Search

検索したいワードを入力してください

面接での履歴書の渡し方・封筒の注意点・クリアファイルの活用

更新日:2020年08月20日

面接で履歴書を渡し方がわからない、渡すタイミングがわからないという人もが多いです。履歴書を持参するときに注意する点や渡し方やタイミングについてまとめました。履歴書の渡し方やタイミングに悩んだときは、この記事を参考にしてください。

面接での履歴書の渡し方とマナー

面接での履歴書の渡し方やマナーはどうしたら良いのか、悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。履歴書の渡し方が悪かったという理由だけで不採用になる可能性は多くはありませんが、マナーのある履歴書の渡し方は印象はぐっと上げることができます。面接での履歴書の渡し方やマナーを知り自信を持って面接に臨みましょう。

履歴書の書き方

履歴書を書くときにもマナーがあります。マナー違反があると印象が悪くなってしまいますので、マナー違反のないように記入することが大切です。

新卒

新卒で履歴書を書く場合、学校指定の履歴書を使うように指示がある場合があります。市販のものとは違い、新卒の学生が自己アピールしやすい内容を書ける内容になっています。大学生協などで買うことができるので、少し多めに購入しておくと良いでしょう。

履歴書を記入しているときに書き間違えをしてしまった場合、二重線で訂正したり、修正ペンや修正テープで修正してはいけません。もし書き間違えをしてしまったら、新しい履歴書で最初から書き直しましょう。

新卒の場合、学校指定の履歴書を使うように指示があった場合は、そちらを使うことが望ましいですが、封筒は履歴書を折らずに入れることができるサイズがあればそちらを使用することをします。

転職

転職の場合は、履歴書だけではなく履歴書には書きれない詳細な内容を書くために職務経歴書も作成しましょう。履歴書の職歴は、入社年月と退社年月、会社名の情報しか書くことができません。

転職の場合、会社は即戦力になる人を求めていることが多いため、職種は違っても似たような経験をしたことがあるか、またどんな経験をしてきたかということを見ています。

例えば、営業事務の経験をした人は営業事務とだけ書くのではなく、納品書の作成、請求書の作成、顧客先に納入する消耗品の発注業務、官公庁へ提出する書類の作成といったように実際に行っていた業務内容まで詳細に記入したものを作成します。

また、会社に対して何か貢献した内容があれば、自分がやった業務により売上が○%アップした、顧客数が○人増やすことができたなども記載します。面接時は、履歴書を持参してくださいとだけ言われることもありますが、自分の経験をよりアピールすることができるので、職務経歴書も作成しておくことをします。

アルバイト

アルバイトの場合は、曜日や時間で必要なところにシフトに入れる人を探していることが多いです。そのため、どんな経験をしてきたのかというより、面接する側の会社が希望している時間帯や曜日に勤務できる人なのかという部分が重要視される傾向があります。仕事のできない曜日や時間帯がある場合は、本人希望欄にその旨を記載しておくと良いでしょう。

履歴書を渡すときのマナー

履歴書を持参する場合は、必ず封筒に入れて持っていくようにしましょう。履歴書を何も入れずに持っていってしまいますと、途中で折れたり汚れたりしてしまうことがあります。汚れたり、折れ曲がった履歴書は印象を悪くしてしまいます。履歴書を渡し方のマナーの1つとして、面接官にきれいな状態で履歴書を渡せるようにしておきましょう。

面接で履歴書を渡すタイミング

面接で履歴書の渡し方やタイミングがわからない人もいるでしょう。面接会場についたら席まで案内されます。席まで移動したらお座りくださいと言われるまでその場で立ったまま待ちます。面接官よりお座りくださいという言葉がありましたら、持参したカバンは床の上に置き、椅子に座ります。

履歴書の渡し方は、面接官より「履歴書をお願いします」と指示がありますので、指示があったら履歴書を出して渡します。

面接で渡す履歴書の封筒の注意点

次のページ:履歴書はクリアファイルに入れて封筒に入れる

初回公開日:2017年10月24日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests