Search

検索したいワードを入力してください

自動車部品業界への志望動機の書き方と例文・職種別のポイント

更新日:2020年08月20日

自動車部品業界への志望動機とはどのようなものでしょうか。実際に履歴書を記載する時に困る人は多いです。そこで、職種別に自動車部品業界の志望動機の例文をまとめてみました。どのような志望動機があるか参考にしてみて、自分らしい志望動機を記載しましょう。

自動車部品業界への志望動機の書き方

自動車部品業界への志望動機の書き方にはいくつかのポイントがあります。それは、なぜ自動車部品業界を志望するのかといった基本的な質問に答えられることです。自動車業界は、車体メーカーやその他の多くの企業で成り立っているところがあります。

その多くの会社からあえて自動車部品業界を選んだ理由がしっかりとしている必要があります。もちろん、もともと自動車の部品に興味がある人ならそのように志望動機で記載すれば良いです。

ですが、特に自動部品に興味がなくて他の理由で志望している場合は、志望動機の記載に注意が必要です。特に車体メーカーをなぜ志望しないのかについては、はっきりとした理由が言えることが大切です。

してはいけない志望動機の書き方

自動車部品業界を志望する時には、車体メーカーを志望しない理由をはっきりとさせて自動車部品の会社を志望する理由を明確にすることです。ですので、ただ車が好きで自動車部品業界を志望しているのでは志望動機としては良くないでしょう。

逆に、自動車部品業界でなくてはならない理由をしっかり記載すれば良い志望動機といえます。また、自動車部品の会社を志望する時に、会社としての安定性や待遇などを理由にして志望動機とするのは良くないです。理由としては、自動車部品の会社は車体メーカーが業績悪化になれば連動するように一緒に業績が悪くなります。

言い換えれば、自動車の売り上げによって業績が悪化するのが自動車部品メーカーです。あまり好待遇を期待して自動車部品業界を志望することは採用担当者も良い印象はもたないです。

どのような志望動機が自動車部品業界では理想的か

自動車部品業界では、自動車部品業界で働きたいという強い志望動機が必要です。例えば、車を構成する一つの部品にとても興味があり、その部品について製造や営業の仕事をしたいといった内容のちゃんとした志望動機が必要です。

もしも曖昧な理由で自動車部品業界を志望していれば、採用担当者もそれに気が付き質問されたりします。また、志望動機が自動車部品業界向けでない場合は、書類審査を通るのも難しいです。自動車部品を製造している会社についてよく考えて自分なりに分析することです。

どのような部品を扱っていてどのような技術がうりなのかも把握しましょう。そうすれば、自動車部品メーカー向けの志望動機が記載できます。

志望動機例文

自動車部品業界への志望動機例文とはどのようなものでしょう。例文としては、「以前から自動車部品に大変興味があり、特に御社で取り扱っているエンジンの部品について知識や技術を身に付けて製造の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。

この内容であれば、採用担当者はある程度納得してくれます。あとは、面接の時にこまかな事を聞かれることになりますが、質問に対する対策を事前にしておけば大丈夫です。面接でのポイントしては、なぜエンジンの部品なのかも聞かれるでしょう。

また、本当にエンジンの部品の製造の仕事で良いのか確認されます。自動車部品業界の会社は、中小企業が多いですがそのような環境でも問題ないのか聞いてきます。

履歴書の場合の例文

履歴書の自動車部品業界の志望動機例文としては、自分がなぜ自動車部品業界を志望しているかはっきりと記載する必要があります。それは、自動車産業は沢山の会社で成り立っているのでなぜその会社で、その製品に関する仕事をしたいのかが重要になってきます。

自動車業界で問題になってくるのが、車体メーカーを第一志望とする人が多く、部品などの会社には人が集まりにくい傾向があることです。これは、どこの業界でもあることですが自動車業界は明確にこの傾向があります。確かに車体メーカーであれば、待遇もよく安定した生活をおくりながら仕事をすることが可能です。

そのあたりも考慮した自動車部品業界への履歴書の志望動機としては、「私のつちかってきた、自動車部品に関する知識と技術をいかして品質の高い自動車部品の製造の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」となります。

面接カードの志望動機例文

面接カードの自動車部品業界の志望動機は基本的に履歴書と同じで良いです。ですが、もしも考える時間があり、面接カードの記載内容を工夫したい人であれば時間を有効に使って追加しても良いです。

その内容としては、「御社の所有する工場で自動車部品製造に関する経験をつんで、会社に貢献できるような技術者になりたいと思い御社を志望しました。」などがあります。これは、実際に会社に行って工場などを見た時に感想として志望動機に追加すると良いです。採用担当者もこの文章をみて面接の時に色々と質問してきてくれます。

そのような面接が理想的なのと、実際に採用するかどうかは、応募者の記載した内容や言動で決まってきます。

自動車部品業界の面接カードの役割とは

面接カードは一般的に面接の前に応募者に記載してもらって面接の時に参考にするものです。ですので、履歴書で記載した内容と同じようなものでもあります。記載方法としては、基本的に履歴書と同じで良いですが、余裕のある方は自分なりに工夫した文章でよりPRできる内容にしても良いです。

また、家族構成なども聞かれる時もありますが、率直に面接カードに記載しましょう。面接カードに記載した内容は、面接の時に質問される可能性がとても高いです。ですので、自動車部品業界で面接カードを記載したら事前にどのように回答するか自分なりに決めておくことです。

面接カードで注意すべきこと

面接カードは鉛筆で記載しても良いでしょう。間違えた時に消せるので便利です。それに対してボールペンで記載するように言われることもありますが、そのような時で間違った時は、修正して横に正しい内容を書けば良いです。

面接カードの取り扱いで注意すべきこととしては、あまり面接カードを汚さないことです。人によっては、面接カードに沢山記載したい人がいます。自動車部品の会社の面接カードに色々記載して汚れてしまえば、イメージダウンにつながります。せっかく丁寧に志望動機などを記載しても汚してしまえば良い内容には見えません。

このあたりは一般常識として面接カードは綺麗に扱いましょう。あとは、当たり前の事かもしれませんが、折り曲げたりするのも良くないです。

面接時における志望動機

面接時における自動車部品業界の志望動機には、いくつかのポイントがあります。一つとしては、自動車産業の構造を理解しているかです。これを理解していないで志望動機を記載してしまえば、なにかずれた様な内容になってしまいます。

自動車部品産業は購入される車の台数が減れば景気が悪くなる傾向があります。その影響を理解して、面接でも志望動機としてどのような時でも前向きに御社で自動車部品の製造の仕事をしたいといえれば、好印象です。

逆にこのような事を知らないと何を言っても説得力のない発言に聞こえてしまいます。あとは、面接の中でこれは自分をPRできる内容だと思えば、志望動機として追加的に発言しても良いです。

自動車部品業界の面接で志望動機を上手に伝えるには

次のページ:自動車部品業界の志望動機で見られるポイント

初回公開日:2017年10月11日

記載されている内容は2017年10月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests