Search

検索したいワードを入力してください

転職の履歴書の志望動機の例文・なしの場合・業種別書き方

更新日:2020年08月20日

転職したいと考えたことはありませんか。転職の履歴書の志望動機はどのように書けばいいでしょうか。業種もさまざまですし、経験してきた仕事によっても書き方は異なります。今回は業種ごとの志望動機や経験があるかないかなどに分けてご紹介していきます。

転職の履歴書の志望動機の例文とは?

転職する時の履歴書の志望動機はさまざまあります。その応募する職種が未経験の仕事なのか、経験ありの仕事なのかによっても志望動機は変わってきます。それぞれに分けて転職の履歴書の志望動機をご紹介していきます。

経験のある仕事

転職で経験のある仕事への応募は、いかにその仕事をこなしてきたか、経験したことを履歴書にアピールしましょう。例えば事務職でしたら、エクセルの表やグラフを1日にどれだけ作成してききたか、または何分で作成してきたかを細かく書き、貴社でさらに活躍したいというように、向上心があることも盛り込んだ志望動機にすると好感が持たれます。

営業職でしたら、ノルマをここまで達成したことや、成績が優秀だった方は、その経験を生かしたいと書きましょう。営業職ですとコミュニケーション能力が見られるので、他の職場の人とも上手に付き合ってたことを志望動機でアピールして、転職先でも上手くやっていく自信があることを履歴書に盛り込みましょう。

未経験の仕事

転職で未経験の仕事への応募の場合は、過去の経験との結びつきを考えた志望動機にしましょう。例えば、事務職をしていて営業職に応募する場合は、事務職の時に営業職から依頼を受けて仕事をしていて、迅速にグラフや表を作り頼りにされていた、などです。

事務職の大変さもわかっているので、自分が営業となっても上手に対応し、仕事をすることができると、前向きな言葉で履歴書に書きましょう。

転職の履歴書の志望動機はなしで出すとNGか?

履歴書の志望動機の欄がないからといって、空欄で出すと印象は悪くなります。転職ともあれば仕事の経験があるので、職務経歴書を作成します。その部分に経歴を書きながら志望動機につなげるのはいかがでしょうか。

職務経歴をたくさんの文で埋めて、志望動機を少なくしてもいいです。転職なので、履歴書の志望動機よりも、どんな仕事を経験してきたのか実績を重視する人もいます。

転職の履歴書の志望動機の書き方のポイントとは?

転職ですので新卒の志望動機とは異なります。まずはなぜ転職したのかを考えて、志望動機に結びつけましょう。

例えば、同じ業種に応募する場合、今までの会社では大きい組織のため自分ができることは限られていた。それに加えて意欲が低い社員が多く、モチベーションも上がらなかった。御社の場合は、社員一人ひとり仕事がしっかりと与えられ、少人数ながらも自分の仕事に責任を持って取り組むことができると感じたから志望します。このように自発的に仕事をしていきたいことを履歴書にアピールしましょう。

違う業種に転職する際の履歴書には、新しいことにチャレンジしてみたい、前の会社で社会人としての責任を学び、いろいろな仕事を任されるようになったので、今度は自分が本当に好きな仕事をしたい、というように前向きな言葉を履歴書に書きましょう。

業種別転職の履歴書の志望動機とは?

転職といってもさまざまな会社や業種があります。業種によって転職の履歴書の書き方は異なりますし、その業種を経験してきたのか、してないのかでも志望動機は異なります。今回は4つの業種に分けて履歴書の志望動機をご紹介していきます。

看護師

看護師経験があるか、ないかで履歴書の志望動機は異なりますので、それぞれ分けてご紹介していきます。

まずは看護師経験がある方です。数年勤めてからの転職の場合は、その理由を志望動機に盛り込みます。例えば、もっと設備の整った病院で勉強したい、高度な医療患者を受け入れている病院で働いて勉強していので応募した、など前向きな理由で転職したことを履歴書でアピールしましょう。

看護師経験がない方の志望動機は、なぜ看護師の仕事に就きたいと考えたのかを具体的に履歴書に書きます。例えば、これまで一般企業の事務職に勤めていた場合、人の役に立つ仕事がしたくて看護師になりたいと志望動機に盛り込みます。

また、祖父母が入院した時に働いている看護師の姿をみて、明るく患者さんに振る舞う姿に元気をもらったので自分もそのようになりたい、など前向きな姿勢を履歴書に書きましょう。転職で全く違う業種でも、看護師への熱意が履歴書に込められていたら伝わります。

事務

事務職ですと仕事内容は似ている場合もあるので、転職の履歴書には会社の製品や、取組など会社の魅力を感じたことを志望動機に盛り込みます。事務職の経験がある方は、エクセルやワードなど、使える技術をしっかりとアピールして今の会社では使う場面が少なく、もっと活用したいというようにポジティブな言葉にして志望動機にしましょう。

事務経験がない場合、実績はないものの、パソコンの資格があればそのことをアピールして、十分使える人間であることを自信をもって履歴書に書きましょう。普段からパソコンを使い、タイプも早いなど、自分ができることを具体的に履歴書に書きましょう。

介護

介護職の経験がある方は、具体的な仕事内容を志望動機に書きましょう。例えば介助度合いの高い人を介護した経験があったらその経験を生かしたい、職員同士のコミュニケーションが重要なことを学んだので入居者の些細な変化も共有していきたい、など経験したからからこそ言えることを履歴書に盛り込みましょう。設備が整った施設で介護の仕事を極めたいなど向上心がわかるように志望動機を書きましょう。

経験がない方は介護職に就きたい理由を具体的に言いましょう。祖父母の介護を通して介護の仕事への興味が出てきた、営業の経験があって人と接することが好き、人のためになる仕事がしたい、など前向きなきっかけを書くと好印象です。

保育

次のページ:未経験の職業への転職の履歴書の志望動機とは?

初回公開日:2017年11月09日

記載されている内容は2017年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests