Search

検索したいワードを入力してください

営業事務の志望動機の例文|未経験/新卒/経験者・書き方や注意点

更新日:2020年08月20日

みなさん志望動機を書くときに、どのような点に注意して作成していますか?いざ書いてみようと思うと、意外とスラスラ書けないことが多いですよね。今回は営業事務の志望動機にフォーカスして記事を作成しました。これから志望動機を考えるという方はぜひ参考にしてください。

営業事務の志望動機と例文

そもそも志望動機とはどのようなものを指すのでしょうか。応募者によって志望動機は十人十色です。しかし共通している点は「なぜその業界を受けたいのか・なぜその企業を受けたいのか・なぜその職種に就きたいのか」この3点が志望動機に入っていることがポイントです。

事務職にもいろいろな職種があります。例えば経理や人事、総務や労務などです。しかしなぜその中でも営業事務職をやりたいのでしょうか。この動機をしっかり企業へ伝えられるよう志望動機を作成しないといけません。

応募者の中には、「企業規模が大きいから」「福利厚生がしっかりしているから」「賞与がもらえるから」と条件面で志望する人もいるでしょう。本音ベースでは何を考えてもOKですが、これをそのまま志望動機に記載するのはNGです。

企業は志望動機から応募者の「企業に対する熱意」を図りたいと考えています。そのためキャリア上の動機を記載することが重要です。

未経験の場合

未経験の場合、「なぜ営業事務に興味を持ち、今回志望するのか」を志望動機に記載すると良いでしょう。企業は今まで経験したことのない職種を志望する場合、そのきっかけとなった動機を知りたいと考えています。動機がしっかりしていないと、「単に内勤職や安定した仕事に就きたいのでは?」とマイナスイメージを持ってしまいます。

逆に未経験でも動機がしっかりしていれば、「経験がなくてもこの人になら任せても大丈夫だろう」と前向きに考えてもらえる可能性が高いです。

また今までサービス業や接客業がメインでPCの使用経験がない場合は、熱意があっても経験不足でNGになってしまうことがあります。社会人では単純に言葉で表せる熱意のみでは納得してもらえません。もし本当に未経験から営業事務職を志望するのであれば、パソコン教室や独学で、エクセルなどの最低限のPCスキルを身につけましょう。

新卒の場合

新卒の場合、当然ですがまだ社会人としての実務経験はないでしょう。それにも関わらず営業事務を志望するのはなぜでしょうか。

特に営業事務という職種は広報や人事といった企業の花形ポジションと比べると、どうしても地味な印象を抱きがちです。どちらかと言うと、営業の業務がスムーズに進むための縁の下の力もちポジションになります。

そのため、経験がない新卒の場合はしっかりとした「営業事務を志望する理由」が必要になります。しっかりとした理由を書くためには根拠が必須ですが、その根拠が実際体験したエピソードから成る方が好ましいです。イメージや想像から成る志望動機だと、実際に入社しイメージと違った場合「長く続けることができないのでは?」と企業に不安を抱かせてしまいます。

学生時代のバイトやサークル、インターン活動で経験した実体験を記載するのが好ましいでしょう。

経験者の場合

経験者が営業事務を志望する場合、前職でのキャリアがあるため志望動機に「キャリアの一貫性」が必要です。

キャリアの一貫性とは「現職or前職では営業事務として○○ができなかったが、志望する××では営業事務として望んでいる仕事ができる」という今までのキャリア上に同じ軸があるかどうかです。つまり転職理由が志望動機につながっていないといけません。

志望動機にキャリアに一貫性がないと、企業は「社会人として先のビジョンが見えていない」「自分の将来を真剣に考えずに転職活動をしている」といったマイナスイメージを抱きます。

自分の転職理由と志望動機を箇条書きにし、互いにリンク付けて作成すると良いでしょう。将来、営業事務としてどのようなポジションにつきたいのか、企業にとってどのような存在になりたいのかも最後に記載すると、より具体性が増します。

履歴書にはどう書く?

市販の履歴書に志望動機を書く場合はどのように書けば良いのでしょうか。市販の履歴書はフォーマットが決まっているため、志望動機の記載箇所が限られています。自分で作成する場合もバランスを見て書く必要があるため、営業事務の志望動機のみ大きなスペースを取るのは難しいでしょう。限られた範囲で簡潔に分かりやすく書くことが大切です。

では、どのように簡潔に分かりやすく営業事務の志望動機を書けば良いのでしょうか。面接でのポイントと重複しますが、まず「結論」から書いてください。そのあとに志望動機の根拠となるエピソードを記載すると分かりやすいでしょう。

根拠となるエピソードはもちろん営業事務につながる内容でないといけません。キャリア上の実体験から成るエピソードは説得力があり、相手にも伝わりやすいです。最後に例文を記載したのでぜひ参考にしてください。

面接ではどう話す?

面接で相手に志望動機を伝える時は、まず志望動機の結論から先に話してください。今回の場合、営業事務を志望する理由を指します。そのあとに「なぜ営業事務を志望するのか」の根拠となるエピソードを話すのが好ましいでしょう。だらだら長く話してしまうと、せっかく充実した内容でも相手に伝わりにくく、話の途中で飽きられてしまう可能性があります。

営業事務の志望動機を話す時間は約2〜3分くらいが良いでしょう。事前準備で、自分が考えた志望動機を実際話すと何分くらいになるのか把握してください。面接本番は緊張してしまう可能性があるので、実際に家でかかった時間にプラス数十秒と考えるのが妥当でしょう。

例文)営業事務の志望動機

A社の営業事務を志望した理由は、縁の下の力持ちとして社員をサポートする仕事がしたいと考えたからです。前職では営業職に配属されていましたが、もともと黙々と作業をこなす方が好きなので、営業事務として営業の人をサポートし、社内外全体のやり取りをスムーズに行えることに従事する方が自分自身のパフォーマンスを上げれると考えました。

営業事務は未経験ですが、また営業職として営業を経験しているので、ある程度の流れや役割を把握しています。御社の商品は普段から愛用しており、好きな商品を売っている営業の方々をサポートしたいと考え、今回志望しました。

学生時代から現在までパソコンを使用していたので、エクセル、ワード、パワーポイントも問題ありません。よろしくお願いします。

職種別の営業事務の志望動機の書き方や注意点

特定の業界に問わず、志望動機には「なぜその業界を志望するのか」を記載するのが好ましいです。特に現職から違う業界を志望する際は特に重要です。「なぜ異業界から、今回受ける企業の業界に行きたいのか」を企業は聞きたいと考えています。

また営業事務の場合、業界が変わっても具体的な仕事内容に大きな変化はないでしょう。そのため業界を絞らず、職種を絞って就職活動をする人が多いです。しかし業界が変わることによって必要となる知識は必然的に変わってくるので、下記を参考に志望動機を作成してください。

不動産業界

次のページ:転職、営業事務の志望動機書き方やアピールポイントなど

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests