Search

検索したいワードを入力してください

歯科助手の志望動機の書き方・例文|未経験/経験者/正社員の場合

更新日:2020年08月20日

皆さんは志望動機の書き方で悩んだ経験はありませんか?特に、今現在学生の方や転職を考えている方は志望動機の書き方で悩んでいる方が多いのではないでしょうか。今回は、歯科助手という職業に注目し、歯科助手の志望動機の書き方についてご紹介していきます。

歯科助手の志望動機の書き方について

皆さんは志望動機の書き方で悩んだという経験はありませんか?もしくは、就職活動真っ最中でちょうど今志望動機の書き方で悩んでいるという方はいませんか?志望動機というのは、就職活動をする上で非常に重要なもので、内定獲得に大きく関わってくる、いわばその人の人生を左右するものと言っても過言ではありません。特に、就活生やこれから就活を控えている学生さん。また、転職を考えているという方は知っておきたいものだと思います。

今回は、数ある職業の中でも「歯科助手」という仕事に注目し、歯科助手の志望動機の書き方について詳しくご紹介していきます。

歯科助手とは歯科医師の補佐役

そもそも「歯科助手」とは一体どんな職業なのでしょうか。まずは、歯科助手というものがどんな職業なのか、その言葉の定義や主な仕事内容について詳しくご紹介していきます。

まず、歯科助手とは簡単に言うと、「歯科医師の補佐役」のことです。具体的にどんな仕事を主に行うのかというと、例えば歯科医院での受付、器具の清掃や準備、手渡し、石膏などを練る作業、患者の介添えなどです。ただし歯科助手というのは、歯科衛生士や看護師とは異なり、実際の治療や診療に関わる補佐などは行えません。あくまで雑務に携わるのが歯科助手という職業になります。

歯科助手は勤務形態が豊富な職業

歯科助手というのは、他の仕事と比べて勤務形態が豊富な職業の一つでもあるんです。

そもそも歯科医院というのが、他の病院などと比べて身近な医療機関となっているため、近所などに勤め先を見つけやすいのが非常に便利です。また、勤務先が比較的多いことに伴って、勤務形態も多いのが歯科助手という職業の特徴的な部分です。

正社員・パート・アルバイトなどから自分の生活スタイルに合わせた雇用形態で働くことができるのが大きなメリットです。例えば、小さなお子さんがいる主婦の方の場合、家から近い場所でかつ勤務時間を自分で設定しやすいパートやアルバイトとして働くことができるので、育児と仕事を両立したいという方には特に便利な職業となっています。

歯科助手になるのに専門的の取得の必要はない

歯科助手と聞くと、なんか専門的な資格を取得しなければならないイメージがあるかもしれませんが、実はこれといって専門的な資格を取得しなければ歯科助手になれないというわけではないんです。歯科助手という職業には、その仕事に就くための国家資格が指定されているわけではありません。その代わりに、NPO法人や日本歯科医師会などの民間の団体が認定する歯科助手のための資格がいくつかあります。

しかし、それはあくまで歯科助手としての実力を計るものなので、資格の取得を雇用の条件にしていない医療機関であれば問題なく勤務することができます。

歯科助手の志望動機の書き方

ここからは今回のテーマでもある歯科助手の志望動機の書き方について詳しくご紹介していきたいと思います。

未経験者は歯科助手になりたいと思ったきっかけについて書く

まず最初は、未経験者の場合の歯科助手の志望動機の書き方について見ていきましょう。

未経験者の場合は、なぜ自分が歯科助手の仕事に就きたいと思ったのかどうか、歯科助手になりたいと思ったきっかけについて志望動機に詳しく書くようにしましょう。未経験者は今までに歯科助手として働いた経験がないため、歯科助手の主な仕事は把握していたとしても、実際に歯科助手という仕事に携わるうえで何が重要でどんなことを求められるのかどうかは、実際のところわかっているわけではありません。

そのため、こちらが勝手に歯科助手とはこういうもので、こういったことを大事にしなければならない職業と決めつけ、その前提のうえで志望動機を書いてしまうと、採用者側がこちらに抱く印象があまりよくないので、未経験者の場合はきっかけについて主に書くようにするとよいでしょう。

歯科助手の志望動機例文① ~未経験者~

私は、以前歯科医院へ通うのが嫌いだったのですが、ある時歯科助手の方が親切に対応してくれたことで、通院することに対しての不安が消えました。それがきっかけで、今度は自分が患者に安心を与えることのできる歯科助手になりたいと思い、今回応募いたしました。

志望動機例文② ~未経験者~

私は、貴院がサラリーマンなどの日中働いている方向けに、夜間や土日などの休日の診療に力を入れている点に共感いたしました。自分自身も以前になかなか歯医者に行く時間を確保できず、結局治療に時間がかかってしまった経験があります。また、毎回歯科医院に通う中で、歯科助手の方が治療の不安を和らげてくれたことが非常に印象に残りました。また、歯科助手には接客能力やコミュニケーションスキル、そして体力が必要な仕事と聞いていますので、学生の頃にアルバイトで培った体力も活かすことができると考えています。

転職者は前職での経験や習得したことをどう活かすを詳しく書く

続いて、転職者の場合の歯科助手の志望動機の書き方について見ていきましょう。

転職者の場合は、前職で培ってきた経験や習得したことを歯科助手の仕事でどのように活かしていこうと思っているのかについて志望動機に詳しく書くようにしましょう。採用者側としては、もちろん未経験でかつ転職者を雇うよりも、経験者の方を雇ったほうが即戦力にもなりメリットをより多く得られると考えます。そのため転職者の場合は、今現在で自分ができることを志望動機でアピールし、経験者でなく未経験の転職者でもいいと採用者側に思わせることが重要になってきます。特に、志望動機に前職での経験や習得したことを書いて伝えるのが、その時点での自分の能力をアピールするのに手っ取り早いのでです。

ちなみに、歯科助手の仕事では患者さんとのやり取りを行う受付業務や患者さんの治療状況などのデータを管理する事務作業が主になるので、接客業での経験や正確に情報の処理・管理ができることを志望動機ではアピールするとよいでしょう。

次のページ:経験者は自分がかかげるビジョンについて詳しく書く

初回公開日:2017年08月12日

記載されている内容は2017年08月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests