Search

検索したいワードを入力してください

大学事務の志望動機の書き方|経歴別/勤務形態別の例文と注意点

更新日:2020年08月20日

大学事務の求人に応募したいけど、志望動機をどう伝えていいか分からないという人は、多いはずです。そんな人に志望動機の例文と注意点を紹介します。志望動機だけではなく、社会人としてのマナーや身だしなみも、大学事務に就くためには必要です。

大学職員の仕事は何?

大学職員は、「先生や学生のサポートをする」大学の裏方の仕事になります。学生の就職相談にのるとか、大学の図書館の業務など、複数の仕事があります。また、大学では、留学生の受け入れも多いです。

担当部署によっては、留学生の住まい探しや、銀行口座の開設のお手伝い、ビザの取得や更新手続きをサポートしたりすることもあります。

大学がもっとも力をいれていることは?

近頃は子供が少なく、大学は増えてきています。そのため、大学によっては志願者の定員割れをおこすこともあります。志願者を増やすために、学生募集を担当する職員は高校生に対して、大学の説明会をおこなっています。

また、厳しい世の中ですから学費が未納になるケースも多いです。学生が、授業料が払えないだけの理由で、退学にならないサポートをする必要もあります。

大学で働くなら、「語学」や「パソコンスキル」も必要ですが、コミュニケーション能力があり複数の仕事を素早くこなせることも大切です。

大学事務の志望動機の書き方の例文とは?

履歴書に書く一番重要なことって何?

大学事務に応募するなら、志望動機には、「どうして、大学職員になりたいのか?」「○○大学を応募したのはなぜか?」という一番重要です。志望動機は、共感する理念をもっている大学で学生のサポートをしたいなどが考えられます。志望動機の例文を紹介します。

貴校の卒業生が、いろいろなところで、活躍していることに興味をもちました。公式サイトを拝見したところ、社会貢献できる人材育成する理念に共感しました。貴校で、大学事務職員として、生徒のサポートをしたいと応募しています。

面接の注意点って何?

大学事務の面接で、中途採用なら、これまでのキャリアが、どのように職員として役立てていけるかをアピールします。新卒で、大学事務に応募するなら、「複数のことも同時にこなせます。」など、自分ならできることをアピールします。

面接官に、「この人となら一緒に働きたい」と思わせることが、採用への道です。

経歴別の例文・注意点って何?

大学事務(転職)に応募する志望動機とは?

転職で、大学事務に応募するなら、自身のこれまで、培ってきたキャリアを、どう大学に貢献できるかをアピールします。志望動機の例文を紹介します。

前職は、コールセンターに勤め、お客様や同僚とコミュニケーションをとりながら、仕事をしてきました。大学事務は、生徒と先生との応対もあるはずですが、ものおじしなくて、業務をこなせます。

大学事務に就いたら、与えられた仕事をするだけではなく、積極的に先輩たちのお手伝いもして、戦力になるように頑張ります。

新卒の志望動機の例文はどう書く?

新卒で、大学事務を希望する場合は、「学生時代の経験と、そこから何を学んだか」という点がポイントです。自らの経験を通じて、志望動機をアピールできることも、採用の近道になります。志望動機のテンプレートを紹介します。

○○大学で、就職するために、よい成績を残そうとがんばってきました。就職するために必要なスキルや知識は、貴校が開催のキャリアスクールに参加して、準備できました。

教育を受ける機関としてだけではなくて、社会人として、必要なスキルを提供してくれる貴校の取り組みに共感しています。学生と年齢も近いことから、学生と同じ目線で、サポートをしていきたいと考えております。

未経験で大学事務になりたいなら?

次のページ:志望先・勤務形態別の例文・注意点とは?

初回公開日:2017年11月06日

記載されている内容は2017年11月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests