Search

検索したいワードを入力してください

【例文】理学療法士への志望動機の書き方|新卒・転職する際の注意点

更新日:2020年08月20日

理学療法士は大変のある職業ですが、毎年の各病院や施設の募集は決して多くはありません。学療法士の新卒の志望動機、転職での志望動機や履歴書の書き方を、人事担当者側が何を見ているのかを志望動機例文を交えながらご紹介します。

理学療法士の志望動機の書き方

理学療法士を目指していらっしゃる方は、既に国家試験に合格している方、これから受ける方、結果待ちという方、様々な状況があるでしょう。。勿論強い意志を持って理学療法士の資格を取る為の専門学校や大学で勉強してきた方ばかりですから、就職はもう目の前です。

理学療法士として内定を頂く一番の決め手は履歴書と志望動機です。そして、面接で直接聞かれる志望動機です。準備に早すぎることはありません。すぐにでも取り掛かりましょう。

理学療法士になりたかった原点は?

あなたが理学療法士になろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか。いつ頃から理学療法士になりたいと思い始めましたか?自分が怪我で病院に行った経験がある、家族がお世話になった、人から勧められた、など様々な志望動機のケースあるでしょう。志望動機の原点をもう一度振り返ってみましょう。

職場の種類から志望動機を考える

志望動機を書く上で重要なのは、まず理学療法士の職場の種類がいくつかあるということです。つまり、どんな就職先を希望するかによって志望動機の内容が変わってきます。

また大学や専門学校では数多くの求人票がボードに貼られ、そこから自分に向いている職場を探す方が圧倒的に多く、実習先が気に入って就職先を決めたり、反対にその病院や施設から「うちに来ないか?」と誘われる場合もあるようです。

選ぶ理由として「家から近い」「総合病院で働きたい」「スポーツのリハビリに携わりたい」「介護の仕事に興味があるのでそのような施設で働きたい」「子供の役に立ちたい」など、志望動機は様々です。

①大学病院、総合病院の中の整形外科、リハビリテーションセンター、クリニック、診療所などです。

②介護老人保健施設や介護老人福祉施設、訪問介護の現場やデイサービスです。

③身体障碍者施設などの福祉施設、プロスポーツ選手などのチームに所属(または嘱託など)、その他行政関係施設(保健センターなど)の勤務先があります。

志望動機を書く上で、各分野でやりたい事をはっきりさせておきましょう。分野により志望動機がはっきりと異なるからです。

新卒が心がけること

新卒の方は理学療法士になる為の大学や専門学校を卒業して、国家試験を合格しそのまま就職する学生たちです。また学生の中にも他の学部で学んでいた、または他の就職を既にしていたけれど、理学療法士になりたくて学校を受け直して初めて理学療法士として働く人です。ですから幅色い年齢層が多いのもこの世界の特徴でもあります。

新卒はまだ志望先の選考基準に何を決めたらいいのか分かりませんから、先輩や先生に情報をもらったり実際に実習に行った友人の話を聞くのも大切です。インターネットで調べたり、実際にその病院まで行ってみることをお勧めします。

また、志望先の情報をあらかじめ調べておくことも重要です。最重要なのは、志望先の「経営理念」や「特徴」などです。そして勤務形態や給料、寮の有無や家賃補助、更に資格を取りたい者にとっての研修制度なども、HPで調べたり先輩や学校の先生から情報を集めます。志望動機を書くためのみでなく、自分が将来働く現場として当然のことです。

転職する人が心がけること

既に理学療法士として勤務経験があり、他の病院や施設に移りたい、という人は志望動機を書く上で何を心がけたら良いのでしょうか。

何の職種でもそうですが、転職をもし繰り返している場合はひとつの仕事を全う出来ない人、飽きっぽい人、すぐ仕事を辞めてしまう人、と思われる可能性があります。ただ、事情により転職する事は世の中に多くの例がありますので、問題は転職の理由、志望動機の内容次第となります。

スキルアップや、理学療法士としての開拓を印象づけるような前向きな転職であるというイメージを持たれるような志望動機にします。既にその病院や施設で働いている先輩などから、人事について新卒と転職を取る割合など情報がもらえる場合は聞いて有利な情報を得ておきましょう。

理学療法士の履歴書や志望動機で見られるポイント

受ける側でなく、採用する側に立って考えてみましょう。採用する側は、就職希望者の志望動機や履歴書の一体何をみているのでしょうか。履歴書とは、出身校、趣味特技や部活、ボランティア、資格、転職の場合は職歴として前職を書きます。履歴書と志望動機は同レベル重要視しています。

採用する側は何を見ているか

履歴書(新卒・転職)

人事担当者は履歴書や志望動機に書かれている内容を読む訳ですが、実はそれ以前の問題で不合格にならないようにしましょう。綺麗に丁寧に書かれているか、履歴書がくしゃくしゃになっていないか、基本中の基本です。

学歴/中学、高校、大学か専門学校の名前と学部、学科を略さずに書きます。免許・資格/理学療法士免許取得、それ以外は仕事に有益な情報となるもの。英検、TOEICは、特に都市部ではポイント高いので記入しておきましょう。

趣味・特技/趣味はその人自身の人間性の幅を伺い知る事ができます。コミュニケーションとしても役立ちます。またスポーツ歴はこの仕事をしていく上で貴重な体験と見なされます。

怪我などによって理学療法士に世話になった経験がある場合もあり、仕事を理解していると思われるからです。特に団体スポーツの場合は協調性や忍耐力が評価される場合が多いからでしょう。

履歴書(転職補足)

転職の場合は、学歴と職歴を書きます。以前の勤務先で何をしていたのか、何年勤務していたのかが見られます。辞めた理由は尋ねられます。もし転職を繰り返しているとマイナス面としか映りません。転職理由、志望動機をしっかり答えられるようにあらかじめ答え方を準備しておきましょう。

志望動機(新卒・転職)

人事担当者は多くの志望動機を読んでいるため、似たり寄ったりの内容ではなくその中で目に留まるように書きましょう。

新卒者は学生からそのまま理学療法士として就職、または異なる職種に従事していた人ですから理学療法士としての実績はありません。「希望する病院の理念や経営方針への賛同」「その病院で何をしていきたいか」「どのような理学療法士」になりたいかをポイントに書いていきます。

まずは、理学療法士を志望した動機、なぜこの病院や施設を志望しているのか、選択した理由として、病院の理念や経営方針や施設状況を理解しているのか、下調べするなど勉強してきているか、を見られていますのでそれについて書くようにします。「~共感しました」「~に魅力を感じて」「是非貴院で経験を活かしたい」などのように志望動機を書くと良いでしょう。

就職が決まったら、そこで理学療法士として何をしていきたいのか、どういう気持ちで働きたいのかも書きます。新たに資格を取っていきたい、英会話を身に着けて海外の患者に対処したい、挑戦したい事などです。ただ、あまり大きすぎて出来そうもないことは書かないようにしましょう。

志望動機の最後にどんな理学療法士になりたいか、熱意が伝わる内容を書きます。

次のページ:理学療法士の志望動機例文

初回公開日:2017年09月05日

記載されている内容は2017年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests