Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月22日

工場志望動機の書き方・転職/アルバイト/パートの志望動機

工場勤務を志望する人は、どのような志望動機が良いのでしょう。実際に志望動機を記載するときに参考になる情報を記事としてまとめてみました。特に、転職や工場の経験のある人、経験のない人の志望動機について具体例を紹介していきます。。

工場志望動機の書き方

工場志望動機の書き方・転職/アルバイト/パートの志望動機

工場の志望動機の書き方で重要になってくるのが、工場の仕事をどれ位まで理解しているかです。それを理解した上であれば自分らしい志望動機を記載できます。具体的には、工場で仕事をするときの環境についてです。

仕事環境についてよく理解していれば、志望動機としてどのような寒さや暑さに対しても耐え抜いて仕事に集中するなどの内容を入れることができます。また、仕事の環境を理解していないと採用担当者から見たときにこの人はいまいち理解していないと思われてしまいます。

工場勤務は他の仕事と比べて体力的につらいです。これは、実際に経験した人がよく分かります。それが、アルバイトや正社員でも同じです。冬は寒い中で体を動かすことで仕事となります。

工場の志望動機は何を見られるか

工場の志望動機としては、実際に志望動機を書いた人が入社してどのような仕事をするかイメージします。それが、具体的にイメージできない志望動機であれば書類審査で通過するおとは難しいです。より具体的でPRになる内容が理想的です。

ですので、自分のやる気を全面に志望動機に出す方法もあります。志望動機とは限られたスぺースで記載することになりますが、自分のやる気などを書くことはできます。以前から工場勤務に憧れていた人であれば、正直にそのように記載しましょう。

また、手先が器用で体を動かす仕事が好きな人は、そのことを上手に表現することで採用担当者も理解してくれます。工場の志望動機でポイントとなることは、多くても2、3個くらいにしておくと良いです。

工場の志望動機例文

工場志望動機の書き方・転職/アルバイト/パートの志望動機

工場の志望動機の例文としては、「以前から工場勤務に大変興味があり、御社の食品製造工場で製造の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。これは、採用担当者から見た場合、ある程度はPRできる志望動機になっています。

また、さらによい志望動機としては、どのような過去の経験から工場勤務を志望しているのかなども記載すると良いです。また、志望動機の焦点がいまいちさだまっていない内容だと採用担当者も何を言っているのか分からないので、志望動機は簡潔にまとめることが大切です。

他に記載した方が良い内容としては、学校での勉強内容と工場での仕事をつなげるのもいい考えです。例えば、調理の授業があって料理に興味をもった結果、食品の製造の仕事を志望するのも良いでしょう。

してはいけない工場の志望動機の書き方

きびしい環境で仕事をするのが我慢できないような内容の志望動機は駄目です。志望動機とは、もしも自分がきつい環境で耐えられないと思っているときは、志望動機に出てしまうものです。

ですので、なぜ自分が工場の勤務を志望しているのか十分に考えて、それでも本当に工場での仕事がしたいと思ったのであれば志望するべきです。そうすることで、自然とどのような環境でも対応できるように気持ちが整理されています。

そのため志望動機も自信をもって書くことができます。採用担当者もそのような志望動機は見ただけで分かります。志望動機でミスをしない為には、自己分析も含めてよく自分の頭を整理することが大切でしょう。

未経験・経験ありの場合

工場志望動機の書き方・転職/アルバイト/パートの志望動機

未経験の場合の工場の志望動機は、自分にとっての工場勤務がどのようなものなのか把握することです。それがより具体的な内容であれば志望動機もしっかりと記載できます。未経験だからといってマイナスに考える必要はありません。

工場勤務は未経験の人も多く募集しています。また、経験ありの人は自分の経験をいかにして発揮して工場勤務できるかを表現しましょう。こちらも実際の経験した内容を上手に記載して志望動機にできれば書類審査を通過する可能性は高いです。

さらに、工場勤務の仕事は色々な種類がありますが、その仕事内容で共通しているポイントをおさえて志望動機にするのも良いです。そうすることで採用担当者も十分に理解してくれるのと、他の人と視点の違った志望動機になるので好印象です。

未経験と経験ありとの違い

経験があるのとないのとでは、どのように具体的に違いがあるのでしょう。例えば、求人内容の中で経験者だけを求人している場合などがあります。これは、多くの場合電話で確認してみても、未経験者の人を採用してくれることはほとんどないでしょう。

はっきりと未経験者と経験者を分けて考えている求人は仕方ありません。工場の求人などでも経験者と未経験者とで扱いが違う企業が結構あります。ですので、もしも経験者も未経験者も採用している企業であっても経験者の方が有利に働く場合があります。

これを理解していれば、工場での勤務の経験がなくても、少しでも工場の仕事に近いような経験した仕事内容に気が付くことが大切です。自分に若干でも工場での仕事につながるような経験があれば、それは採用担当者からしたら経験者の扱いをしてくれる企業もあります。

転職の場合の工場志望動機

工場志望動機の書き方・転職/アルバイト/パートの志望動機

転職の場合の工場志望動機はある程度の説得力が必要とされます。それは、実際にその企業での仕事に近い経験があると採用担当も理解してくれます。また、その経験が採用担当者の人が求めていることと近ければ近いほど興味を持ってくれるでしょう。

ですので、実際に工場の志望動機を記載する時は、その会社の情報を収集してできる限り採用担当者が望むような志望動機に仕上げると良いです。最近では、人気の高い企業には応募が多くなる傾向があるので、自分だけは他の人には負けない何かがあると上手に表現できると良いです。

転職の工場の志望動機のポイント

転職における工場勤務の志望動機のポイントは、以前の経験をどのようにいかして仕事ができるかです。工場勤務ではどのような経験があるかによってPRできることが決まってきます。自分のキャリアをよく考えてみてその経験をどのようにいかして応募している会社の工場で仕事ができるかが重要です。

例えば、製造ラインの仕事をしていた人が食品製造の仕事に転職希望している場合は、製造ラインでの品質の管理の視点が食品製造の仕事でもいかせます。直接同じような経験である必要はなくて、同じような視点で仕事をする場合には自分のキャリアがPRになります。

志望動機も、これらの事を考慮して自分のキャリアと応募している工場勤務の仕事の共通点をとらえた文章にすると良いでしょう。

アルバイト・パートの志望動機

工場志望動機の書き方・転職/アルバイト/パートの志望動機

工場のアルバイト・パートの志望動機は正社員のものとは違います。大切なことは長期にわたってアルバイトやパートとして工場での仕事ができるかが重要です。ですので、志望動機も体力には自信があることやどのような仕事でも積極的に取り組み姿勢を記載することで採用担当者も好印象をいだくでしよう。

また、アルバイトやパートは正社員の下で働くことが多いので、そのような環境でも対応できる柔軟性や人間性なども大切です。それは、志望動機だけでなく面接などでも見られます。もしも、自分の人間性や忍耐力などに自信があれば、その能力をいかして粘り強く工場勤務の仕事をしたいと志望動機に書くこともできます。

どうすれば説得力のある工場志望動機を書けるか

説得力のある工場勤務の志望動機とは、アルバイトであれば、「もともと工場が好きでその工場の中で長期にわたって製造の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。この内容で説得力はありますが、面接では更になぜ工場での仕事が好きなのかまで自分から説明できることが必要です。

採用担当者に好印象をもってもらうには、文章で記載した志望動機だけでなく、面接でもはっきりと大きな声で自分の志望動機を言えることが大切です。また、志望動機を決めたのであれば採用の各段階で軸を変えないことです。自分という人をできる限り知ってもらうには、志望動機や自己PRを変えずに自分に関する情報を相手に知ってもらうことです。

そうすれば、面接が終わった段階で採用担当者はこの人は信頼できて工場での仕事を任せても大丈夫だと判断するでしょう。それが、本当の意味での説得力のある志望動機であり応募する際に重要な姿勢です。

Latests