Search

検索したいワードを入力してください

事務職の自己PRの書き方と例文|転職/未経験/新卒の場合

更新日:2020年08月20日

求人での事務職への応募の仕方についてです。求人が出ても応募者多数で募集打ち切りなどという事もあったりします。そんな事務職の就職戦争でどうやって勝ち残るかのカギは自己PRです。上手に自己PRをするためのちょっとしたコツをまとめてみました。

事務職の自己PRについて

いつでもの事務職。金銭面ではそこまで高いわけではありませんが、定時間内に仕事が終わる、座り仕事で楽などのイメージも根強いの理由ともいえます。そんなの事務職になる為にはしっかりとした自己PRが出来る事が条件となります。ライバルが多い事務職を自分の仕事にするための自己PRの仕方をまとめてみました。

事務職に応募する際の自己PRの書き方

就職や転職の際、必ず必要になるのが「履歴書」です。企業側にもよりますが、面接の前に書類審査がある企業も少なくありません。書ききれないほどの資格を保有している人でも何を書くか迷う事がある「自己PR」ですが、この「自己PR」で面接を受ける事が出来るかのカギになると言っても過言ではないのです。

他の応募者と差をつけるための自己PRをしっかりしないと面接にすらこぎつけない事もあるのです。自己PRを上手にまとめるコツ、興味を持ってもらえる自己PRの仕方を紹介します。

応募する企業の業務内容を理解する

自己PRを考えるのも大切な事ですが、一概に事務職と言っても企業により仕事内容は様々です。総務的な事務職の仕事での募集なのか、あるいは経理的な事務職の仕事なのかなどでも違いますし、販売業や建設業となると事務職のやる事も全く変わって来たりします。

自分のアピールポイントが企業側にそぐわない事にならないよう、また自己PRの内容を充実させるためにも何をしている会社なのかをきちんと調べておくことをお勧めします。初めて事務に応募する場合、それと同時進行でどんな事務職を募集しているのかなども調べておくといいでしょう。違う企業でも、扱いが一緒の物でも構いません。これは面接にも役に立つ事です。

募集している事務職の業務内容によって自己PRする所を考える

・受付、来客対応、電話対応
本来会社の顔は社長ではありますが、お客様に直接接する機会が多い業種の場合、受付事務などは会社の看板という事になります。ですので、「明るい」「人見知りをしない」「友達を作るのが得意」などという自己PRが望ましいです。

そうなると人見知りの人や緊張しやすい人は応募できない?となりますが、そうではなく、「人の顔を覚えるのが得意」など英語が全く出来ないのに海外に住んでいたなどの嘘とは違う、自分の得意な事でその募集事項になぞらえる事を探してみましょう。

・総務、日常業務
実はこの総務というのはものすごく厄介です。総務はある意味「オールラウンド」を求められがちなのです。一般的に「見積書」や「請求書」などお金の業務は経理がやる事が多いですが、この「見積書」や「請求書」は書類に分類されている会社が少なくないのです。

企業形態が小さければ小さい程、総務の仕事としての事務職は経理、人事、現場などの複合した業務を求められる事になります。総務関係の仕事に応募する場合は自分が今までやって来た事が生きてきます。事務職をした事がなくてもアルバイトで日誌を担当していました、売り上げを集計する当番でしたなど1回しかやった事がなくてもいいのです。経験と呼べる材料があるのならしっかり自己PRしましょう。

・経理業務関係
経理は募集時点で資格に実務〇年以上などとなっている事が多い職種です。未経験者でも大丈夫な場合でないとなかなか相手にすらしてもらえない事が多いです。未経験者でも大丈夫な場合は経理の経験が欲しい、専門職となるような仕事を探しているなどのアピールが望ましいです。向上心のある自己PRを心がけましょう。事務経験がある場合は、例えば出納簿でも経理の経験になります。見積書や請求書はもちろんですが、経理のサポートをしていた事があります程度なら書いても大丈夫です。

必要なのは仕事のスキルだけではない

一般的な事務職に求められているのは「普通の事が出来る事」です。例えば時間になったらお茶を出す、お客様を案内する、清掃など会社によってさまざまではありますが、必要とされているのは一般的な事を笑顔でこなせるような人です。

むくれた顔でお茶を出されるより「お疲れ様です」の一言と満面の笑みではないにしろちょっと微笑む事が出来るような人にお茶も入れてもらいたいですよね。自己PRをするならば、人と接するのが好きだと書いてあると、企業側の印象もだいぶいいです。また、事務職に限らずどんな職種でもそうですが、向上心がある事をアピールする事を忘れてはいけません。

例文

他の応募者と何とか差をつけないと面接にすらたどり着けません。そのためにはしっかりとした自己PRをしなければなりません。相手側の業務内容を調べて、募集されている職種についての勉強をしたら次はどのように自分の言葉で書くか、書けるかという所になってきます。自己PRの例文を紹介します。

前職が事務職ではない場合

×:前職は事務職ではありませんが事務職に興味がある為応募させていただきました
○:前職は接客をしていました。シフトの調整などの簡単な労務管理をしていました。シフトの調整を取りやすいようにアンケートを取るなどしているうちに事務職に興味が沸きました。みんなが見やすいように掲示物を作ったりするのが得意だったのでパソコンを使った仕事がしたいと思いパソコンを勉強中です。 

前職が事務職ではない場合は自己PRとしては「意気込み」をきちんと伝える事が大切です。それに伴い、「パソコンの勉強をしています」などの事務職として必要とされる部門の特技にはまだならない事も書き添えておくと好印象を与える事が出来ます。さらに何か通じるものがある事を見越して前職の経験のアピールも忘れずに書きましょう。

採用側の気持ちにもよりますが、自分が今している事を上手にアピールする事が出来れば仕事が好きな人にも見えますし、何より自分で行動が出来るというアピール、しっかりとした自己PRになります。

前職が事務職でも異業種の場合

×:前職も事務職だった為、経験を生かせると思い応募させていただきました。
○:貴社の業務にとても興味が沸いた為、応募させていただきました。事務職の経験はありますが、全くの異業種なので不安もありますが、持ち前の学習意欲で頑張りたいと思って居ます。

どんな職種でも募集に対して応募してくる人が仕事を軽視している印象を与えてはいけません。「出来ない事はある、わからない事もあります、でもやりたいと思いました」のアピールを忘れずに書きましょう。

転職・未経験・新卒それぞれの場合の自己PR

自己PRは他のライバル達に差をつける絶好の場です。ですが、本来の自分だけをアピールするのではなく、企業側が求める人材に対しある程度合わせての自己PRをしなくてはなりません。自分の持ち合わせていない物ではなく、自分のPR出来る最高のアピールポイントではないにしても持ち合わせた場面で企業側の求める物をアピールする事をお勧めします。

次のページ:気配りやコミュニケーション力、責任感を自己PRする場合

初回公開日:2017年08月23日

記載されている内容は2017年08月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests