Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の写真の裏面の書き方|転職/新卒/バイト・ボールペンはOK?

更新日:2020年08月20日

履歴書の写真を貼る前に裏面の確認はしていますか?写真の裏を見て真っ白という人はそのまま貼ってはいけません。写真の裏面には個人の情報を最低限記しておく必要があります。今回は履歴書の写真の裏面の書き方や注意点などをご紹介します。

名前記載での注意点

履歴書の写真の裏面に記載するのは基本的には名前、新卒の場合のみ大学名などが追加されます。この時もただ名前を書くだけではなく注意すべき点があります。

名前は横書き

写真の裏面の情報については横書きで書くのが基本になります。名前などは必ず横書きにしましょう。新卒で大学名や学部・学科を記す場合は無理に一段に収める必要はありません。特に複雑な決まりはないので見やすいように区切ってまとめられていれば問題はありません。

裏面がシールの場合は?

履歴書の写真を貼るときには糊付けして貼るのが一般的ですが、最近では証明写真でもシールタイプのものがあり、のりを使用せずに履歴書に貼ることが出来るものもあります。

しかし写真の裏には個人の情報を書かなくてはなりません。シールタイプの場合は記載することが難しいですが、この場合はどうすればいいのでしょうか。

シールの場合は記載なしでもOK

前述したように写真の裏面に情報を記載するのははがれたときの保険の意味合いが強いです。そのため記載することは必ずしも必須ではありません。シールタイプであればはがれる心配もほとんどありませんし、無理に書こうとして粘着力が弱まってもいけません。シールの場合は余計な心配はせず、そのまま貼りつけて問題はありません。

しかし企業からの指定がある場合は別です。その場合はシールであるかどうかに関係なくきちんと記載する必要があります。シールタイプで記載するのが難しいのであれば、通常の糊付けするタイプの写真を使用するなど、条件に合わせて使い分けることが大切になります。

履歴書の写真が選考を左右する!

面接では短い時間に自分のことを知ってもらわなければならず、第一印象が重要になります。しかし本当の第一印象は面接ではなく書類選考で始まっています。履歴書の写真がその人の本当の第一印象になるので、そこにも注意を払うことが大切です。

しっかりと糊付けしていれば写真がはがれることはありませんが、万が一ということがあります。自分とは関係のないところで落とされても勿体ないですし、保険をかけておくことは無駄にはなりません。

写真の裏面の記載を見つければ几帳面な人だと印象が良くなる可能性もあります。マイナス評価になることはないので、細部まで気を抜かずに写真の裏面の記載も忘れないようにしましょう。

初回公開日:2017年07月27日

記載されている内容は2017年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests