Search

検索したいワードを入力してください

【就職活動】ビルメンの志望動機の書き方・例文|未経験/新卒

更新日:2020年08月20日

色々なケースにおけるビルメンテナンスの志望動機の書き方とはどのようなものでしょう。ビルメンテナンスは結構やってみたい人の多い仕事になりますが、実際に志望動機を記載する時の注意点を例文とともに記載してみたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ビルメンの志望動機の書き方・例文

ビルメンテナンスの志望動機の書き方は、ビルメンテナンスに対してどのようなイメージを持っているかによって違ってきます。ビルメンテナンスの仕事はシフト勤務で体力的にもつらい事実があります。そのような状況の中で資格取得もする必要があり、しっかりとしたビルメンテナンスに対する考えを持っていないとできない仕事です。

志望動機としては、ビルメンテナンスに対して自分が持っている考えや思いをまとめることです。例文としては、

「以前から大変興味のあるビルメンテナンスの勉強を仕事以外の時間でもして、早く一人前のビルメンテナンスのスタッフになりたいと思い御社を志望しました。」

となります。

未経験の志望動機

未経験の場合のビルメンテナンスの志望動機は、ビルメンテナンスと自分との接点をどのように見つけるかがポイントとなります。まったく経験がなくても、技術関係の知識などがあれば、志望動機に入れることはできます。具体的な例文としては、

「学校で身に付けて工学系の知識に、さらにビルメンテナンスに必要とされる技術について一生懸命学びその知識を用いてビルメンテナンスの仕事をしたいと思い御社を志望しました。」

となります。まったくの未経験でも学校で理科などの科目は受けた事があると思います。そこで工学系に興味がありビルメンテナンスをしたいと言えば、採用担当者も理解してくれます。

新卒の志望動機の書き方

新卒の志望動機の書き方としては、大卒であれば学校で勉強した事との関係を考えましょう。もしも機械系の勉強をしてきた人は、その知識がそのままビルメンテナンスに活かすことができるので素直に記載すれば良いです。例えば、

「学校で勉強したビルなどの配管について大変興味があり、ビルというさまざまな機器や機械の集合体である建物を取り扱うビルメンテナンスの仕事をしたいと思い御社を志望しました。」

となります。採用担当者は、このように記載した応募者に対しては、面接で具体的にビルメンテナンスのどの点に興味があるか聞いてきてくれるでしょう。

転職の志望動機の例文

転職の場合のビルメンテナンスの志望動機の書き方としては、自分のキャリアから考える必要があります。ビルメンテンスでなくてもメンテナンスの仕事をしてきた人は、ビルメンテナンスの志望動機はとても書きやすいでしょう。

そうでなくても、技術系の仕事をしてきた人でも対応しやすいのがビルメンテナンスの志望動機です。注意点としては、ビルメンテナンスと自分の経験してきた技術系の仕事との関係をよく理解しておくことです。具体的な志望動機としては、

「今まで培ってきた電気設備に関するメンテナンスの知識をもとに、ビルメンテナンスについてより知識を身に付けて仕事をしたいと思い御社を志望しました。」

となります。

面接の受け方

ビルメンテナンスの面接の受け方にはいくつかの注意点があります。特に志望動機を伝える時は、一貫性のある志望動機を言えると良いでしょう。面接の際中に自分の志望動機が変わるようでは採用されない時もあります。

基本的な面接の受け方としては、予想される質問に対して事前に準備しておき、面接の時にはその準備した内容を基本として柔軟にこたえられるようにすることです。ビルメンテナンスの仕事は確認作業がかなり多いです。日々同じような仕事の中で問題がないか確認してビルの異常を早く察知することができる必要があります。

ですので、面接でもしっかりと自分の言いたいことを要点をおさえて言えるようにすると好印象です。

ビルメンの面接の特徴

ビルメンテナンスの面接の特徴としては、同じことを繰り返し聞いてくる傾向があります。それは、ビルメンテナンスの仕事はシフト勤務が多く体力的につらいが大丈夫か聞いてきます。

自分に体力的な自信がある人は堂々とそのように伝えれば良いですが、あまり自信がない人でもビルメンテナンスの仕事をしたいのであれば、体力的には大丈夫ですと言うと良いでしょう。また、ビルメンテナンスの会社の中にはあまり待遇面で良くない企業もあります。

このような企業の中で長期にわたって仕事をすることができるかも採用担当者は聞いてきます。

好印象な面接の受け方

好印象な面接の受け方としては、ビルメンテナンスという技術系の仕事の関係もあり、はっきりと自分の考えを伝えることができる必要があります。ビルメンテナンスの仕事は、シフト勤務の中で申し送りがあり、自分の担当した時間帯に何があったか明確に伝える必要があります。

そのような時にしっかりと報告できる人が必要とされていて、もしも問題があった時でも説明ができる事が求められます。面接では、話しの中でこのような基本的なコミュケーション能力も見てくるので意識してはっきりと発言するようにしましょう。

ビルメンの採用担当者の考え

ビルメンテナンスの採用担当者は何を考え面接をしているのでしょう。それは、一つとして数多くある技術系の仕事の中からなぜビルメンテナンスなのかを知りたがっています。考え方によっては、ビルメンテナンスは退屈な仕事と思う人もいます。

そのような仕事に対して積極的に毎日取り組める人を採用したいと考えています。ビルメンテナンスの面接では、採用担当者側に立った視点で考えて自分らしいPRができれば問題ないでしょう。また、採用担当者は資格取得に関してどの程度の意欲があるのかも聞いてきます。

これは、仕事上必要なものなので資格取得に積極的な人は好印象になります。

履歴書の書き方

ビルメンテナンスの履歴書の志望動機は、面接の時の内容と大体同じで良いです。ただし、履歴書に記載する志望動機は、面接も含めて一貫性があるものにしましょう。

大切なことは、面接でも履歴書でも他の提出書類でも同じような志望動機を記載することがポイントとなります。履歴書に記載する時は、スペースが限られてきるので最初にどれくらいの文字数にするか考えた上で記載内容を決めます。

ビルメンテナンスの志望動機は、自分の経験からビルメンテナンスを志望しているのか、他の理由で志望しているのか明確にしましょう。

ビルメンの志望動機の注意点

ビルメンテナンスの志望動機の注意点としては、現場の事を考慮しないで志望動機を記載するのは、やめた方が良いです。ビルメンテナンスの現場は、時間的にもきつい時間帯で働いたり残業が続く時があったりと体力的にもつらい仕事であることもしっかりと理解しておきましょう。

その上で志望動機として、自分の夢をかなえるために入社したいという気持ちや、他の会社と応募している会社との違いにひかれて志望している旨記載すれば良いでしょう。

次のページ:ビルメンの志望動機の他の職種との違い

初回公開日:2017年10月26日

記載されている内容は2017年10月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests