Search

検索したいワードを入力してください

事務職に応募する際の自己PRの書き方|不動産/薬局/総務/介護

更新日:2020年08月20日

競争率が高い事務職に応募する際に大切な事や、考え方の変換のコツなどを記載しています。誰もが悩む自己PRですが、事務職に関しての心得なども自己PRに盛り込むコツなどをまとめています。少しでも上手に自己PRが出来るように知識を蓄えておきましょう。

根強いの職種のひとつに事務職があります。求人募集の人数に対し、応募する人数が圧倒的に多く、競争倍率もとても高い職種と言えます。応募する理由は人それぞれですが、競争率が高いので他の人と一味違った自己PRが必要になります。

競争相手に差をつける自己PRで、自分をきちんと表現し、なおかつ採用につながるような自己PRを考えなければなりません。ライバルたちに少しでも差をつけて目指す仕事の事務職に就くための自己PRを考えて行きましょう。

自己PRについて

就職や転職をする際、必ず必要となるのが履歴書です。その履歴書には学歴や職歴、保有資格などを書き込むようになっています。学歴や職歴、保有資格などはやって来た事、持っている物を記載するので悩まずに済みますが、そんな履歴書の中でも悩むのは自己PRや志望動機です。

履歴書を購入する際、自己PRや志望動機の欄が小さい物などを選ぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。自己PRや志望動機などは自分をアピールする最高の場です。事務職の場合、学歴や職歴よりも重要視されることもあります。

「人にアピールできる自己PRなんてない」などと考えている方も多いでしょう。ライバルたちに差をつける絶好の場という事を忘れずに、どんなアピールが出来るか考えて自己PRに盛り込んでいかなければなりません。

自己PRに必要なもの

自己PRに必要なものは難しい言葉でも、丁寧で高名な文章でもありません。自己PRは相手に伝わる文章でいかに自分のいい所を伝えるかという事です。抜粋して書いてしまうと余計に難しく感じてしまうこともありますが、どんな事でも伝え方を少し考えれば自己PRになってしまうものです。

例えばとにかく子供が大好きな人だったら、子供好きではなく世話好きと言い換えれば見えてくるものにもだいぶ変化があります。ネガティブ思考だとしたら深く深く考えてしまう慎重なタイプとなります。自分で嫌いな部分でも裏を返して考える事で見える景色も大きく変える事が出来るのです。

これが明るい自己PRの秘訣です。

自己PRを考えよう

何を書いたらいいか迷う自己PRですが、そもそも自己PRには必要な要素があります。それはポジティブな要素です。

例えば「何かに集中してしまうとまっしぐらになってしまい回りが見えなくなってしまう事があります」などと書くと一つ預けると他の作業が出来ないタイプと取られてしまいますが「没頭して自分の納得の行くまで突き詰める事が好きです」と書き換えると、中途半端が嫌いで仕事熱心と取られる要素が強いです。

この様に深読みすると同じ意味に取れる文章でも最初に目にした時の印象はまるでかわる事もあります。ちょっとした文章能力で自己PRの取られ方も変わって来るはずです。事務職は人に説明をしたり電話などの対応で言葉を選ぶ事が多い職種でもあります。この文章力でしっかり自己PRするようにしましょう。

簡潔で完結にする

「文章には起承転結が必要だ」とよく言われる事がありますが、自己PRなどの欄は書き出すと狭く感じてしまったりすることがあります。

この場合、自己PRを端折って書く必要がありますが、極端に端折ってしまえば意味が通じないことにもなりますし、逆に終わり方に疑問が浮かんでしまう場合があります。自分で書いた自己PRを何度も読み返す必要があります。語尾につける接続詞を変えたり丁寧過ぎる言い回しを少し簡易的な物にするなどして短くてもきちんと伝えたい事をピックアップする事が大切です。

事務職の場合、業種にもよりますが、顛末書などを書いたり、説明書きなども作成したりする業務もあるので、伝わる文章が書ける事は自己PRにもつながります。

自分の向上心ばかりを訴えると野心家に見える

自己PRや志望動機に向上心を認めてほしくてスキルアップが目標と書いてしまう人が多く居ますが、自分のスキルアップを最前にだしてしまうと自分の事だけを考えている様にも捉えられてしまいます。向上心よりも前に出すのに望ましいのは好意や興味です。例えばスキルアップの為に転職するのと、業界自体に興味があって転職するとなると印象が違います。

お金の為に働くのと、子供を養うために働くのとは少し印象が違います。実質同じことなのですが、柔らかく、ポジティブにとらえる事が出来る表現を自己PRに盛り込むことが大切です。

業種や職種別の事務職の自己PRの書き方

業種や職種が違えば業務内容も変わります。もちろん会社が違っても業務内容にも差が出てきます。

事務の仕事が前の職場より楽になる場合、前の職場では別の課が請け負っていた業務を事務がやる事になる事もあります。業務内容は採用されて就労してみないとどんな事が仕事になるのかはっきりとはわからないのが実情です。出来る事を書いたつもりがこれしか出来ませんと書いて居る事と変わりなくなってしまう場合があります。

会社によっては事務職が経理や受付、さらには秘書的な仕事までする企業もあるのです。嘘はいけませんが、事務は幅広く仕事が出来る、もしくはなんでもやる意欲がある事を自己PRは伝える事が出来る場です。業種別に考えてみましょう。

不動産事務の業務

不動産会社の事務の業務内容
・契約書作成
・チラシ、POPなどの作成
・電話応対
・来客対応
・従業員の勤怠管理

賃貸の場合は入居時と退去時等にしかお客様に接する機会がないし、家や土地などはそうそう買ったり売ったりするものではありません。お客様に接するのは営業職がほとんどをやってくれている場合があるのでほぼ電話応対や書類は作成するけどどんな人が住んでいるのか購入したのかわからないなどの会社もあります。

他の業種に比べてお客様に会う頻度は少ないけれど、動くお金が大きいのでお客様も慎重になる事も多く、ちょっとしたことでも気になる場合も多い分野でもあります。

不動産事務応募への自己PRにはどの様な事を書くべきか

次のページ:職務経歴書において事務職経験は自己PRになるのか

初回公開日:2017年09月29日

記載されている内容は2017年09月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests