Search

検索したいワードを入力してください

地方公務員志望動機の例文|経験の有無・職種別の書き方と注意点

更新日:2020年08月20日

地方公務員の志望動機を書こうとしても上手くかけないことありませんか?面接でも注意点はわかりますか?地方公務員は一般企業とは違うものなので志望動機もしっかりと考える必要があります。今回は志望動機や履歴書の書き方、面接での注意点についてご紹介していきます。

地方公務員の志望動機と履歴書の書き方・面接の注意点とは?

地方公務員に採用されるためには、学力試験だけではなくて履歴書や面接なども大切です。自分自身がどんな人でどのような事をしてきたのか知ってもらうことが必要になってきます。その中で一番大切なことは志望動機です。履歴書には必ず記入欄がありますし、面接でも必ず聞かれます。志望動機や履歴書の書き方、面接の注意点をご紹介してきます。

地元出身

地方公務員にとって地元出身ということは大きなアピールポイントになります。国家公務員と違い地方公務員はその地域のために働く仕事です。ですからなぜこの地域で働きたいのかと聞かれても地元出身ですと答えやすいです。

例えば志望動機でしたら、生まれ育った地域だから、生まれ育った地域を支えるために働きたい、といったように履歴書に記入すれば十分納得のいく志望動機となります。面接では履歴書に記載したように地元出身であることを強く伝え志望していると話しましょう。

また地元出身以外の人と差をつけるために、自分が子どものころから知っている行事や場所やそこでの地域の人とのかかわりを話し、実際に自分も携わってみたい、職員となって地域を盛り上げたいと話すと面接官に親近感を持ってもらえます。一緒に働きたいと共感してもらえるように、とにかく生まれ育ったこの地域が大好きなことを伝えましょう。

地元以外

地方公務員は地元以外が不利かといえばそうではありません。地元以外だからこそ客観的にその地域を見ていることもあります。志望動機の例としては、その地域の政策や取組に魅力を感じるから、自資源が豊富だったり伝統的な産業がさかんでさらなる発展が見込めその発展に貢献したいからなどがいいです。

面接では地元以外であることはあまり触れずに、この地域の政策や経済的可能性などに触れなぜ自分がこの地域を志望したのかをきちんと伝えましょう。

地方公務員の経験の有無別の志望動機の例文とは?

転職・社会人

転職の人の中でも地方公務員の経験がある人、一般企業に勤めていたことがある人の2つのパターンに分けて志望動機をご紹介していきましょう。

まずは地方公務員の経験がある人です。志望動機としては経験があるので書きやすいです。以前所属していたところの経験を具体的に志望動機に盛り込みます。

例えば税に関する部署であったらそこの部署で任されたこと、地域の人と接して苦労したことなどを挙げ、それに対して自分がどのように対処したのかを話します。雇う側は、地方公務員の経験があり根本的な仕事の内容を理解しているとみられるので好感度は高いです。

次に一般企業に勤めていた人の場合です。地方公務員ではありませんが、同じ社会人としての経験があるので志望動機を話す上でアピールすることがたくさんあります。

営業職だった人は自分の実績を話し、相手とのコミュニケーション能力に優れていることを話しましょう。その能力は地域の人との関わりで発揮できると志望動機につなげ、地方公務員の経験がなくても十分生かすことができると自信を持つことができます。

事務職をしていた人は、パソコン入力が早いことやワード、エクセルがどこまでできるかを具体的に話します。難しいグラフや表計算などスピーディーにできることがあれば話しましょう。それだけでは地方公務員の志望動機につながらないので、もっと地域を支える仕事がしたいことを伝え、事務仕事であってもできることはあると経験もアピールしましょう。

新卒・高校

新卒の人や高校生で地方公務員の志望動機を考える時はどうすればいいでしょうか。

新卒の人は学生時代に取り組んでいたことを具体的に説明し志望動機につなげると良いです。例えば、学生時代人の役に立ちたくて地域の介護のボランティアに参加した、児童の読み聞かせのボランティアに参加した、というように地域の役に立ちたいという気持ちをアピールしましょう。実際に活動していたことは大きく評価されます。

高校生の人は新卒の人よりは経験が少ないですが、部活動やボランティア活動をしていたらそのことを盛り込んだ志望動機にするといいです。例えば、部活動を3年間続けられたことは継続力があるといえます。部活動の中で仲間との団結力や問題があったらきちんと話し合いをした解決力もあるといえます。部活動で培った能力を地方公務員になっても生かすことができるといいましょう。

部活動をしていなくてもボランティアなどの課外活動をしていたらそれも志望動機につなげることができます。

地方公務員の職種別の志望動機例文とは?

共済組合志望

共済組合は公務員の公的社会保障を運営する機関ですので、地方公務員の生活を支える側となります。志望動機は、地域のために働いている公務員の生活を支えたいというような文面にすると好感が持たれます。

初級

初級の志望動機としては、地域の人との関わりを盛り込んだ方がいいです。地方公務員上級よりも初級の仕事の方がより地域と密接にかかわることが多いためです。

例えば、この地域に愛着を持っていてそこで暮らす人々の生活をよりよいものにしたいと考えています、としてもいいです。またボランティア経験などがある方は、地方公務員と地域との関わりが大切なことを学びその経験を活かしたいと考えている、と話せば具体的な志望動機となり好感が持たれます。

保育士

保育士の志望動機として、経験の有無で言い回しが変わってくるのでそれぞれご紹介します。

まず他の施設で保育士の経験がある方は、何年勤務してどのような事を培ってきたのかを具体的に話します。子どもたちのささいな変化にすぐ気づける、日々気配り目配りを心がけて保育してきた、保護者とのコミュニケーション能力があるなど保育士としての経験が活かせることをアピールしましょう。

そして地方公務員として保育士になりたい理由としてはその地域の子育て支援の考えに共感したなど同じ姿勢を持って保育をしたいと強く伝えるといいです。

保育士の経験がない方は、子どもが大好きで子どもに携わる仕事がしたいと志望動機に盛り込みます。保育士の経験がない分他の経験を話します。

例えばサークルで子どもと関わったことがあることやボランティアで保育園を訪れたことがあることなどです。子どもと全く関わりのなかった人は運動部に所属していて体力はあり子どもと元気に遊ぶことができると保育士の仕事につながるように言いましょう。

次のページ:自信を持って地方公務員の試験を受けましょう

初回公開日:2017年10月25日

記載されている内容は2017年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests