Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

【新卒/転職】コンサル志望動機の書き方|成長を志望動機にする場合

「コンサルタントになりたい!」と思っても簡単になれるわけではありません。何故ならば、コンサルタントになる為には、今の自分の立場に合う形でしっかりとした戦略を身に着けていくことが必要だからです。様々な立場を考慮して、志望動機の書き方や考え方を纏めています!

コンサル志望動機の書き方

【新卒/転職】コンサル志望動機の書き方|成長を志望動機にする場合

「よくわからないけども何だか恰好良い!」という花形職業の一つにあるのがコンサルタントです。ここではコンサルタント志望の方に向けて、具体的なアドバイスを纏めたいと思います。

志望動機を書く!その前に…

この記事を読んでいるということはコンサルタントへの道を歩もうとされているという前提でお尋ねします。

・アナタはどんな未来を望んでいますか?
・思い描くビジョンはありますか?
・コンサルタントとはどういった職業のことでしょうか?

そもそもコンサルタントという言葉が、最近では本来の意味と違った形で使われるようになっています。本来の意味としては、企業などのクライアントに解決策を示してその発展を助ける業務を行う職種のことを指します。日本語でいうところの「相談役」や「顧問」に当たります。困ったときに面倒を見てくれる人、と解釈しても良いでしょう。

コンサルタントってどんな仕事?

何故個人向けの「相談役」がコンサルタントと名乗るのは間違いなのでしょうか。それは、どの時点でキャッシュが生まれるかという視点で見ると、違いが明確になってきます。「相談したこと」に対して報酬が発生するものが本来のコンサルタントの業務です。

一方で、個人をターゲットに戦略立案やマーケティングなどの相談をすることは一部例外を除いてほとんどあり得ません。その先にある「不動産投資営業」だったり「生命保険営業」だったりでキャッシュを産もうとしているので、それは業種が違うということになります。

志望動機の話はどこに・・・?

さて、ここまで読んで「志望動機の話はどこ!?」と戸惑った方も少なくないでしょう。何故ここまで前提の話を固める必要があるのでしょうか。それは、コンサルタントの業務内容がまさにそういった積み重ねを必要とするものだからです。

相談役というものは、寝食を共にして酸いも甘いも一緒に経験していくことが必要なわけではありません。冷静かつ客観的に物事を把握して、誤った方向に進まないように促すことも必要になってきます。つまり、ここでは「保険営業コンサルタントで独立したい!」という方が万が一にでもこの記事をお読みになる場合は、すぐさま考え方を切り替えないと、どこかで痛い目をみる可能性があるのです。

いよいよ始まる、志望動機の書き方!

さて、ここまでついてきていただいた方々はしっかりと見据える方向が同じになっているはずです。早速具体的なお話に移りましょう。

コンサルタントの志望動機として、一番に挙げられるのが「お金」の面でしょう。コンサルタントの平均給与は約700万円と言われています。

出典: http://heikinnenshu.jp/tokushu/keieicon.html | http://heikinnenshu.jp/tokushu/keieicon.html

一方で、30代の平均年収は491万円と、大きな開きがあることがわかります。

出典: http://heikinnenshu.jp/kininaru/30dai.html | http://heikinnenshu.jp/kininaru/30dai.html

では、志望動機に「お金が欲しいからです!」と素直に書いていいかというとそうではありません。コンサルタントが求められている能力とは、「クライアントの課題は何か」をしっかりと見つけ、課題に対して成果を出すことなのです。

そこで、まず必要なのは「採用担当の気持ち」になることから始めましょう。

新卒・転職・中途採用の場合の書き方と例文

採用担当者の気持ちになる為には、それぞれどういった背景があって、そのうえでどういった志望動機が書かれているかを把握せねばなりません。早速取り掛かってみましょう。

新卒でコンサルタント志望の方へ

【新卒/転職】コンサル志望動機の書き方|成長を志望動機にする場合

新卒というのは社会人経験もなく(インターンを除く)、同じようなリクルートスーツに包まれているので採用担当からすると違いは見えないことでしょう。「一緒に見えるなら志望動機をどうするかよりも、インパクトが大事なのでは?」という意見もあるかもしれません。しかしながら、ここまで読み進めてきた方はきっとわかっていただけるでしょう。「前提」の大切さというものがあります。つまり、「志望動機」は「自分が将来をどのように見据えているか」ということでもあるのです。

そうすると「サークルの代表経験からリーダーシップを学んだので、それを活かせる仕事だと思った」というような志望動機を書くことや、「留学経験で世界の広さを知ったので、様々な業界を見ることができると思っている」という志望動機を書くことが正解に繋がるのでしょうか?なんだか的外れな気がする方もいると思います。

実は特別な経験に見える自分の体験も、日本中を見渡せば似たような経験をしている人がほとんどです。それだけ、学生と社会の溝は深い、ということを知っておきましょう。

いっそのこと、全てをかなぐり捨てて正直になり、「30歳までに喫茶店を○○県で開きたいと思っているが、自分には経験も財もない。そこで目標達成までに一番近いのがコンサルタントだと思った」というような志望動機を書いた方が良いのです。

辞めることを前提として書いてもいいのか、という戸惑いもあるでしょうが、論理一貫性があり、長期的なミッションに向かって最適解を出せるということが志望動機から読み取れれば、即戦力と認識してもらえる可能性があるのです。

コンサルタントに転職したい方へ

【新卒/転職】コンサル志望動機の書き方|成長を志望動機にする場合

では、転職としてコンサルタントを選択する場合はどのような志望動機を書くべきでしょうか。

転職先にコンサルタントを選択するのは、今後のキャリア形成の為なのか、力試しなのか、様々な理由が志望動機に繋がってくることでしょう。しかし、それだけでは志望動機は書けません。

そこで必要になってくるのが「ターゲット選定」です。
コンサルタントと言っても、実は様々な業種が存在します。

・戦略系コンサルティング
・ビジネス&IT系コンサルティング
・シンクタンク系コンサルティング
など、キリがないほど細分化もされています。

しかしながら、それこそが突破口になり得るのです。コンサルタントが未経験だったとしても、例えば「私は小さいころから車が大好きで、前職でも車に対する熱意を諦めることができませんでした。貴社に転職した暁には自動車業界に抜本的な改革を提案できるように、粉骨砕身取り組んでいく所存です」というような志望動機を書くことができれば、採用担当者も「これは見込みがありそうだ」というように見極めることができるようになるのです。志望動機は待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢で一点突破する勢いで書き上げてしまいましょう。

中途採用でコンサルタントを目指す方へ

【新卒/転職】コンサル志望動機の書き方|成長を志望動機にする場合

次に、中途採用に必要な志望動機について触れていきましょう。そもそも、中途採用は転職と違い、志望動機の書き方にも一層の工夫が必要となります。

転職の方は、採用側も育成する視点を持ちつつの取り組みと捉えていますが、中途採用では即戦力が求められます。

つまり、中途採用でコンサルタントを目指す場合には「自動車業界に10年務め、上流から下流まで全ての工程を経験し、業界内で蔓延する課題に対して横断的に問題提起することで、自動車業界の更なる発展に貢献したいと考えている」というような、より具体的に「自分が入るとこれだけ得しますよ」ということを伝えなくてはなりません。

勿論、その為に必要なのは会社選びなので、初手を間違えないように気を付けましょう。

成長を志望動機にする場合

「私は必ず成長して貴社に貢献致します」というように成長を志望動機の核として入れることは果たして正解となるのでしょうか。これは、「ニーズをどのように満たすか」というところで戦略を練る必要が出てきます。

この課題は極めてシンプルで、「毎日3冊の本を読んで成長していきます!」というよりも「わからないことを恥とせず、自らの足りない点を指摘された場合は真摯に受け止め、それ以上に喜んでいただける提案をすることをモットーと致します」というような「現場対応力」を伝えられるかどうかが鍵となります。

コンサルタントを目指すのは思ったより簡単?

【新卒/転職】コンサル志望動機の書き方|成長を志望動機にする場合

課題に対して一つ一つ丁寧に取り組んでいくことは、一見すると簡単に見えるかもしれません。しかしながら、常に付きまというのが「それは本当に正しいのか」「何か忘れていないだろうか」という問いかけだったりします。

ここまで読んでくださった方は普段から考える癖をつけられているからこそ、「志望動機はどのように書くのが正解なのだろうか」「志望動機のテンプレートがあればいいのに」と悩みながらこの記事に辿り付いたのだと思います。

そうすると、コンサルタントへの道は既に始まっています。輝かしい未来に向けて、しっかりと第一歩を踏み出していきましょう!

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests