Search

検索したいワードを入力してください

大学職員の志望動機の書き方と文例(新卒/転職)・母校の場合

更新日:2020年08月20日

大学事務職員の志望動機の書き方についてまとめました。新卒や転職、母校の大学職員へ応募する際や中途採用の場合の志望動機など、それぞれのカテゴリーごとにまとめてあります。どのような点に気をつけて大学事務職員の志望動機を書いたら良いのか、参考にしてみてください。

中途採用の志望動機

中途採用の場合、他の職種での中途採用と同じく、即戦力となれるかどうかが重要となってきます。

志望動機を書く場合、前職での経験と大学職員としての仕事内容と、どの部分がどのように繋がってくるかをきちんと明記する必要があります。具体的な実務での経験をあげ、その経験から得たこと、その経験を大学職員としてどのように活かすことができるのか、一つずつ順を追ってアピールしましょう。

大学職員としての仕事は幅広いため、実際の実務経験との直接的な結びつきがなくとも、視点を変えてみると、結びつきを見つけることができるかもしれません。まずは自身の実務経験をきちんと整理し、アピールポイントを見つけ出すことが大切です。

大学職員を目指すには

数多くある職種の中から、大学職員を目指すということは、それなりの覚悟や決意、そして意思があると思います。その気持ちを伝えるには、志望動機をきちんと明確に書くことが大切です。

どの職種に応募する時も重要となってくることかもしれませんが、志望動機では、この職種を選んだ理由をきちんと明確にする必要があります。大学職員の志望動機を書く場合、「なぜ大学という機関で働きたいのか?」「なぜ大学教員ではなく大学職員なのか?」「なぜこの大学を選んだのか?」といった点も重要です。事前にしっかりと考えておきましょう。

何度も文章を書き直すことで自身の意志確認にもつながり、書類選考突破後の面接選考などでも自信を持って受け答えをすることができるようになります。自分の意思をきちんと伝えられる志望動機が書けるよう、志望動機の作成にはじっくり取り組んでみてください。

初回公開日:2017年08月12日

記載されている内容は2017年08月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests