Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の誤字の訂正の仕方・やってはいけない修正・合否への影響

更新日:2020年08月20日

履歴書で書く内容を間違った、という経験を持つ人は少なくありません。履歴書はビジネス的に正式な書類として扱われます。正式な書類に誤字はいけませんので基本的には書き直しますが、予備がない時には修正を行います。履歴書における正しい修正法について説明しました。

履歴書の正しい修正方法とは?

履歴書を作成する際に、誤字が発生することは特に珍しいことでありません。しかし、履歴書は採用に関わる大事な書類なので、誤字をした時には正しい修正法で修正する必要があります。それでは、履歴書における誤字の正しい修正法についてお伝えします。

書き直し

履歴書を作成する時に書く内容を間違えて誤字が生じた場合、ビジネスマナーとしては書き直しが基本です。最も正しい誤字の修正法は書き直しなので、修正というのはしないことが望ましいです。新しい履歴書を用いて全てを書き直すことは、履歴書によって面接官に悪い印象を与えるリスクを軽減できます。

しかしながら、書き直したいけど履歴書の予備がないという事態も考えられます。止むを得ない場合、許される範囲の修正を行うことになります。しかし履歴書の間違いは書き直すことが最も正しい行動とされるため、履歴書を作成する前に3枚以上コピーしておくと良いでしょう。

履歴書を貰う時に好きな枚数貰える場合は、3枚以上貰っておくと万が一間違えた時も安心です。

修正印を使う

履歴書の誤字修正をする場合、修正印(訂正印)を用いた修正は許容範囲となりますが、この修正印は面接官にとって印象の良いものにはならないこともあります。すなわち、印象が悪くなって採用候補から外される可能性が生じることがあり得ます。修正印を用いて修正する際は、採用率が下がる可能性を踏まえた上で修正しましょう。

履歴書の予備がない場面は、修正したい誤字部分に二重線を引いてから、線の上に修正印を示す判子(じぶんの苗字の判子)を押します。そして、正しい内容を二重線をした誤字部分の上に記します。修正印は、この後に再び修正不可ということを表すために使います。

正式な書類では誰が修正したのか分からないとダメなので、この履歴書を書いた人が訂正したと示すために二重線と修正印を記載します。

やってはいけない修正方法もある

誤字の正しい修正法があるということは、ダメな誤字の修正法もあるということです。では、やってはいけない修正法とはどんな方法なのでしょうか。

修正液・修正テープ

ビジネス的な正式書類として扱われる履歴書は、修正液や修正テープで修正してはいけません。日常の中で起きた文書上の誤字では修正液や修正テープが役立ちますが、履歴書の誤字では、誰が修正液や修正テープで修正したのか分からないため、書類上の信頼性が下がるといわれています。

ビジネス的な正式書類は、間違いなく正しく記載する必要があります。正式な書類を正しく記載できない人は常識に欠けるとして、採用候補にならないこともあり得ます。明らかに間違えたと察せられる部分があったり、誰が修正したのか分からない部分がある履歴書の提出は控えましょう。

砂消しゴムで消す

正式な書類は、基本的に訂正不可です。そのため、砂消しゴムで消すことはビジネスマナーに反します。履歴書はボールペンなどの消しゴムで消せないペンで書くことが決められていますが、その理由は修正できない書類にするためです。砂消しゴムは通常なら消せないボールペンを消せる便利なアイテムですが、履歴書の修正では使ってはいけません。

「バレない」と考える人もいますが、砂消しゴムは消しゴムよりも硬いため跡が残りやすく、大抵の場合、分かってしまいます。

カッターで削る

消したい部分にカッターを横に滑らせて削り消すといった修正法も存在していますが、これはビジネスマナーとして問題のある行動です。会社に勤めることになって正式な書類を取り扱う時、そういった修正法を実行した状況をイメージしてください。

たとえ本当にただの間違いを修正したかっただけでも、客観的に見ると不正の行動に見えてしまいます。ビジネスマナー的には不正に値しますが、カッターなどで削って修正するといった修正法は、人間性も疑われかねない行動として扱われます。履歴書を含む正式な書類を修正するにあたり、削るといった方法を実行するのはやめましょう。

誤字ミスの程度で修正方法を考える!

間違えた程度で、どのように修正するのかを考えてみましょう。履歴書の誤字は、1文字程度のこともあります。その場合も書き直しをしないといけないのでしょうか。

間違えた!書き直しはしないとダメ?

次のページ:誤字の影響について

初回公開日:2017年10月20日

記載されている内容は2017年10月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests