Search

検索したいワードを入力してください

病院受付の志望動機の書き方と例文|面接時に見られるポイント

更新日:2020年08月20日

病院受付の志望動機、これが1番悩みます。病院勤務の経験、未経験によって志望動機は違います。医療事務の資格があるかないかでも違います。1番大事なことは、志望した病院での自分の役割です。病院受付の志望動機の書き方と例文を見ていきましょう。

病院受付の志望動機の書き方

病院受付の志望動機の書き方は、志望動機は簡潔に熱意を込めて、なおかつわかりやすい書き方で書きましょう。まずは、経験のある人から志望動機を考えてみましょう。経験があるのでその点をアピールして、その病院勤務するにあたっての自分の役割を書くようにしましょう。

何の病院なのか、何科なのか、患者さんどんな方が多いのか、お年寄りなのか、若者なのかはホームページで事前に調べておくと、病院受付の志望動機も書きやすいと思います。もちろん事務仕事が得意であることも伝えましょう。

病院の受付の仕事は、レセコン入力だけではありませんので、接客が得意であり笑顔で患者さんに接することができ、自信があると伝えておくべきです。

電話対応もありますので、丁寧な対応出来ることもアピールした方がよいでしょう。熱意は伝わるものです。病院受付では1番必要な能力です。病院受付の志望動機の書き方もこの点を踏まえて書いてみましょう。

経験がある場合の志望動機例文

【経験がある場合の志望動機】
私は、病院受付として〇年勤務してきました。患者さまの対応や受付、レセプト業務、総括を担当してきました。地域根ざしたこのクリニックで自分の経験を活かして、一人ひとりの患者さまをお話をよく聞き、丁寧に接することができると思います。もっと幅広い知識を身につけ、クリニックのためになるように頑張りたいです。

私は、専門学校で、医療事務の資格を取得し、病院受付で数年間働いてきました。自分の経験を活かしたいと思い志望しました。御院の求人を拝見し、その病院理念に魅力を感じてました。前職ではレセプト作成や、接客など経験してきました。今後は専門的な深い知識高め、早く御院のために役に立てるよう頑張りたいです。

経験がない場合の志望動機例文

【経験がない場合の志望動機例文】
私の前職は、一般事務をしていました。長く続けられる医療事務に魅力を感じるようになりました。一般事務と医療事務とは全然違うと思いますが、パソコンのスキルには自信があります。電話の応対も丁寧できます。新しいことを吸収して、病院受付の仕事を覚えてレセプト業務を早く覚えて病院のために頑張りたいです。

私の志望動機は、人と接することが大好きで、やりがいも感じていました。医療事務ならたくさんの人と関わりながら事務の業務も行う点に魅力を感じて、メディカルクラーク取得を目指して勉強してます。病院受付の経験はありませんが、来院された患者さんの心の支えとなり、親しみを感じられるような医療事務員になりたいです。

履歴書

【履歴書について】
どんな仕事でももちろんですが、履歴書は顔です。書いてある内容が力強くなければ、応募の段階で落とされてしまうこともあります。確かに経験者が優遇される職種だと思います。もちろん、それは病院というところが忙しいからということ事情もあります。志望動機の書き方も病院受付が、未経験者ならではの工夫をしてみましょう。

何色にも染まっていないのが武器になることもあり、あとは前職との似通っている点や、どうして病院受付の仕事がいいのかをしっかり説明できていないと志望動機として弱いものになってしまうので気をつけましょう。

とくに浮かばない場合は、自分が患者さんの立場となり、どんな人物であればいい病院だと感じられるか、どんな応対が患者さんにとって来院しやすい病院となるかなど、サービスの点からも考えてみることをします。もちろん履歴書の字は丁寧にゆっくり、濃く大きく書いて下さい。

面接カード

面接カードはとても大事です。病院によっては、この面接カード1つで人柄や仕事の熱意を見ているからです。もちろん履歴書に書いた志望動機は、確実に聞かれることでしょう。

病院受付が、経験、未経験の方も、暗記をしないでいただきたいのです。履歴書と同じにはせず、言葉の並べ替えたり、少し言い回しを変えて書いてください。

この面接カードで知りたいのは、あなたの応用力や人柄です。仕事に対しての思いを熱く書いてください。濃い字で丁寧に、字は人を表すといいます。濃い字は見やすいので、元気な人に見えます。病院に必要な存在は、明るく元気な存在です。アピールできる自分のよい点はどこか、自信をもって書いてください。

あなたが面接で緊張しないように、病院側がわざと用意してくれた質問であり、趣味を書くところもあるので、空欄なく書いてください。

面接時の志望動機

面接時に大事なことは、その人の人柄やスキルを見るために行うものだということを念頭に置くことです。丸暗記しても実際の仕事は、予測通りにはいかないものです。病院という所は病を抱えている人が行くところでもあります。毎日違う患者さんが、来院し質問も人によって異なります。

では、1番聞かれる質問です。「医療機関がたくさんある中、うちの病院を選んだ志望動機を教えてください」「電子カルテやパソコンのスキルはありますか?」「前職を退職した理由を教えてください」ここまでは経験、未経験、両方聞かれます。

「医療事務や病院受付に興味を持ったのはなぜですか?」こちらは、病院受付や未経験者に聞くことが多いです。「人と接することは好きですか?」「医療機関で働くことにあたって、あなたが大事にしたい事は何ですか?」「自分の性格、長所、短所 1個づつ教えてください」 などです。

このような質問は、コミュニケーション能力を見ています。当たり前ですが、面接の時は、一般常識的な服装で行って下さい。清潔感はとても大事です。答えるときはハキハキとしっかりと受け答えしましょう。

病院受付では患者さんとの応対もあります。耳が遠い患者さんもいます。理解できるくらい、大きな声でゆっくりと話す努力して下さい。

病院受付の志望動機で見られるポイント

病院受付の志望動機で、数ある病院の中でなぜうちなのか、ということは絶対聞かれるので、ホームページを見て必ず説得力のある答えをしてください。

例えば、どんな人に特化しているか、病院の特徴を調べておいてください。例えば、整形外科でリハビリに力を入れてる、美容皮膚科で美しくなるための施術をしているクリニックなどです。

その一文を加えるだけで積極的な印象になります。当たり前ですが、病院の顔でありサービス業であることも忘れてはなりません。明るく元気でいなければ、病院受付の仕事は出来ません。

病院側が求めている人材は患者さんの立場に立て、医師や家族との疎通を滞りなく出来る人でなければなりません。サービスする側の人間だということも忘れてはいけません。面接官が志望動機で見るポイントです。

病院受付経験あり・未経験の場合

・医療事務、病院受付の経験がある場合
医療事務の仕事で大事なことは、患者さんの話をよく聞き、理解する臨機応変な対応です。医師よりも接する時間が長いので、一人ひとりに気を配り、体が不自由な方には移動をお手伝いしたり、積極的にお声掛けをしてきました。病院受付としては、レセコン入力、会計、レセプト業務、返戻や総括ができます。資格もメディカルクラーク2級を取得しており、人に指導もしてましたので、自信があります。

・医療事務、病院受付の経験が未経験の場合
前職は、携帯電話会社の販売スタッフをしてきました。接客応対には笑顔でする自信があります。話をする事が得意なので、コミュニケーション能力は高いと思います。病院受付には昔から興味がありました。家族が病気になった時、連絡をしてくれた方が受付の方で、とても優しく感じが良かったので、私がなりたいと思ったのがきっかけです。医療事務を少しずつ勉強して資格を取得し、貴院のために1日でも早く力になれるよう努力します。

病院で必要な人材になるために

今回は医療事務、病院受付についてお話をしてきました。志望動機は迷いますが、1番大事にしなければならない点は、貴院にどれだけ協力でき、患者さんの信頼を得るかです。病は気からといいますし、こちら側からエネルギーを与えることができればいいです。それを踏まえた上で、志望動機に自分がどれだけ役に立つことが出来るかを考えていただきたいのです。

病院受付が未経験なら、前職で学んだことやスキルを書いてください。笑顔で接客が出来るということもとても大事なことです。体調がすぐれない時は誰でも、心細くなりますので、患者さんの不安な気持ちを理解してあげてください。前の職種が違うなら、医療事務に共通するようなことを志望動機に書いて下さい。

患者さんと病院の架け橋になれるように早く仕事を覚えて、一人前の病院受付として認められるように頑張りましょう。きっとあなたなら出来るでしょう。

病院受付の経験者は

「病院受付」「経験者」の志望動機は、自分の経験を活かして貴院のために何ができるのか考えて下さい。レセプトのスキルも大事です。患者さんに目を向けることも必要となります。

患者さんを大事にできなければ、病院でも潰れる世の中です。病院全員が一体となり、患者さんに満足していただけるようなサービスを提供できなければその病院には未来がありません。

学ぶ姿勢を大事にして、みんなで作り上げいきましょう。あなたは、病院で必要な人材になれるでしょう。

初回公開日:2017年08月31日

記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests