Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の生年月日の書き方|早見表/英語/計算方法

更新日:2022年08月08日

就職や転職、アルバイト先に提出する履歴書。いざ書き進めると生年月日は和暦?それとも西暦?どちらで書くのが正しいのか分からない。いまさら聞けない履歴書の年号の書き方と注意ポイント。履歴書序盤にある生年月日でどちらの年号を使用するのかで書き方が変わってきます。

履歴書の生年月日の書き方にルールはあるの?

就職活動、転職活動、アルバイトへの応募、人生の中で履歴書を書く機会はなかなか多いのではないでしょうか?いざ履歴書を書き進めていく中で、生年月日は和暦が良いのか西暦が良いのか、迷ってしまうことがありませんか?企業やアルバイト先に提出する履歴書の内容が正しい方法で書けているのかとても気になるでしょう。これから履歴書を書く際に悩まないよう、正しい生年月日の書き方をご紹介していきます。

年号は西暦と和暦、どちらを書いたら良い?

履歴書には生年月日をはじめ、学歴、職歴、資格等、年号を書く箇所がたくさんあります。この年号の書き方については、西暦でも和暦でもどちらを書いても大丈夫です。ただ一点注意しなければならないのが、生年月日、学歴、職歴、資格の年号は全て統一させるということです。

例えば、生年月日と学歴は和暦で書いているが、職歴と資格の年号は西暦で書いてあるとします。この場合、この履歴書を受け取った相手はどのように感じるでしょうか?もしかしたら「見づらい履歴書だな」と感じるかもしれません。また「相手のことは何も考えない人なのでは?」という印象を与えてしまうかもしれません。極端な例では「年号が揃っていないから時系列が分かりづらい。後で見ようかな。」と後回しにされてしまうかもしれません。

せっかく書いた履歴書が相手にマイナスな印象を与えてしまうと残念ですよね。履歴書を受け取った人が読みやすいと感じてもらえるよう、年号は統一させましょう。

西暦表記に向いている人は?

西暦表記は慣れているけれども、いざ和暦にすると今は一体平成何年なのか?と悩んでしまいませんか?意外と西暦表記が生活の中に多く取り入れられているので、和暦よりも西暦の方が身近に感じることが多くあります。

和暦にしたことで西暦の年と間違ってしまうのではと心配な方は西暦で生年月日を書くことをします。また、字を書くのは少し苦手だと感じる方ものちのち学歴や職歴、資格の年号を書くことを考えると、生年月日は西暦表記の方が良いでしょう。

和暦表記の注意ポイント

和暦表記の場合、注意ポイントが2つあります。まず、西暦と和暦の年が正しいか必ずチェックしましょう。間違った表記をしていると、時系列に矛盾が生じてしまいますし、相手に「細部にはあまりこだわらないのかな?」という印象を与えかねません。そのようなミスを防ぐためにも年号早見表を利用してチェックをしましょう。

2つ目は、昭和は「S」、平成は「H」といったように元号を省略すことはNGです。受験や病院の問診票に生年月日を書く等、生活の身近なシーンでこのように省略していることをしばしば目にすることはあります。しかし、履歴書は正式な文書です。少し手間だと感じたとしても、元号を省略すことなく、正しく明記しましょう。

簡単チェック!履歴書に書く生年月日の早見表

いざ生年月日を書く際、西暦で生年月日は分かるけど、和暦では一瞬考えてしまうことはありませんか?そんなときは、生年月日の早見表を利用すると簡単に確認できます。

和暦から西暦、西暦から和暦への変換も簡単に確認でき、生年月日をもとに中学校、高校、大学の入学・卒業年も確認できる優れものです。事前チェックはもちろん、履歴書を書き上げた後の見直しにも活用できます。インターネットで検索すると簡単に見つけられるので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

平成から西暦、西暦から平成へ変換してみよう

さっそく自分の生年月日を正しく変換してみましょう。いくつか生年月日の早見表がある中で、今回はこの西暦和暦年齢一覧表をご紹介します。

このサイトの早見表は一目で年号や元号が分かるようにまとめてあります。生まれた日によっては元号が途中で変わっている場合があります。例えば、生年月日が西暦1989年1月8日の場合、1月7日までは昭和天皇が即位していたため、元号は昭和となるが、1月8日以降は現在の平成天皇が即位したため、元号は平成へ変わります。この場合、平成元年1月8日と書くのが正しい書き方となります。

元年って?1年ではだめなの?

昭和から平成へ変わり、最初の1年目は平成1年ではなくなぜ平成元年と表記されるのでしょうか?天皇が即位し、元号に改まった最初の年は「元年」と表記されるのは昔からの習わしです。しかし、公的な機関や教育機関で発行される書類では「平成1年」と表記されることがあるようですが、コンピューター等で印字するもので、「元年」の表記が困難な場合は「平成1年」と表記していることがあります。一体どちらが正しいのか悩んでしまいますが、一般的に使われている表記は「平成元年」ですので、こちらを使用することをします。

英語の履歴書ではどのように生年月日を書くの?

英語の履歴書には大きく分けてイギリス方式とアメリカ方式の2種類があります。国や地域によって履歴書に明記する項目や考え方が異なりますので、それぞれご紹介していきます。

イギリス式の生年月日の書き方とは?

まずはイギリス式の履歴書Curriculum Vitae(CV)があります。イギリスだけではなく、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ヨーロッパ諸国等幅広い地域で使用されています。日本の履歴書のように決まったフォームはありませんので、自分でレイアウトを決め必要な情報を書いていきます。その情報の一つとして生年月日を書きますが、CVでは日本の履歴書の生年月日の書き方とは逆の書き方をします。日本では、年、月、日という順で書いていきますが、CVは日、月、年という書き方をします。

例えば、生年月日が1989年1月8日の場合、
Date of Birth: 08/01/1989
または、
Date of Birth: 08 January 1989
と書きます。

「平成」や「昭和」といった元号は日本特有の表記となるので、英語の履歴書の場合は、和暦表記ではなく西暦表記となります。

次のページ:履歴書の生年月日はどう数えるの?

初回公開日:2017年09月22日

記載されている内容は2017年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests