Search

検索したいワードを入力してください

病院就職の志望動機の例文|経験の有無・職種別の書き方と注意点

更新日:2020年08月20日

病院にはたくさんの職種の方が働いています。志望動機の大筋はどの職種も変わりませんが、それぞれに少しずつ大事なポイントが異なってきます。志望動機はライバルに差をつけられる貴重なアピールの場です。重要ポイントを押さえて、難しい病院への就活を乗り越えましょう。

ここを注意!病院就職の志望動機の書き方

数多いるライバルとの競争を勝ち抜くために最も差がつくのが志望動機です。そして、採用担当者が最も重要視するのも志望動機でしょう。

どんな職種にしても、志望動機で大切なことは、この病院に自分が就職したらこれができる、この病院で長く働くためにこの資格をとりたい、この病院で自分の実績をこのように生かせる、という熱意を示すことです。これは、応募先が病院だから特別というわけではありません。

履歴書に誤字脱字がないことはもちろんですが、相手が読みやすいように適切な志望動機を書き、自分のアピールポイントと常識を示しましょう。

他の病院での経験や実績によって志望動機も変わる

新卒・未経験の志望動機

まず、就活において新卒者の志望動機の書き方は以下のようにします。結論を書く→希望する職種への志望動機→希望する病院への志望動機→就職したらやりたいことやできること→熱意のアピールや決意表明を記入しましょう。この書き方であれば、新卒者らしいフレッシュさと理路整然とした思考をアピールできます。

新卒の就活では、転職のように、「これまでの経験を活かして」「○○の経験・実績があります」といった書き出しができません。その代わりに、その業界・〇〇病院に進みたいと思ったきっかけは何か、自分にはこんな強みがある、就職してこんなことがしたい、という気持ちをアピールしましょう。

また、その病院における自分をイメージして、将来の自分を見据えた志望動機を書きましょう。

転職の志望動機

病院の職種別志望動機例文を見てみよう!

看護師の志望動機

看護師の志望動機は以下のように書きます。

高校生のときに入院した経験をきっかけに看護師の道を目指そうと決意しました。担当してくださった看護師が素晴らしい方で、私も不安を抱えた患者さんの心に寄り添い、精神的なサポートができる看護師になりたいと考えています。

貴院には、高い専門性とケアサポートで県内外からも多くの患者様が訪れており、看護師として貴重な経験をつめると感じております。看護師として成長できる環境で働きながら、医療に貢献したいと思い志望させていただきました。

急性期病院と慢性期病院との違いを生かす

急性期病院と慢性期病院では、志望動機にも若干の違いが出てきます。

急性期病院は高度で専門的な医療を行い、 患者さんの年齢層は幅広く、 入院期間は短いことが特徴であるのに対して、 慢性期病院は急性期後の継続的な治療を行い、 患者さんは高齢者で長期入院が多いという特徴があります。

急性期病院での看護師は、突発的な業務も多く、迅速な対応が求められます。また、高度で専門的な医療を行っており、看護師として着実にスキルアップできます。

一方、慢性期病院は基本的に予定入院で、急変も多くありません。そのため、患者さんひとりひとりとじっくり向き合って、 患者さんに合わせた看護ができます。

その病院の特徴を知り、それに合った志望動機を書きましょう。

薬剤師の志望動機

薬剤師の志望動機は以下のように書きます。

薬剤師として調剤実務を身につけながら、薬理についての研究発表にも取り組んでいきたいです。また、幼い頃から人と接することが好きなので、患者様とのコミュニケーションにも前向きに取り組めると感じています。

貴院はスタッフ数が多く、実務未経験でも働きながら研修体制がある部分にとても魅力を感じ、貴院でなら実務経験を積みながらスキルアップができると考え、応募させていただきました。

放射線技師の志望動機

放射線技師の志望動機は以下のように書きます。

放射線技師として貴院でスキルアップしたいと考え、応募させていただきました。病院見学に来たときに、貴院が新人教育に力を入れられていると感じ、業界の中でも患者から高い評価を得ている理由が分かりました。

また、診療放射線技師の育成支援が充実していて、学会発表を行ったり、さまざまな認定取得に対する支援を行ったりと、積極的にキャリアアップ・スキルアップができるとお聞きしています。貴院に就職すれば、未経験の新人でも経験を積み、医療スタッフや患者様に必要とされる診療放射線技師になれると感じています。

臨床検査技師の志望動機

次のページ:病院に就職しよう!

初回公開日:2017年10月25日

記載されている内容は2017年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests