Search

検索したいワードを入力してください

【事務職】転職理由と志望動機例・未経験/無資格/新卒でも転職可能?

更新日:2020年08月20日

就職試験の真っただ中の人、これから転職しようと思っている人、事務職を志望するまたは転職する際の心構え、事務職になるための資格、就職・転職試験の際の履歴書などの書き方などをまとめました。事務職を希望する人の参考になればと思います。

事務職への転職は困難?

求人募集の割に応募者が殺到すると言われている事務職ですが、一般企業にもIT化が進み、それに伴い事務職の求人は減少傾向にあり、これからますます減少していくと言われています。その事から転職する際、事務職への転職はこれからどんどん困難になっていくと言われています。

そんな転職も厳しいと言われている事務職を、転職の職種に希望する場合に必要な心構えなどをみていきましょう。

みんなはどう思う?事務職への志望動機

転職する際、応募者が多いということはライバルがたくさんいるという事です。一般的に多くの人が書くような志望動機では採用側の目に留まる事は少ないのです。履歴書の項目でも志望動機はとても重要視される項目でもあります。周りと差が付く志望動機を考える必要があります。

志望動機の考え方

志望動機とは、どうしてそこで働きたいと思ったかだと思っていませんか?それ自体は正解ですが、相手の会社を褒める、だから自分も働きたいと思ったというのは、誰でもが書くことなのです。自分に何が出来るか、自分がどうなりたいかも合わせてアピールしましょう。

転職の志望動機の場合

転職の場合は前職を辞めてまで事務職に転職したいと考えた理由をアピールしなければなりません。理由や前職種は様々だと思います。しかし、残業が少ないから、給料がいいから、楽だからなどとはなかなか書くことが出来ません。

志望動機は自分をアピールする絶好の場だということを頭に入れて志望動機を考えなければなりません。一番いいのは自分のスキルアップなどに着目する事です。自分を高めるためにここの会社で働きたいと思ったとアピールできる志望動機を考えましょう。

未経験の場合の志望動機例

新卒に限らず、転職でもそうですが、事務職への就職や転職を志望する理由がなかなか見つからない事もあるかと思います。参考例です。

(例)
アルバイト先の事務員さんがいつも忙しくしていて大変そうだなと、思っていましたが、お話をする機会があったので聞いてみたところ、やる事がたくさんあって充実している、自分のスキルアップにもなるとのお話を聞き、少しずつお手伝いをするようになり、自分も事務職に就きたいと考えるようになりました。

一つの仕事だけを集中してする仕事があまり得意ではなく、知人の事務職就労者に話を聞いた時にやる事がたくさんある事、その分大変だけど変化の日々で充実して過ごしている事などに魅力を感じました。また、人とかかわる事がとても得意なので人と携われることの多い事務の仕事に興味がわきました。

どこまで話ていいの?事務職への転職理由

事務職に転職しようとして就職試験を受ける際に限らず、どうしても聞かれてしまうであろう前職場の退職理由ですが、上手に話をしないと悪い印象を与えてしまう事も確かなのです。

転職の就職試験を受けようとすると、最初に書類審査がある場合があります。履歴書や職務経歴書などに職歴を書く欄がありますが書類の場合は「一身上の都合により退社」で済みますが、就職試験の面接などで退職理由を聞かれると「一身上」ではなかなか終わりません。

事務職となると会社の顔になりうる場面が少なくないのです。なので退職理由、転職を考えた動機などもそうですが、採用になった際にきちんとまとまって話が出来る人かなどの判断も、転職の際の面接によって決まると言っても過言ではありません。面接の際に、相手に悪い印象を与えない様にする話の仕方について考えてみます。

どうして転職したいのか

転職希望の場合、退職の理由の多くは労働環境や人間関係です。応募者側がいかに劣悪な環境の会社で働いていたとしても、採用側が確認する術はないのです。そうなると、背びれや尾ひれを付けて話をしていてもわからないのです。

なので採用側としても、応募者側の話を鵜呑みにするわけには行きません。さらに、人間には感受性というものがありますが、少しの事を大げさにとる人なのでは?などと印象付けてしまう結果になりかねません。

そもそも労働環境や労働者の権利は、働いている人に平等に与えられているものですが、例えば自社のための功績が何もない状態の人に、権利ばかり主張されても受け取りがたいものなのです。権利の主張などばかりしていると「うちの会社に来てもこうなのか?」「トラブルメーカーになりそうだな」などと印象付けられてしまうのです。

退職理由はポジティブな物になるようにする

これは事務職に限った事ではありませんが、転職しようと思ったきっかけがネガティブな要素が強いと会社側にいい印象を与えません。

転職理由はいろいろあると思いますが、なるべく、自分のスキルアップや、もともと志望していた事務職の求人が出たからなどの明るい印象を与える物になるように努力しましょう。自分の希望の求人があったからの転職となれば、また印象も違ってきます。

面接が苦手などという人がいますが、自分は明るい未来を見ているとアピールする少ないチャンスの場なのです。転職は珍しい事ではありません。ですが、何か難があるのではないか?と疑ってかかられる事も少なくない事を心にとめておきましょう。

事務職は対人を相手にする作業、仕事が多い職種です。相手に伝わるような話を心がけましょう。

ネガティブな退職理由とは?

転職や退職の理由を聞いたときに、労働者としての権利などや、人間関係のもつれ、給料などの話はネガティブに取られがちです。前職場の実際がどうであったかは誰にもわからないのです。本人も嘘をついているつもりがなくても、感じていた事と実際に起こった事を回りから見ていたら違った印象になることもあります。

また、ネガティブな退職理由にとらえられてしまうと、採用しても「同じような問題が起きた時にこの人は辞めるんだな」と捉えられてしまう事があります。労働環境や人員が変わっても働く本人は本人なのです。

また、事務職に転職希望の場合、社外の人とも社内の人ともコミュニケーションがある程度必要とされます。コミュニケーション障害などと捉えられないような理由を考えましょう。

次のページ:就職試験前に少し頭の中を整理しましょう

初回公開日:2017年09月12日

記載されている内容は2017年09月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests