Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の下書き方法|下書きはするべき?・シャーペン/鉛筆

更新日:2020年08月20日

履歴書の下書きはしていますか?履歴書はボールペンで書くため失敗すれば一から書き直す必要があります。書き直しはかなり手間がかかるため失敗をしないためにも下書きをしている人は多いです。今回は履歴書の下書きについてその注意点などをご紹介します。

履歴書の下書き方法

バイトや就活、転職など様々なシーンで必要になる履歴書。履歴書は綺麗に丁寧に書かなければならず、最近ではパソコン入力のものも増えましたが、まだまだ手書きが主流です。また履歴書はボールペンで書かなくてはなりません。

ボールペンは消すことが出来ず、履歴書は修正ペンや修正液などを利用することは出来ません。失敗すれば一から書き直しになるので、慎重に書き進める必要があります。

そこで考えられるのが下書きですが、どのような方法で下書きをすればいいのでしょうか。履歴書では下書きをしても構いませんが、下書きであっても注意して進める必要があります。

鉛筆かシャープペン

履歴書で下書きをするのはボールペンで書くときに失敗しないようにです。ボールペンは失敗すればやり直しがききませんが、鉛筆やシャープペンであればやり直しは可能です。どんな筆記用具を利用する場合でも必ず消すことが出来るということが大切になります。

履歴書で失敗しないためには下書きの文字をなぞる必要があります。そのため下書きは薄めに書く必要があります。下書きを濃く書いてしまうとボールペンでなぞったときにどこまで書けたかが分かりません。ボールペンで二重に書いてしまうと下書きを消したときにやり直しになってしまいます。それでは下書きの意味がありませんので、分かりやすいように薄く書くことがコツになります。

履歴書の下書きはする?しない?

実際にどれぐらいの人が履歴書で下書きを行っているのでしょうか。履歴書に下書きをする人、しない人は分かれますが、履歴書は下書きをする人の方が多いようです。下書きをすることのメリットは書き直しを防ぎ、時間のロスを防ぐことです。しかし下書きをしないことにもメリットはあります。下書きは必ずしも必要なわけではありませんので、失敗しない自信があるなら下書きをしなくても構いません。

下書きをする派の意見

下書きをする派の意見としては履歴書の書き直しを防ぐだけではなく、下書きで何度も書き直すことによって履歴書の内容をブラッシュアップ出来ることをメリットに感じているようです。

誤字脱字がなかったとしても内容に満足がいかなければ履歴書は書き直す必要があります。しかし一度完成してしまうともう一度書き直すのは面倒に感じ、そのまま企業に提出してしまう人も多いようです。

下書きであれば自分が納得するまで書き直すことができ、履歴書の内容もどんどん良くしていくことが出来るため、下書きをしているという人も多いようです。

下書きしない派の意見

下書きをしない派の意見としては失敗出来ないという緊張感から一発勝負で真剣に履歴書に取り組めるという点をメリットに感じているようです。緊張感を持って取り組むことで、集中力を持って履歴書を書き進めることができ、最高の内容を書くことが出来ると考える人は多いです。

もちろん失敗すれば書き直しになるというデメリットはありますが、失敗しないように丁寧に書き進めることで、誤字脱字もなく、綺麗な文字を書くことも出来ます。丁寧に書くことで人柄の良さもアピールすることが出来ますし、下書きをしないことにもメリットはあります。

シャープペン・鉛筆どちらで下書きする?

履歴書の下書きをするなら消すことが出来るというのが前提になります。そのため下書きで使用されるのはシャープペンか鉛筆になることがほとんどです。どちらを使用しても問題はありませんが、どちらを使うかによって注意すべきポイントは異なります。

下書きであっても油断すると失敗に繋がりかねませんので、下書きの道具選びもしっかりと行い、使う筆記用具ごとに注意点に留意しながら下書きに取り組むことが大切になります。

シャープペンの場合

シャーペンで履歴書の下書きをするときの注意点は力強く書かないことです。どんな筆記用具を使うにしても下書きは薄く書くように心がける必要がありますが、シャーペンの場合は特に力加減には注意が必要です。

それはシャーペンは芯が細いことも多いため、少しでも力を入れて書いてしまうと下書きを消しても履歴書にへこみができ、跡が残ってしまいます。実際に文字が書かれている場所以外がへこんでいると不自然ですし、不格好になってしまいます。履歴書の見栄えが悪いとそれだけで評価が下がる可能性があるので注意が必要です。

鉛筆の場合

鉛筆の場合は履歴書のへこみを心配する必要はそれほどありませんが、色の薄いものを使用すること、芯がある程度丸まったものを使うということです。

鉛筆の場合でも力任せに書くと跡が残りやすいですし、芯があまりにも尖っていると履歴書に力が加わり過ぎます。また書いている最中に芯が折れるとその部分に大きな力がかかり跡が残る危険性が高くなります。

下書きは消さなくてはならないので、色の薄いものを使うのは基本です。どれだけ薄く書くことを心がけててももともとの色が濃ければ意味はありません。色の薄い芯のものを使い、消しやすくすることを心がけましょう。

履歴書の下書き跡の対処法

履歴書の下書きをすれば、次に清書をして下書きは消さなければなりません。下書きはあくまで下書きであり、そのまま提出することは出来ませんので提出前には消しておく必要があります。

そこで問題となるのが下書きの跡です。強く下書きをしてしまうとその部分を消してもへこみができ、これは評価を下げることに繋がります。へこみが出来ないように優しく書くことが重要になりますが、その他にも下書き跡を残さない工夫をする必要があります。

下書きは完全に消す

履歴書はビジネスにも使用されるいわば公的な書類です。公的な書類はその形式も重要であり、間違いは許されません。そのため間違いがないように下書きをするわけですが、下書きの跡が残っているのもよくありません。

下書きをすること自体は問題ありませんが、その跡が残っているとどうしても不格好になります。また本来は必要のない、余計なものであるため公式の場においては間違いと同じ扱いを受けることもあります。

下書きがきちんと消せていないと面倒くさがりだったり、細部まで気がつかないなどのマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。下書きは必ず完全に消すことを心がけましょう。

清書後時間をおいてから消す

初回公開日:2017年07月27日

記載されている内容は2017年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests