネスマナーについて言及していきます。

ビジネスマナーは広義にわたる内容なので、ここだけでは一概には言い切れませんが、個人の中に必ずある心の在り方がそのまま表出していきます。意識して丁寧に、状況に見合わせて一つずつ磨いていく習慣を持つことがポイントです。

ビジネスマナーに関するおすすめの本

【種類別】基本のビジネスマナー・おすすめの本・言葉遣い

ビジネスマナーの全般にわたる内容を知りたいという方へ、ここでは、おすすめなビジネスマナーの関連本をご紹介します。どれか一冊でも読み切ってみると、概ねのビジネスマナーについて再認識できるはずです。自分はわかっていたつもりなビジネスマナーを改めて見直しておく時におすすめです。

入社1年目ビジネスマナーの教科書

「入社1年目」というタイトルがついていますが、その内容はベテランの社会人にも通用するビジネスマナーについて書かれているおすすめな本です。挨拶の仕方、正しい敬語の使い方、名刺交換、電話の応対、メールの書き方などの、仕事上で押さえておくべき基本のポイントを図解入りで解説しています。ビジネスマナーの決定版としてぜひ読んでおくといいでしょう。

事務仕事の経験ない人が初めて勤める際に、いいかもしれません。これが全てではありませんが、初歩の常識内容かと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R23LG02GNLRSFH/ |

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

大人としての教養の一つ、それは「語彙力」だとされています。語彙力のある人、話していて知性を感じる人に共通なのは、適切な文脈を綴り豊富な言葉を巧みに使うという点です。この本は言葉の一つずつの意味の他にその言葉を使うシーン、成り立ち、強さ、重み、ニュアンスなどの基本知識に解説をつけ加えたおすすめな内容です。

知っているようでいて、本当は理解していなかったマナーとしての言葉つかいを、しっかり理解したいという方へおすすめします。

内容のよさもさることながら、読者が何度も読み返して使えるように、
ひとつひとつの言葉の説明を見開きページに収め、かつ“使いやすさ”という指標を用意して
どの言葉から習得すべきかを提示してあげる心遣いがすばらしいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3233FPA7JSVK2/ |

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか

今までに1万通以上のビジネスメールを添削し続け、現在も毎日100通以上のメールをスピード処理する著者による、 仕事が速い人が書くメールの共通点を分析しているおすすめな本です。

「なぜ仕事が速い人は、金曜の夕方に重要なメールを送らないのか」「 仕事が速い人が、届いた順に返信するのはどうしてなのか」といった事例も多く掲載されている、メールについての実践的な内容としておすすめできます。

内容的には、若手の方が読後の満足度が高いと思う。
でも、「これは知ってる、これも既にやってる」という人は、それをなぜするのかを考えるきっかけになる。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RV7CKWOWJ7BPJ/ |

大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート

社内コミュニケーションを中心にしつつ接客、電話対応、会議、面接、近所付き合いといった日常のさまざまなシーンで役立つ大人のフレーズ集です。ビジネスマナーの実例と解説をテンポ良く掲載し、好印象の言葉遣いが身につくような工夫がされています。

「お願い・要求」「感謝・労い・褒める」「叱る・注意・指摘」「断る・謝る」「意志伝達・共感」といった活用できる厳選フレーズが登場し、円滑な社内コミュニケーションに役立つおすすめな内容です。

タイトルの通り。社会人になったら読んでおきたい本。できることなら学生時代から読んでおきたい。色味や余白が可読性に優れており、とてもサクサク読めるのでおススメです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RY3HFTM6UXDD7/ |

できる大人のモノの言い方大全

30万部を越えたベストセラーの書籍です。 ほめる、もてなす、断る、謝る、反論するなどのあらゆる状況において活用できる言葉の数々は達人たちによる実例です。 覚えておけば一生使えるフレーズが収録され、正しく活用すれば好感度がアップすること間違いなしとされているおすすめな書籍です。

このシリーズは楽しく知識を学べるので好きです。
大人になると、他人に聞かれない常識的な言い回しもこの本を買った意味がありました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1K0475WBCJ3T1/ |

ゼロから教えて ビジネスマナー

企業採用も増えて、累計 5.5万部突破しているベストセラーの一冊です。どちらかと言えば、すっかり社会人として落ち着いているベテランビジネスマン向けに、改めてビジネスマナーを見直してもらうことを目標にしている内容です。

知っていると思い込んでいたが、意外と知らないことだらけだったという声も上がっていて、仕事のルールや会社で働く意味をもう一度再確認することができるおすすめな内容です。

なれない電話応対から一般的な挨拶までわかりやすく解説されており、とても勉強になりました。また、この本を机の上においていたところ、上司が読んだらしく、この本から会話が生まれました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2B6Y8EK2JJPBH/ |

種類別基本のビジネスマナー

【種類別】基本のビジネスマナー・おすすめの本・言葉遣い

ここでは各種シチュエーション別によるビジネスマナーに関しての言及をしていきます。幅広い内容のビジネスマナーなので、ある程度具体的な場面や種別によって考えてみると、少しづつわかりやすくなります。

電話応対におけるビジネスマナー

ビジネスマナーにおいて避けて通れない場所とも言えるのが「電話」での応対です。毎日の業務の中で、さまざまな顧客や関係者からの電話を受け答えするのが日常ではないでしょうか。特に新入社員の方々にとっては、一番苦労し悩みどころなシチュエーションでもあります。

相手は見えない先にいますが、すべてがリアルに行われるやり取りです。電話応対をしっかり行うためにはある程度の訓練も必要ですが、そのためにも、数多くの電話応対を積極的に受け入れ、量をこなしていくことがポイントです。

メール送受信におけるビジネスマナー

インスタグラムやLINEに慣れてしまっている現代人ですが、まだまだeメールによる送受信は、ビジネスの上で重要な役割を果たしています。その渦中で特に若者のメール離れは意外と深刻な問題と化しています。つまりメールによるビジネスマナーのことを知らない世代が増えつつあるということです。

ビジネス上でのメールの送受信には独特な方法があります。それらは経験で学びながら理解しておきましょう。相手へ伝えたい内容をいかに簡潔、かつ礼儀正しく配慮して文章を作ることに掛かってきます。毎日、メールでビジネス文章を鍛えていくつもりで取り組む姿勢が必要です。

名刺交換におけるビジネスマナー

名刺交換の場合は、一つずつの動作そのものがビジネスマナーと言えます。受け取り方はもちろんのこと、初めて顔を合わす顧客となる人物との接点ですので、実はかなり重要な意味を持ちます。常にスマートな名刺交換ができるよう、事前準備を整えていることが肝心です。

また、業務用の名刺は会社から支給されますが、それとは別にプライベートでの名刺作りも今は常識と化しています。機会がある際は積極的に利用してみるのもよいでしょう。

挨拶におけるビジネスマナー

ビジネスマナーに限らず、人間関係において最初に問われるのが挨拶のしかたです。むしろ新入社員は研修期間の中でも、挨拶についての訓練はされていくはずなので問題点は少ないと言われています。実はある程度の経験を積んだベテランのほうが、昨今挨拶や言葉使いに問題が多いとされています。

年齢や立場、実績などに関係なく、挨拶こそが人間関係を築く大切なものであり、挨拶そのものが仕事の一部であると認識して毎日を過ごすようにしましょう。

お茶出しにおけるビジネスマナー

細かいようですが、お客様が来られた際のビジネス上でのお茶出しにも、ある一定のルールがあります。例えば、お茶の温度は概ね80度位に保つことや、上座からお茶を出すといった順番に至るまで、いろいろなマナーがあるので、数をこなして経験を積むことで養うことが可能です。

コミュニケーションにおけるビジネスマナー

仕事上もプライベートも、概ねのトラブルの原因は、人間関係上でのコミュニケーション不足によるところが多いとされます。自分の考えや意見が、必ずしも意図のとおりに伝わらないことを意識しておくことが肝心です。

他人に何かを話して伝えたいことがある場合、筋道を立てわかりやすく要点を整理してから話吸工夫が必要です。「ポイントは3つあります。一つ目はこうで、二つ目はこうです。最後にこう思うのです」というような「順序だて」や「段取り」をわかりやすく工夫することで理解し合えます。

ビジネスマナーの問題例

【種類別】基本のビジネスマナー・おすすめの本・言葉遣い

ビジネスマナーを知識として理解を深める方法もあります。例えば「ビジネス実務マナー検定」などが公式に行われています。それにチャレンジするために勉強してみることもおすすめです。他にも事例としてネット上には、ビジネスマナーの問題例も掲載されてもいます。ここではビジネスマナーの主な問題例をいくつかご紹介します。

ビジネスマナーの練習問題①

顧客や関係他者などに出向いて挨拶を交わす際、自社のどのような立場の人間を先に紹介するのかということもビジネスマナーの中で成り立っています。

【練習1】部長、課長と一緒に取引先を訪問。先方に先に紹介するのはどちらですか。

(1)部長(2)課長

出典: http://president.jp/articles/-/19619 |

ビジネスマナーの練習問題②

新入社員にとっては、最もわかりにくく判別しにくいのが、仕事の優先順位の付け方です。以下のようなシチュエーションに立った場合、どのように対処していきますか。

 次は新人の西原純子が,先輩から仕事の指示を受けたときに行っていることである。中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。

(1) 指示された仕事の手順がよく分からないときは,その場で教えてもらっている。
(2) 同時に幾つかの指示を受けたときは,どの順番で行えばよいのかを確認している。
(3) 指示はメモを取りながら聞き,聞き終えてから数量や日にちを復唱して確認している。
(4) 今手掛けている仕事があるときは,それを終えてからになるがよいかと確認している。
(5) 指示された期限までにできそうもないときは,誰かに手伝ってもらってよいかと確認している。

出典: http://jitsumu-kentei.jp/BZ/example/contents |

ビジネスマナーの練習問題③

今まで交流のなかった企業と契約を結ぶ際、接待をするという状況もあり得ます。接待での振舞い方もビジネスマナーと関係性が高いと言えます。普段とは少し異なった対応が求めらる場合があります。

部屋に通され、食事が始まりました。新人であるAさんは自分がお酌をしなければならないと考えビール瓶を手に取りました。この時、正しいビールの注ぎ方はどちらでしょうか?

ビールのラベルを上にして注ぐ
相手にビールのラベルが見えないようにして注ぐ
ビールのラベルを下にして注ぐ

出典: http://www.syugyo.jp/challenge/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8... |

言葉遣いに関するビジネスマナー

【種類別】基本のビジネスマナー・おすすめの本・言葉遣い

ビジネスにおいての言葉や会話は、ほとんどが敬語を使用するのが一般的です。敬語を使用することを機械的にこなすこともできますが、やはりそれ以前の心構えこそがビジネスマナーでは重要で、無意識にその姿勢は表出してしまいます。人を活かし自分も活かす言葉を、常に口にするように気をつけましょう。

ビジネスマナーでの敬語とは

ビジネスの世界では、立場がどうあれ敬語を使う機会はたくさん訪れます。それは例え仲のよい同僚であったとしても、敬語によって進行することもあるからです。敬語の種類には、丁寧語、尊敬語、謙譲語があります。

丁寧語とは

聞き手に対して丁寧に述べ足り伝える際に使用する言葉です。 語尾に「です」「ます」「ございます」などを付けて使う言葉が多く、相手や内容を問わないケースが目立ちます。

尊敬語とは

目上の人に使う。相手を立てる時、高めて敬意を現す言い方として活用されています。例えば、「行く」という行動を尊敬語にする場合は、「いらっしゃる、おいでになる」という表現に変えて使います。

謙譲語とは

自分をへりくだった表現で相手を立てる際の言葉です。自分の立場を意図的に低く見せ、相手を高めることで敬意を表します。例えば、「~する」と表現する言葉でも、「させていただく」という表現に変えて使います。

ビジネスマナーをしっかり身に付け仕事に取り組もう

【種類別】基本のビジネスマナー・おすすめの本・言葉遣い

自分の職場には仕事ができると感じる先輩や同僚はいますか。お客様だけではなく身近な人々からも認められ存在感のある人物です。仕事を円滑に行える人とそうでもない人との違いはどこにあるのでしょうか。実は、評価をされる人の多くは、スキルが異常に高いということではなく、誰でも理解はしている当たり前な「仕事の基本」を、実直に実践しているからです。

ビジネスマナーこそ、あらゆる仕事の基本です。特徴や技量は後からでも身についてきますが、ビジネスマナーは意識を高く持って取り組むことで確実になっていきますので、根気よく向き合ってみることをおすすめします。

Latests