Search

検索したいワードを入力してください

【例文付き】食品製造の志望動機の書き方|雇用形態別の志望動機

更新日:2020年08月20日

食品製造における志望動機とは、どのようなものでしょうか。実際の食品製造の現場を知っている人と、そうでない人とでどれだけ差が付くのでしょう。履歴書に記載するべき食品製造の志望動機を正社員、アルバイトなどについて記事にしてみたので参考にしてください。

食品製造の志望動機の書き方

食品製造の志望動機の書き方は、どの程度食品製造に関して知っているかで内容が変わってきます。実際の食品製造の仕事は、厳密に衛生管理された工場内で仕事をすることになります。何か異物が食品に混入などした場合は、会社全体の問題にもなります。

そう考えると、志望動機も自分のやる気だけでなく、食品製造そのものをどの程度理解しているかで採用されるところがあります。志望動機としては、なぜその会社を志望したかや食品製造の経験がある理由、求人内容のどのような点に興味があるかなどを記載しましょう。あまりかたい表現はやめて要点をおさえた内容であれば問題ありません。

食品製造の志望動機例文

具体的な食品製造の志望動機としては、「ヨーグルトで有名な御社の工場で品質に気を使って製造の仕事をしたいと強く思い御社を志望しました。」などがあります。これは、非常に好まれる内容で、会社のことや食品製造の現場の事も記載してあるので好印象です。また、書類審査が厳しそうな会社であれば、もう少し工夫した志望動機が必要になります。

それは、ホームページやその他でその会社や食品製造に関して情報を収集してこれは使えると判断したものを含めた志望動機にすることで、相手を納得させることが出来ます。それは、様々な食品に関してのニュースなどから自分なりにこれからの食品製造に関しての将来像などをイメージして志望動機に記載するのも良いです。

履歴書に記載する具体的な志望動機

履歴書に記載する具体的な志望動機は、出来れば短く相手に伝わりやすいものが良いです。具体的には、「以前から食品製造に興味があり、今までの経験や知識をいかした食品製造の仕事をしたいと思い御社を志望しました。」などがあります。

これは、相手にとても伝わりやすい内容となっています。履歴書に志望動機を記載する時は、長い文章は嫌われます。理由としては、志望動機を記載するスペースがあまりないのと、長い文章にしてしまえば何を本当に言いたいのか分かりづらくなるからです。その為に履歴書に志望動機を記載する時に、必要最小限の内容で良いです。

面接カードの志望動機

面接カードに書く内容は、履歴書の内容を基本としたものにすることです。逆に同じような内容でない場合は、あやしまれることもあります。面接カードは、その会社が面接の時に用いるカードで面接中に履歴書と一緒に参考にするものです。非常に重要なものというわけではありませんが、履歴書と内容が矛盾している場合は面接の時につっこまれることになります。

せっかくの面接で、こちらからつっ込まれる内容を記載する必要はありません。また、面接カードは手書きで提出するのが普通ですが、出来れば落ち着いて記載して綺麗に仕上げましょう。面接カードの見た目はかなり重要で丁寧に記載すれば自分の気持ちも相手に伝わります。

面接時における志望動機

面接時における志望動機は、履歴書に記載した志望動機に追加した内容が良いです。例えば、以前から興味があった食品製造の仕事をしたいと履歴書に記載したのであれば、それにプラスして自分の一番興味のある食品製造を一生していきたいと面接で発言すると良いです。

これは、まったく履歴書と同じ内容だけを発言しても面接の意味がない為、追加的に自分の思いを相手に伝える為です。さらに、面接では緊張することが多々ありますがそのような時でも最低限相手に伝える内容としては履歴書の内容で問題ないです。ベストなのは、履歴書にプラスした内容で発言することですが、緊張しすぎた場合は履歴書と同じ内容だけでも良いです。

高卒や新卒、未経験の場合の志望動機

高卒の場合の食品製造の志望動機としては、経験がないので普段の生活の中でなぜ食品製造に興味があり志望しているのかを明確にすることです。それが、学校の勉強と関係していても良いです。また、新卒などは大学であれば学校の専攻がどのように食品製造につながっているかはっきりさせましょう。

大学で勉強した機械などに関する知識を更に勉強して食品製造の仕事をしたいというのは妥当な理由です。また、未経験の場合は今までの食品製造以外での経験がどのようなかたちで食品製造の仕事でいかせるかが大切になってきます。いずれの場合も自分には、記載できる志望動機がはっきりしないと考える前にどのような経験をしてきたかを考えることで志望動機が記載できます。

雇用形態別の志望動機

雇用形態によって志望動機は若干変わってきます。食品製造の場合は、雇用形態によって仕事内容も違ってきます。アルバイトであれば、誰にでも出来る仕事を任される事が多いので、志望動機もどのような仕事でも積極的にやりたいと言った内容が良いです。

また、正社員であれば、はじめのうちは現場での食品製造の仕事をしますがその後に食品製造の管理的な仕事をすることもあります。これは、より責任のある仕事になっていて特に食品の製造では、品質管理、衛生管理が重要になってきます。なので、正社員の志望動機としては、将来的には、責任あるポストについて衛生管理や品質の管理の仕事をしたいという内容でも良いでしょう。

パートの志望動機

パートの志望動機としては、食品製造の仕事内容を考えて記載すると良いです。食品製造のパートの仕事は、他の仕事と比べた場合長時間拘束されることがあります。このような状況になっても柔軟に対応できる人を採用したいと会社側は考えています。

なので、パートの志望動機としては、「自分のもともと好きな食品製造の仕事を出来る限りシフトを多く入れてもらい業務をさせてもらいたいと思い御社を志望しました。」などがあります。これを読んだ採用担当者としては、是非面接で話しをしたいと考えるのと採用して働いてもらいたいと思うでしょう。

アルバイトの時の志望動機

アルバイトの食品製造の志望動機は、体力に自信があると言えば問題ないです。食品製造のアルバイトは同じような作業を長時間行う仕事が多いです。また、体力的にもつらい仕事なので、志望動機としては「私は体力には自信があるので、御社で食品製造の仕事を体力をいかして長期にわたって仕事をしたいと思い御社を志望しました。」といった内容があります。

採用担当者としては、食品製造の仕事を理解していると判断するのと、採用を真剣に検討します。特に食品製造は同じ姿勢やきつい姿勢で仕事をすることが多いです。この点からしても、体力に自信のあることは採用を決める時の大きなポイントとなります。

正社員の志望動機の特徴

初回公開日:2017年08月31日

記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests