Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の研究課題の上手な書き方・系統別の注意点と例文

更新日:2020年08月20日

履歴書は企業側と顔合わせをするまえに送るものですが、履歴書でどれだけ自分のことをアピールし知ってもらえるかが重要です。今回は、一般的な履歴書の書き方とポイントを例文と合わせてご紹介します。初めて履歴書を書く人はぜひ参考にしてみてください。

履歴書の書き方を知ろう

日本の就職活動では、基本的に志望する企業に履歴書を送ります。企業側と顔合わせをする前に送るわけですから、履歴書でどれだけ自分のことをアピールし、知ってもらえるかが重要です。今回は、一般的な履歴書の書き方とポイントを例文と合わせてご紹介します。初めて履歴書を書く方は、ぜひ参考にしてみてください。

履歴書を書く前の注意点

手書きかパソコンか

履歴書を実際に書き始める前に確認すべきことがあります。それは、手書きと指定されているのか、あるいはパソコンで作成可能であるかです。手書きの履歴書と指定がなければ、パソコンで作成しても構いません。

しかし、履歴書を提出させる採用担当者の意図として、手書きの履歴書から人物像をイメージするということも考えられます。どちらとの指定がない場合はできるだけ、手書きで書くことをします。

また、手書きの場合、鉛筆やシャープペンシルの使用は厳禁です。黒色のペンかボールペンを使用しましょう。書き間違えた場合は、修正液での訂正は印象が悪いので、最初から書き直しましょう。

パソコンで作成する場合

パソコンで履歴書を作成するときは、履歴書フォームをインターネットでダウンロードして作成することをお勧めします。自分で作成したものが市販のものと内容が異なると、書きたくない項目を削除しているのではないか、とマイナス評価に受け取られる可能性があるので注意しましょう。

応募企業に向けた履歴書を書く

採用担当者に興味を持ってもらう履歴書にするためには、応募企業が求めている人材を理解し、そこで生かせる経験や知識をアピールする必要があります。志望動機も応募企業向けの具体的な内容になるように工夫しましょう。このため、返送された履歴書を他の企業に使いまわすのは良くありません。また新しい履歴書作成しましょう。

ゆっくり丁寧に書く

丁寧な文字で書かれた履歴書は、第一印象を良くします。急いで書くと誤字脱字や読みにくい文字になるので、時間に余裕をもって作成しましょう。長年履歴書を見ている採用担当者はちょっとしたミスでもすぐに気が付きます。日ごろ使っている略字にも注意しましょう。

また、資格や賞罰など書く事がない場合には「特になし」と記入しましょう。「空欄=記入漏れ」と認識されることを防ぐためです。空欄なく記入された履歴書の方が、誠意ややる気を伝えることができます。

基本的な履歴書の書き方

書き始める前の注意点を確認したところで、次は基本的な履歴書の書き方を覚えましょう。

基本情報の書き方

①提出日を記入する
履歴書には郵送または持参する当日の日付を必ず記入しましょう。一般的に西暦ではなく元号を使います。

②氏名とふりがなははっきり書く
氏名は姓と名前の間に空白を作っておくと見やすいです。ふりがなは、履歴書のフォーマットに記載されている表記に統一しましょう。

③証明写真は3ヶ月以内に撮った写真を使う
採用担当者の第一印象に大きな影響を与えるので、スーツを着用し、顔の表情がよく分かる髪型である写真が望ましいです。原則、3ヶ月以内に写真店で撮影したものが良く、一般的なサイズは2.4×3cmか3×4cmです。

④確実に連絡の取れる連絡先を書く
電話欄がひとつしかない場合は、固定電話より携帯電話の番号を記入しておいたほうが良いです。

学歴や職歴の書き方

①学歴
履歴書全体で西暦か元号表記かを統一します。原則、最終学歴の1つ前の学歴から記入し、学部や学科、コース名なども書いてください。また、応募職種で生かせる専攻・研究テーマはさらに詳しく書いておくとよいです。学校名は、略さず正式名称で記入することに注意しましょう。

②職歴
学生で職歴がない場合は「なし」と書いておきます。また、在学中のアルバイトについては記入しなくてよいです。

志望動機の書き方

志望動機は、その人が何を求めてそこに就職しようとしているのかを示す部分です。以下3点が自分の言葉を使って書かれているかがポイントです。

①なぜその業界を志望するのか。同業他社が数多く存在する中で、あえてその会社を志望する理由など。
②なぜその仕事を志望するのか。
③その仕事をする上で、自分は会社にどう貢献できるのか。

次のページ:履歴書に書く研究課題の書き方

初回公開日:2017年10月25日

記載されている内容は2017年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests