Search

検索したいワードを入力してください

自動車部品業界への志望動機の書き方と例文・職種別のポイント

更新日:2020年08月20日

自動車部品業界への志望動機とはどのようなものでしょうか。実際に履歴書を記載する時に困る人は多いです。そこで、職種別に自動車部品業界の志望動機の例文をまとめてみました。どのような志望動機があるか参考にしてみて、自分らしい志望動機を記載しましょう。

自動車部品業界の企業の面接で志望動機を上手に伝える為には、その会社について良く調べておくことです。事前にしっかりとリサーチしておくことで面接でもPRできる志望動機を言えるようになります。

例えば、その会社がこれから新しい機械を導入して事業を拡大する予定がある場合、自分が入社すれば新しいビジネスで貢献できるとPRすることも可能です。また、応募している会社が昔からのやり方にこだわっている企業であれば、自分はその技術を一生懸命学んで一日でも早く一人で現場で仕事ができるようになりたいと志望動機で言っても良いでしょう。

自動車部品業界は厳しい環境の中で仕事をすることになるので、自分なりの企業のリサーチをしてPRにつなげましょう。

面接と書類審査の時の志望動機の違い

面接と書類審査の大きな違うは、色々な質問を面接でされることです。書類審査では、履歴書等を提出して見てもらうことになりますが、面接ではどのような質問がくるかは事前に分かりません。準備をしておいてもまったく予想できないような質問をされるのが普通です。

考えてみれば、日常の仕事では常に予想できないことが起きます。それに対して柔軟に対応できることも必要とされます。また、書類審査では履歴書に記載した内容は最後まで採用過程で見られることとなります。それが自分にとって良い情報であってもそうでなくても最後まで見られます。会社によっては、入社後も履歴書の内容を参考にする会社もあるでしょう。

自動車部品業界の志望動機で見られるポイント

一般的に自動車部品業界の会社で志望動機で見れれるポイントとは、本当に環境のきびしい自動車部品業界の会社で長いこと働けるかを見てきます。それは、他の企業とは違って賃金が景気などの影響で上下しても気にせずに仕事に集中できる忍耐力が必要です。

もしも、給料が少し安くなった程度で会社に対して我慢できないような人であれば、最後まで勤めることは不可能でしょう。会社側は特にそのあたりを気にしてきます。あとは、体力勝負の仕事でもあったりするので、健康上問題ないかも聞いてくるでしょう。

逆に言えば、志望動機として体力には自信があるなどを記載すれば、PRになります。理由としては、ずっと立ちっぱなしで仕事をする機会があるのが自動車部品の企業です。このような労働環境で頑張れる人を探しています。

生産管理の場合

生産管理の仕事の場合の志望動機としては、自動車部品の生産に関する状況を常に管理できることが必要とされます。生産管理とは、誰にでもできるように思えますが、実際にはしっかりとした経験を積まないと分からないことが多いです。

実際の生産現場でどのポイントをおさえて仕事をするかが重要です。ですので、志望動機としてはもしも生産管理の経験があるのであれば、その経験をどのようにいかして会社に貢献できるかが重要になってきます。

もちろん未経験でも応募することは出来ますが、最低限生産管理の仕事がどのような仕事かイメージできる必要はあります。また、製造や設計の仕事とは違うので生産管理の仕事で問題ないのかも確認されます。

営業の場合

営業の場合の志望動機に関しては、自動車部品業界の現状をよく理解している必要があります。この業界は同業他社がかなりいて常に競争している状態であるのが事実です。そこで、自分の会社の事を車体メーカーなどにPRできる人が必要となります。

また、しっかりと自分の会社について理解していることも大事です。その上でいかにして車体メーカーなどに自分の会社の自動車部品を売り込めるかが重要になってきます。ですので、志望動機で自分を十分にPRできることが大切です。

いまいちのPRの仕方では、本当にこの人に営業を任せても大丈夫か企業側が心配になります。自分を採用すれば今よりも売り上げを上げることが出来ますくらいのことは言っても良いでしょう。

製造のポイント

製造の志望動機のポイントは、なんといっても製造する自動車部品の品質が重要になります。もしも経験があさい人でも知識などがあり自分は部品の品質を保持することができると思う人であれば、採用担当者も認めるでしょう。

また、製造の経験があって品質にも自信があるなら多くの企業があなたを採用します。さらに、自分の経験をどのようにいかせるか志望動機で具体的に言えることも重要です。他には製造という仕事は自動車の部品を一人で製造する関係もあり、責任感のある人が望まれます。

ですので、自分の人間性についても客観的に判断してその会社でどのように製造の仕事をしていけるか志望動機で記載しても良いです。

配送などポイント

自動車部品の配送の仕事の志望動機のポイントは、大切な自動車部品を安全に定時に客先に運ぶことができるかが大切になってきます。その為には、ある程度配送に関する知識や経験が必要となります。

また、ただ運転して客先に自動車部品をもっていくのではなくて、しっかりと挨拶できることも大切です。客先からした場合、挨拶をしっかりして気持ちよく自動車部品を運んできてくれる人と、そうでない人でもイメージがぜんぜん違ってきます。

この基本的な事を理解して、志望動機を記載するわけですが簡単に言えば人に信頼されるよな志望動機を記載することも一つのポイントです。

どのような志望動機が自動車部品業界では求められるか

自動車部品業界は常に厳しい環境でたたかって仕事を的確にこなしていく必要があります。ですので、他の仕事とは違って精神的にタフであることも大事です。また、自動車自体も好きで、その自動車部品を製造しているという自負があることも相当重要です。

車とは、多くの方が購入して利用するものですが、しっかりとした自動車部品で構成されていない場合は、様々な事故につながります。これを未然に防ぐことができるのと、継続的に自動車部品の企業で働ける人である事が大切で、志望動機ではこのような視点からみて、この人ならやっていけると採用担当者に思ってもらえる事が最大のポイントです。

初回公開日:2017年10月11日

記載されている内容は2017年10月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests