Search

検索したいワードを入力してください

履歴書での方呼出の意味と書き方|実家を書く・携帯番号は可能

更新日:2020年08月20日

方呼出は元々は電話を持っている人が持っていない人に、取り次ぐ時に使用されていました。特に下宿や実家等に長期滞在をしている時に使用されていて、履歴書には○○方呼出と記載します。携帯電話しか持っていない人は、携帯電話の番号を記載しても問題ないです。

方呼び出しというのはどんな意味?

就活をしている時のあなたが、連絡先の記入欄に「方呼出」の文字の意味を考えたことはあるでしょうか。また、その意味をご存知でしょうか。

「方呼出」という言葉が履歴書に書く欄があるのか、どんな意味があるのか、その疑問について紹介していきます。

方呼出というのがある理由は?

「方呼出」は、自分が電話をある事情で持たない時に電話を取り次いでもらうことを意味します。それは、もともとが電話を持たない人のための書く欄でした。

昔は、固定電話のない家庭があり、アパートの家主や管理人からとりづいでもらっていました。携帯電話は、今では一人1台ずつ持っていますが、昔は携帯電話が普及していない時代だったのです。

就活している人にとっては必要なもの

就活している時に、企業側の連絡を取るときに自分に連絡する方法として「方呼出」を書くようになっていました。

この言葉は、電話を持たないために、「この連絡先であれば自分と連絡できるのでこちらに連絡をしてほしい」という意味合いで書いていました。

方呼出がなかったら?

「方呼出」を記入していないと大変な時があります。携帯電話の普及率は高くなり方呼出を書く必要性はなくなったと思われがちですが、今でも必要な記入欄です。

携帯電話を持たない人が、下宿に住んでいたら連絡先の欄に呼び出しの番号を書かずにいたら、相手に迷惑をかけてしまいます。普通の電話なら問題ないですが、大事な連絡ができないことで、相手に損失を出す可能性があります。

履歴書の電話番号にかけたら、本人につながら大事なチャンスを失う可能性もでてきます。それが仕事上の大事な打ち合わせだったら、どうなるかは分かっていただけるでしょう。

緊急連絡先と方呼出は同じなの?

間違えてしまうことも多々ありますが、「方呼出」というのは、事務的な用事があるときに取り次ぐだけの電話番号です。決して緊急の連絡先の電話番号ではありません。

病気や怪我などの時に、直接に家族や親族に連絡しなければなりません。特に人の命に関わる緊急の連絡先として「方呼出」を使うのは止めるべきです。

電話の呼出ってどんな場合?

一般的に呼び出は、下宿、寮などに固定電話や公衆電話が1台あるときに、管理人や大家やそこの住人の誰かが電話を取り次ぐ時に使っていました。この中には、親戚や友達の自宅にいて就活している時に「方呼出」を使います。

履歴書に書くときに方呼出と書き方はあるの?

就活している時に、履歴書を書くときに「方呼出」を書くときは、自宅を離れて一時的に暮らすときに使います。それは、親戚の家や、友達の家に下宿や寮など暮らしている時に、連絡先として呼び出してもらうために、一時的に暮らしている電話を連絡先として書きます。

携帯電話が普及する前は、就職口から連絡する時にどうしても大事な連絡法として、書類に「方呼出」を一般的に書いていました。

必要な人ってどんな時?

履歴書に「方呼出」を書く人は、今では携帯電話の普及によってだいぶ減ってきています。しかし、なかには携帯電話を持たない人や、自分に直接に連絡できない人の場合は、誰かに取り次いでもらうしかありません。

詳しい書き方は?

次のページ:履歴書に方呼び出しは実家を書いていいの?

初回公開日:2017年08月27日

記載されている内容は2017年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests