Search

検索したいワードを入力してください

【例文】運送業への志望動機の書き方|履歴書・面接時のポイント

更新日:2020年08月20日

運送業の仕事は色々な種類がありますが、特にドライバーや事務職の志望動機とはどのようなものでしょう。採用担当者の視点もふまえて、どのようにしたら好印象な志望動機が記載できるか記事にしてみました。運送業に応募される方は参考にしてみて下さい。

運送業の志望動機の書き方

運送業の志望動機は、他の仕事と比較して大変な仕事なので工夫した記載が必要です。ただ志望動機を簡単に書いているだけでは良い会社に内定をもらうことは難しいでしょう。採用担当者は、この人を採用した場合、安全運行を維持できるか確認してきます。

ですので、志望動機にも自分は安全であり信用できるといったニュアンスがあると良いです。また、他の人が書くようなありきたりの志望動機でも書類審査を通ることは難しいでしょう。さらにドライバー意外の仕事でも運送業の場合は、スピードと正確さを求められるので他の事務職とも少し違います。

本当に運送業の仕事をしたいのであれば、運送業の事をよく勉強してどのような人が必要とされているか把握した上で志望動機を記載しましょう。

してはいけない運送業の志望動機

運送業の事を勉強しないで志望動機を記載するのは良くないです。理由としては、他の業界と比べると厳しい環境で仕事をする業界なのでその事を理解しない志望動機は、書類審査の段階で落とされます。理想的には、厳しい環境である運送業界であるけれど、一生懸命仕事をして会社やお客の為になる業務をしたいと記載しましょう。

これは、運送業界の事を知らないと記載できない志望動機だと言えます。また、運送業界で仕事を少しでもしたことのある人はどのような状況なのか良く理解しています。それでも、応募する時はもっと経験のある人にも負けえない志望動機を書くためには情報収集です。最近ではネットで様々な情報が収集できて大手の運送業社も含めて極めて厳しい環境が続いています。

運送業の志望動機例文

運送業の志望動機の例文としては、「とにかくトラックが好きで、長時間トラックを運転してお客の大切な荷物を運送するドライバーの仕事をしたいと強く思い御社を志望しました。」などがあります。これは、採用担当側からするととても理解しやすい志望動機です。

逆に運送業界の事を理解しないで決意の感じられない志望動機を記載すれば、書類審査で落ちることになります。書類審査にあまりにも落ちる場合は、いくつかの志望動機を用意して様子をみるのも良いです。そうすることで運送業界の採用担当者の考え方が分かってきます。少しずつ志望動機を訂正していけば徐々に書類審査にも通ります。運送業社の数は相当多いので、何社か書類審査で落ちても他の会社があるので大丈夫です。

履歴書の志望動機

履歴書の書き方は、面接で話す志望動機とほぼ同じで良いです。内容としては、書類審査を意識するならやや強めの表現で分かり易い志望動機を履歴書に記載しましょう。面接では、履歴書に記載した志望動機に少しアレンジを加えて発言するようにすれば問題ないです。では、採用担当者が興味をもつ志望動機とはどのようなものでしょうか。

それは、他の人と同じような志望動機ではなくて、その人の特徴や性格があらわれている志望動機です。実際に履歴書に志望動機を記載するのは難しいと思う人は、その会社について調べてみるのも良いです。そしてその会社と自分との共通点を探して志望動機として使えそうな情報を入れることでより良い志望動機となります。

面接カードの志望動機

面接カードの志望動機は履歴書の志望動機を更に工夫したものにすると良いです。面接カードは、面接の時に採用担当者が使う書類なので面接を想定して内容にすることです。さらに、面接カードには志望動機意外にも趣味や家族構成などを記載する欄が結構あります。

これらを見てみて全体として面接で自分に有利になるように面接カードの内容を記載すると良いです。もちろんそれでも志望動機の基本的な内容は履歴書と同じ内容にしましょう。面接カード記載で工夫することとは、例えば趣味などを記載する場合、車の運転が趣味であると言えば、ドライバーの求人であれば喜ばれます。

それが趣味ではあるけどそれほど頻繁にドライブするわけではない時でも、趣味として運転を記載します。これは、応募する時のポイントですが、PRになると思われる事は是非記載して下さい。どこでどのようにその記載内容がいきてくるか分かりません。

面接時における志望動機

面接時における志望動機は基本的には、履歴書と同じ内容すれば良いですがそれに追加してオリジナリティーのある内容に柔軟に変えても良いです。その場で柔軟に変えても良いですが、面接の前から準備しておいても問題ないです。

つまり面接で志望動機をあえて聞いてくる理由としては、志望動機を再度確認したいのと本人の口から実際に志望動機を聞きたい為です。面接の場で柔軟に話しの流れを考慮して志望動機に色々追加して発言出来れば面接の場も盛り上がります。それが、面接で最も良い結果を残す為の方法でありどうせ面接を受けるのであれば、楽しく終わりたいものです。

どのように志望動機でPRするか

自分の事を客観的にみて、何をPRする志望動機にするか決めましょう。志望動機とは非常に短い文章になるのでその中で自分をPRすることは大切です。それは自己PRとは違って、自分の志望動機を記載してPR出来る内容も含むことが大切です。

具体的には、「インターネットで調べた御社に興味をもち今まで培ってきた経験をいかして御社でドライバーの仕事をしたいと思い志望しました。」などがあります。これは、自分の経験をいかせる仕事であると言うPRでもあります。また、一般的に必要な志望動機の内容も一緒に記載しているので非常に良いです。

未経験や新卒の場合の志望動機のポイント

未経験の場合は、運送業が自分にとってどのようなものであるかはじめに理解する必要があります。運送業が自分にとって一生の仕事の場にしたいのであれば未経験者であってもなぜ運送業に興味をもったかなどを記載することです。特に未経験者の場合は運送業に対するイメージにずれがあうと採用されない傾向があります。

なので、インターネットなどを用いて情報収集してより具体的に運動業に対するイメージをしっかりと持つことです。また、新卒の場合は自分なりの運送業に関する考えを持つことです。そこから発展してどのような志望動機を書くか具体的に決まってきます。それが、普通ではない理由で運送業に興味をもったとしても問題ありません。

運送業の事務職の志望動機

運送業の事務職には様々な仕事内容があります。いわゆる配車の仕事もあれば、普通の事務職の仕事をすることもあります。自分が応募している事務職の出来る限り詳しい仕事内容を把握することが大切です。

その上でどのような志望動機になるかが決まってきます。常に配車の仕事をする求人であれば、緊張感をもって車の位置を確認してどの車をどの場所に配車するか決める仕事をしたいと記載すれば良いです。また、伝票整理や一般的な事務職だけをする仕事であればコツコツと事務職をこなしていき少しでも効率良く事務的な仕事をしたいと思って志望したと記載すれば好印象です。

いずれにしても運送業における事務職とは重要な仕事であり環境的にも非常にきびしい仕事ですが、やりがいのある仕事なのでその内容を志望動機に入れると書類審査も通りやすいです。

各採用段階における志望動機とは

初回公開日:2017年09月05日

記載されている内容は2017年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests