Search

検索したいワードを入力してください

【履歴書】職歴が書ききれない場合の対処法・別紙に書く方法

更新日:2020年08月20日

履歴書と職務経歴書は就活で必ず作る書類です。転職を重ねてステップアップを図る時、どうしても固定様式の履歴書に収まらず、職務経歴書や別紙を用意することになります。そしてこの履歴書と職務経歴書をどれだけ準備したかで面接の成否が決まると言っても過言ではないのです。

履歴書に職歴が書ききれない場合の対処法

履歴書を書いていて職歴の欄が少なすぎると感じたことはありませんか。昨今は転職率が高く、職務形態の多様化により、以前と同じ履歴書では職歴が収まらないという方が少なくありません。しかし、履歴書を2枚にするというのはもっての外です。その時点で弾かれてしまう可能性があるからです。履歴書を2枚にすることなく、うまく職歴を書く方法についてご紹介していきます。

履歴書を自作しよう【1】

最近は、手書きではなくパソコンで履歴書を作ることも多くなりました。インターネットで検索をすると、履歴書のフォーマットをダウンロードできるサイトがあります。それらはたいていWordかExcel、PDFという形式で作られているので、ダウンロードしてそれらを改造するという手が有効です。

もし、それらを編集する専用ソフトを持っていない場合は、Open OfficeやGoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントを使用すれば問題ありません。互換性があるので、ダウンロードしたシートを開いて編集することが可能です。必要な項目を増やし、要らない部分は削除してオリジナルの履歴書を作成しましょう。

履歴書を自作しよう【2】

オリジナルの履歴書を作成したら、そのままパソコンで詳細を入力して印刷しても良いでしょう。その際、後から記入する文字の大きさやフォントを整えるのを忘れないようにしてください。細かい部分ですが、採用担当者はそういった部分もよく見ています。

なお、特に企業から指定されていなければ、パソコンで入力し印刷したものを送付しても問題はありません。枠組みだけを印刷し自分で書き込む方法でも大丈夫です。デジタルで製作した方を好む企業と、昔ながらの伝統ある企業で直筆が好まれる場合もあるので、その点の見極めは肝心です。どちらにせよ、見やすい履歴書作成に努めてください。

重要でない職歴は省略

基本的にはすべての職歴を書くものですが、あまりにも期間が短いものや、アルバイトやパート、応募先の業種とかけ離れている職歴を省略して書くことで、手元にある用紙に納めてしまうというやり方です。こちらのやり方については後ほど詳細を説明します。

履歴書と職務経歴書に分ける

明らかに書き切れないと分かっている場合は、履歴書の職歴欄に「職務経歴については別紙に記載」と記入し、別に職務経歴書を作成する方法があります。派遣などで多くの職場を経験された方も、別紙に職歴を書く方法ですっきりと見せることが出来ます。履歴書や職務経歴書は見やすいのが1番です。

見る人のことを考え、なるべく読みやすく作成することで、目をしっかり通して貰えるようになります。小さな字で無理矢理履歴書に納めようとせず、多少面倒だと感じても履歴書と職歴を別に作成するようにしましょう。

別紙に職歴を書く方法は?

履歴書に書ききれなかった職歴を別紙に書くといっても、どのように職歴を書いていけば良いか漠然としていてよく分からないという方も多いでしょう。職歴を別紙に書く時に用意するものから、採用担当者に見て貰える書き方まで一緒に見ていきましょう。

職務経歴書を用意しよう

職務経歴書は履歴書の職歴と同じように、「働いた期間・会社名・職種・仕事内容」を記入します。最低でもこの4つが記入されていれば良いのですが、多くの応募書類を見る担当者の目に留まるようにするには、視覚的にも内容的にもパッと見てよく分かるようにするのが大切です。一瞬で見やすい書類を作ることが、転職を成功させる要素の1つになります。指定がなければ原則として、パソコンでA4サイズの書類を作成しましょう。

職務経歴書の作成に自信のない方は、インターネット上で無償配布されている職務経歴書のテンプレートをダウンロードしてきましょう。 それを元に、前述した互換性のあるソフトを使用し記入をしていきます。

職務経歴書にも種類がある?

職務経歴書は応募しようとする企業へ向けた、あなたのアピールポイントです。その企業とはまったく別の職業を経て応募することもあると思います。その場合、関係ない部分はそこそこで、その企業に通じる何かがあれば積極的にその部分を推していくべきです。実は、職務経歴書のフォーマットは決められていないため、職歴の書き方1つでアピールの度合いが変わってくるのです。

職業によっても効果的な職務経歴書の書き方があります。それぞれの職種別職務経歴書見本を載せているサイトがあるので、そちらを参考にすると良いでしょう。

職務経歴書の一般的な書き方【1】

まずは短くて構わないので「職歴要約」を記載しましょう。自分がどんな経験をし、どんなことができるかを初めに伝える方法です。その際、応募する企業に通じるものをアピールすると効果的です。

次に「職務経歴」で今までの勤務先の情報とどのような仕事をしていたかを記載します。その際、簡単に業種や従業員数なども伝えるようにすると、採用担当者もイメージが湧きやすいです。役職に就いていたならそれも記載し、どういった実績があるのかも書きます。履歴書とは異なり、詳細に記載することが大切です。採用担当者が客観的に判断するには、売上げや実績などの数字を用いて伝えるのが1番分かりやすいため、評価が高くなります。

職務経歴書の一般的な書き方【2】

そのあと「資格・特技」の記載をしますが、履歴書にも同じ項目があるため、書き切れなかったものや、応募する職種に関係のある資格を記載するのが良いでしょう。資格が必要な業種の場合、きちんと記載することが大切です。その他、使用していたソフトや語学力、プログラマーだった方は開発環境や開発言語なども記入しておきましょう。

技術職や事務職だった方はその記載をすることで、能力や適正を見極められることがあります。そして、資格は持っていないがWordやExcel、Photoshopなどのソフトを問題なく使用できる場合、使用できるレベルと使用可能なソフトと共に職務経歴書に一緒に記載することが出来ます。

職務履歴書の一般的な書き方【3】

忘れてはいけないのが「自己PR」です。意気込みやこれまで培ってきた能力を、応募する企業でどのように活かすことが出来るかを記載します。自己PRを重要視する企業も少なくありません。職歴以外にも履歴書に書ききれなかったことを書けるのが職務経歴書です。もし、まったく今までの職歴と関係ない職に就こうとした場合でも、ここでしっかり思いを伝えれば採用担当者に思いが届く場合があります。

ネットに載っているようなありきたりなものではなく、自分自身の言葉で伝えるようにしましょう。

初回公開日:2017年08月27日

記載されている内容は2017年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests