Search

検索したいワードを入力してください

【医療事務】志望動機例|未経験/経験者/新卒/転職の場合

更新日:2020年08月20日

医療事務スタッフはの職業です。特に女性の人にがあり、結婚後も続けられる職業なので魅力があります。医療事務は特別な試験がいらない職業なので、様々な方が面接を受けますが志望動機に悩みます。未経験から経験者まで役立つ志望動機の例をご紹介します。

医療事務の仕事内容

医療事務スタッフの主な仕事は、病院やクリニックでの医療費の計算と患者様への対応です。専門性の高い仕事で事務だけではなく、人とかかわる接客業でもあります。医療事務は、一般事務のスキルと患者様との会話やコミュニケーション力が求められる職業です。

医療事務に向いている人

医療事務の計算は、医療機関に関わる重要な仕事なのでミスをすると大変なことになります。正確に細かい仕事ができるタイプの人に向いている仕事でしょう。そして、患者様と直接接することが多いので、明るく朗らかに人と接することができるタイプの人が向いているでしょう。

医療事務は働くのに必ず資格が必要な職業ではありません。しかし、有資格者の方が有利に採用される傾向があります。資格取得で学んだスキルは現場で役立つものが多く、できれば資格を取得してから就職探しをするのがです。

医療事務の志望動機例

医療事務や病院の受付へ就職を希望する時、志望動機はどのように書いたら良いでしょうか?具体的な志望動機例を見ていきましょう。

個人病院やクリニックから総合病院へ転職

小さな病院から規模の大きな病院へ転職を希望する時の志望動機を見ていきましょう。以前は、個人経営の整形外科にて患者様の対応や予約受付、カルテの入力、清算業務など基本的な受付業務をしておりました。

今後は事務仕事に加えて、より多くの患者様と接する機会があるので、丁寧で迅速な対応力をつけていけたらと思っております。クリニックで培った、知識を活かしあらゆる科のある貴院で医療事務の経験を積んでいきたいと考え志望しました。

未経験やキャリアが浅いケース

医療事務の経験が無い場合は、前職の経験が医療事務にどう活かされるかがわかる志望動機にします。前職は、飲食店でウェイトレスをしておりました。お客様への席案内や料理を提供し、レジ担当もしておりました。

日々お客様とコミュニケーションをとり、食後においしかったと笑顔で喜んでもらえる瞬間は、やいがいを感じられました。接客業で学んだ知識を活かし、より専門性の高い医療事務で知識を身に付け、今度は患者様に喜んでもらえるような仕事がしたいと思いました。

診療報酬請求や専門知識を学び、医療事務だからこそ得られる知識があります。以前、骨折した時総合病院に診察に訪れました。その時、医療事務の方が帰りのタクシー乗り場まで案内してくれ、心温まった経験があります。私も接客の経験を活かし、患者様に喜んでもらえる職業である医療事務を志望しました。

未経験・経験者の場合の志望動機

経験者の志望動機のポイント

ここでは経験者の人が転職をするケースでお話しします。今までの経験ではどのような患者さんと接し、どのような対応をしてきたのかをまとめた志望動機にします。受付業務をしたときの対応など、自分ならではの強みをアピールしましょう。医療事務に活かせるスキルを持っていれば、さらに強みになるでしょう。

経験者になると、自分が経験した科の種類で職業を選んだり、病院の規模で就職先を決める事が多いでしょう。そのような時、経験を活かして大きな病院でスキルアップをしたいことを伝えると印象が良くなります。

小さなクリニックを受ける場合は、患者さん1人ひとりと向き合って、丁寧に接する仕事がしたいなど、病院の規模によって変わる仕事内容のポイントを絞り、志望動機に盛り込みます。よく志望動機に使う「長く働けるから」と伝えることがありますが、これは応募者のメリットなので、志望動機としては弱い印象になります。

応募する病院のこだわっているアピールポイントを押さえて、そこを上手に志望動機に織り交ぜると好印象になるでしょう。

未経験者の志望動機のポイント

未経験者で医療事務職に転職をする時は、前職での経験がポイントになります。前職で積んだ経験が医療事務ではどのように活かせるか、新しい知識を吸収してどのような仕事内容にしたいかをアピールします。

医療事務は細かい仕事が多いので、コツコツと積み重ねる根気と、正確さを問われます。このあたりを上手に伝えられると印象が良くなるでしょう。

そして未経験者の場合は、医療事務の仕事内容が良くわからない事が多いでしょう。内容がわからないのに相手に伝えることはできません。

まずは、医療事務の内容を詳しく調べて、頭の中に入れることが大切です。そして、他の病院に患者として訪れた思い出話や、家族から聞いた話などを伝えると、この話がメインになってしまい採用されにくくなります。

この手の話をするのなら、希望している病院へ行って、実際に感じたことを志望動機にすると伝わりやすいでしょう。

未経験の場合は特に志望動機を誰かにチェックしてもらうべきです。医療事務の仕事をしている知人でもいいですし、いなければ転職エージェントなどを使うと履歴書の添削や面接練習などのサポートがあるので、それらを使いましょう。

次のページ:新卒・転職の場合の志望動機のポイント

初回公開日:2017年09月07日

記載されている内容は2017年09月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests