Search

検索したいワードを入力してください

電気工事の仕事内容・志望動機の書き方と例文|未経験/新卒の場合

初回公開日:2017年08月30日

更新日:2017年10月12日

記載されている内容は2017年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

電気工事の仕事内容や志望動機はどのようなものでしょうか。実際に働いてみると分かりますが、電気工事も体力勝負の仕事でもあります。また、新卒や、未経験の場合の志望動機の具体例も記事にしてみたので、参考にして自分なりの志望動機を考えてみて下さい

電気工事の志望動機の書き方

電気工事の仕事内容・志望動機の書き方と例文|未経験/新卒の場合

電気工事の志望動機の書き方は、どの程度の経験があるかでかなり変わってきます。まったく経験がなくても応募できるのが電気工事の仕事です。多くの方が興味があり、安定して仕事が出来るイメージですが、実際の志望動機を記載する時にはいくつかのポイントがあります。

自分の持っている経験がどのようなかたちで電気工事にいかせるかを志望動機で表現できると良いです。そうすれば、書類審査を通過する可能性も高くなるのと面接でも評価してもらえます。また、直接電気工事と関係なくても自分の長所だと言える内容も記載しておきましょう。たとえば、人と話すのが好きであると記載すればコミュニケーション能力があると評価されます。

してはいけない電気工事の志望動機の書き方

電気工事の志望動機でしてはいけない事は、電気が苦手な内容を記載する事は良くないです。それは、これから勉強して電気について詳しくなると言った内容でもインパクトが足りません。少なくとても電気が好きで、学校で勉強してきた事位は理解していなくてはなりません。

実際の電気工事の現場は、緊張感がありいつ感電してもおかしくない環境のなかで仕事をすることになります。その時の仕事の判断基準は全てが自分の経験や知識に従う事になります。なので、志望動機もマイナスなイメージを持たれる内容ではいけないです。志望動機全体が自己PRの文章のような書き方で問題ないです。また、なぜ電気工事に興味があるのかも志望動機に記載できれば良いです。

電気工事の志望動機例文

電気工事の仕事内容・志望動機の書き方と例文|未経験/新卒の場合

では、具体的な電気工事の志望動機例文はどのようなものがあるでしょうか。一般的には、「学生の頃から電気が好きで、勉強していくうちに更に電気に関して勉強してその知識や技術を用いた仕事をしたいと思って御社をしました。」などがあります。

基本的にはこのようなかたちの志望動機になります。普通に聞こえるかもしれませんが、なぜ電気工事を志望しているのか明確なので、採用担当者を納得させることが出来るでしょう。また、電気工事の志望動機を記載する時は、どの程度の電気工事に関する知識や経験があるかも関係してきます。決して知識や経験がないと採用されないわけではありません。

あくまでも、客観的に自分を分析できて、その会社とどの程度マッチするかで採用が決まります。また、多少の電気工事に関しての経験を持っている方は、その経験をよく掘り下げて上手に表現することで志望動機となります。

実務未経験の場合

実務未経験の場合の電気工事の志望動機は、素直に自分の気持ちを伝えることです。学校で習ってきた電気に関する事に触れても良いですし、自分で生活の中で電気に対してどれくらいの興味があるかをまとめても良いです。

これらは、すべて応募する会社によって内容が変わってきます。なので、求人内容をよく読んで採用担当者がこれなら面接をしても良いと思ってもらえるような内容の志望動機にするべきです。具体的には、「学生の頃から電気に大変興味があり、独学ではありますが電気の事を勉強してきました。

自分で最終的にやりたい仕事が電気工事であり電気工事のスペシャリストになりたいと思い御社を志望しました。」などがあります。これで、採用担当者は電気に対する勉強意欲を理解してくれるので面接をやってくれる可能性があります。

新卒の場合の志望動機

新卒の場合の電気工事の志望動機としては、他の人と同じような内容にならないように注意しましょう。ある意味では、オリジナリティーをいかに出せせるかが大切になってきます。その内容が、他の人と違ったものであれば沢山いる応募者の中であなたの面接をしたいと採用担当者が思ってくれます。

具体的な志望動機としては、「幼い頃から電気が好きで、学生の時も電気に関して興味を持って勉強してきました。また、もっと良く電気の事を理解したいと思い電気工作などをしてきて、電気工事の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」のような内容で良いです。これを採用担当者が見れば、他の人とかなり違う事に気が付きます。

それが、書類審査で通過するポイントです。もちろん会社によって求める人材は違いますが、基本的な書き方は変わりません。

事務の志望動機例文

電気工事に関する事務の志望動機例文はどのようなものでしょう。他の事務職とは違うところは、結構あります。そのあたりをよく理解している事が採用されるかどうかのポイントです。それは、事務職であっても電気工事に用いられる知識も必要です。

例えば、見積などを作成する際にどのようなパーツなのかを理解していれば、問題なく仕事をこなすことが出来ます。それに対して、電気工事に関する知識がほとんど無い場合は何をしてよいのかも分かりません。そういった意味では、専門職的な知識が必要ではあります。

具体的な志望動機としては、「もともと事務職が好きで安定した電気工事の仕事の関する事務職の仕事をしたいと思っていました。また、電気工事に関する事務職としての知識を有効に利用して仕事をしたいと思い御社を志望しました。」といった内容になります。

電気工事に関する営業の志望動機

電気工事についての営業の志望動機はどうでしょう。これは、自分が何が出来るかによって志望動機もかわってきます。同じような仕事の経験がある場合は、比較的スムーズに記載することができますが、まったく経験がない場合はいくつかのポイントがあります。

それは、なぜ電気工事に関する営業職なのかが重要になってきます。営業職とは沢山ありますが、その中で電気工事に関する営業である理由がはっきりしている必要があります。例えば、「電気工事について勉強するのが好きで、自分が勉強してきた電気工事に関する知識を使って電気工事についての営業職をしたいと強く思ったので御社を志望しました。」となります。

電気工事の志望動機で見られるポイント

電気工事の仕事内容・志望動機の書き方と例文|未経験/新卒の場合

電気工事で見られる志望動機のポイントはいくつかあります。一般的に言われるやる気なども見られますが、どれだけ電気工事の仕事をしたいかという理由が大切になります。なぜなら電気工事は、イメージしているほど楽な仕事ではありません。

時には重たいものを運ぶこともあり、腰などをいためる事もあります。それらに対してやる気でカバーできるだけの意思があるかが大切です。それがなければ、どんなに立派な志望動機を書いても採用担当者に見抜かれます。

あとは、体力に自信があるなども記載しても良いです。残業などは当たり前にやっている電気工事の会社は沢山あります。どのような会社でも対応できる志望動機とは、電気工事の仕事とその会社をどれくらい理解しているかによります。

よりPRになる志望動機とは

効果的な志望動機とは、実際に電気工事に少しでも関係する経験があるといった内容です。これは、直接電気工事の仕事をしていた事だけではありません。自分で趣味で電気工作などをした事のある経験が志望動機でPRとなります。

これは、少しだけ電気工作をやっただけなので無意味だと考えずに記載してみると、意外と書類審査に通るものです。また、電気工事に関する経験が少しでもある人は相当PRになります。ただし、入社してから問題にならないくらいのPRを入れた志望動機にすれば良いです。

電気工事とはどのような仕事でどのような志望動機が良いのか

電気工事の仕事内容・志望動機の書き方と例文|未経験/新卒の場合

電気工事とは、非常に体力を使う仕事です。人によっては楽なイメージをもっている方もいると思いますが実際には、体力勝負の仕事でもあります。その為、電気工事の志望動機も自分の体力に自信のあるような内容であれば好まれます。入社前から体力的に不安のある人は、採用されませんが逆に言えば体力と多少の知識や経験に自信があれば採用されます。

もともと電気工事は需要が高く無くなることのない仕事です。なので他の技術系の仕事と比べたら内定が出る可能性が高いとも言えます。電気工事をしたいと思ったら実際に自分が電気工事をしている事を想像して自分なりに志望動機や自己PRをまとめましょう。

そうする事で必ず面接に呼んでくれて採用してくれる電気工事の会社はあります。これは、他の職種とかなり違うところである意味電気工事で生活していくと決めたらコツコツ就職活動をしていれば電気工事の仕事は見つかります。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるかもしれません!

転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests