Search

検索したいワードを入力してください

工場の仕事に応募する際の自己PRの書き方

初回公開日:2017年07月13日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

工場勤務に応募する際の自己PRについてまとめました。工場に採用担当者はどのように考えて採用を決めるのでしょう。応募と面接で大切だと思われる内容を記載しました。あなたにとってこの記事が何かのきっかけになる事をイメージし、自己PRについて記事にしてみました。

工場の仕事に応募する際の自己PRの書き方

工場勤務の仕事は、他の仕事と特徴が少し違います。そのため、違いを良く理解した上で自己PRを記載するようにしましょう。また、他の人とは違う自己PRを書ければ書類審査を通る可能性も高いです。具体的な書き方としては、自己分析が大切になってきます。どのような特徴が自分にはあるかを客観的に把握することからはじまります。

それが出来たら、工場勤務でつかえるような自分の強みを理解することです。工場勤務の仕事は多種多様あります。そこで、どのような仕事があり自分が実際にすることになる仕事内容をある程度絞ることも大切です。自己PRのポイントが分かってきたら実際に相手に伝わるように記載することです。

してはいけない自己PR

工場での仕事であまり利点にならないと思うような内容はやめましょう。あくまでも、その会社に入りたいと考えて自己PRを記載するわけですから、文章全体がPRになっていないと駄目です。すこしでも控えめな内容を書けば採用担当者に、やる気がないとみなされてしまいます。

言ってみれば、少し大げさな位が丁度良いです。また、色々な内容をいっぺんに書きすぎるのも良くありません。採用担当者に何が言いたいか伝わりません。自己PRの場合は、多くても3個位の内容にしておきましょう。それ以上記載してしまえば、焦点がぼやけてしまいます。

自己PRのポイント

工場の仕事に関する自己PRは、体力的にどうPR出来るかが大切です。どのような仕事でも、工場勤務の場合体力勝負になるところがあります。また、シフト勤務の場合は特に体力に問題ないかがポイントになってきます。もし体力にあまり自信がなくても体力に自信がありますとはっきり書くのが大切です。また、多くの人とコミュケーションをとって行う仕事もあるので、人と話すのが好きな方も歓迎されます。

いずれにしても自分が応募する工場の仕事でどのような事が必要とされるかを適切に判断しましょう。さらに、工場での仕事を過去に経験した事のある方は、その内容を記載する事で経験者として見られるのでプラスにはたらきます。

工場の仕事に応募する時の例文

工場の仕事に応募する際の自己PRの書き方
※画像はイメージです

工場勤務の仕事の自己PRとしては、「御社の工場で自分の強みである体力をいかして品質の高い機器の製造を行います。」などがあります。とても普通の文章ですが分かりやすい内容が一番です。また、あまり長い文章にしないことです。応募する時は、応募用紙によっても違いますが、2、3行位の内容で良いです。

また工場勤務の経験がある方は、「今までの工場での仕事の経験をいかして御社の目標達成に貢献します。」なども良いです。大切な事は、どのような仕事が工場勤務であるかで、自分の自己PRの表現も変わってきます。あとは、採用担当側に立った視点で何が必要か考えることです。

工場勤務の何を理解すべきか

工場勤務がどのようなものか理解しているのと、そうでないのとでは応募の段階で相当なひらきが出てきます。少なくとも、他の仕事よりもきつい事を理解しておくべきです。時給だけで見てみれば、割の良い仕事に感じますが実際に仕事をやってみると自分には合わないと感じる人が多いのも事実です。

特に時給の良い工場での仕事は注意が必要です。時給が良いということは、それだけ何かあります。体を酷使してやる工場勤務である可能性もあります。または、健康を害する仕事であることもあります。いずれにしても、色々な口コミ情報にもあるように工場勤務を選択する時は、注意しましょう。

相手に伝わる自己PRの例文とは

相手の立場に立った自己PRの文章が必要とされます。相手が気にしているのは、作業自体は簡単な作業でも、体力的にきついのですぐに辞めてしまうのではないかと考えている点です。それを応募の段階や、面接の時でも確認してきます。

なので、具体的な自己PRの例文としては、「幼少の頃からサッカーなどのスポーツで鍛えてきた体力を発揮して、御社で粘り強く丁寧にお菓子の製造をします。」などです。これは、説得力がかなりあります。ただし、面接に備えて予想される質問等に対する答えを考えておきましょう。より、具体的な体力に関するエピソードなども聞いてくる事があります。

未経験・転職の場合の自己PRのコツ

工場の仕事に応募する際の自己PRの書き方
※画像はイメージです

工場勤務で大切なことは、やる気です。未経験でも転職でも様々な人を採用する可能性があります。自分は駄目だろうと思っていても実際には採用側はあなたを採用しようとしているケースも結構あります。経験が無くても自分のPR出来ることが工場の仕事の現場でどのようにいかせるかを記載できれば、問題ありません。

それが、どんなに小さな事でも良いです。例えば、細かい作業が得意であると言えばそれだけで採用担当は興味を持ってくれます。また、今まで全く分野の違う仕事をしてきた人でも、事務系の視点をいかして工場勤務での効率の良い仕事をしますと言えば自己PRになります。

未経験者の強みとは

未経験者としての強みは、まだ経験はしていないが、どれだけ工場の仕事に興味があるかが自己PRのポイントです。また、なぜ工場の仕事に興味があるのかを詳細に記載すると自己PRとして効果的です。求人には、ある程度こまかい内容で仕事の内容が紹介されています。その内容と自分との接点を見付ければ、未経験者でも経験者と同じくらいのインパクトを採用側にもってもらえることが出来ます。

一番良くないのは、未経験だからと言って自己PRすることを忘れて控えめな姿勢になってしまうことです。逆に未経験だからこそ、これから工場での仕事を一から勉強したいという内容で十分な自己PRとなります。

転職の時の自己PRのポイント

転職の時は、前職の内容を良く考えなおしてみることです。工場の仕事と関係ない仕事であったとしても、視点を変えれば工場でいかせるスキルが自分にある場合が多いです。その点を集中的に自己PRすることで、面接でも強い立場に立てるでしょう。あくまでも転職活動の場合、工場側は人を欲しがっているので強めに自己PRすることです。

誰にも負けないという気持ちが採用担当者に伝われば、この人に入社してもらって仕事を任されても大丈夫だと考えるでしょう。具体的には、前職は営業の仕事でしたが、持ち味の体力を存分にいかして新規顧客の開拓を得意としていましたなどでも、採用側は興味を持ちます。

パートやバイト、派遣での応募の場合

パートの応募などで大切になってくるのは、その仕事と自分とのマッチ度です。また、面接の時は、他の人と比較した場合特徴的な人であるかどうかも重要です。派遣なども同じですが、採用担当側はやる気のある人で長期にわたって仕事をしてくれる人を探しています。

そのような意味でも、応募条件を満たしているのであれば、自分らしい自己PRを出来れば大体問題ないです。また、工場の仕事は他の仕事と比べて常に募集しているところがあります。なので、この会社が駄目だったから他も駄目と考えないことです。いくらでも工場勤務の仕事はあるので、仕事は見つかると考えて応募すれば良いです。

アルバイトの応募で見られる内容

当たり前の事かもしれませんが、応募条件を満たしているかどうかも見てきます。これは、本当に意味でその会社の仕事内容を理解しているかが大切となります。採用側が気にすることは、入社した後のミスマッチがあってはならないことです。

出来る限り長く働いてもらいたいと考えているので、応募条件に関しては厳密なところまで考える必要があります。例えば、シフト勤務で夜勤もあると言う内容であれば、場合によっては夜勤が続いても大丈夫かなども確認する必要があります。企業によっては、色々な働き方があるので自分が応募している会社をより具体的にイメージ出来る事が大切です。

Latests