Search

検索したいワードを入力してください

横書きの履歴書用封筒の正しい書き方と例・数字の書き方

更新日:2020年08月20日

履歴書で使う横書き封筒の正しい使い方に悩むことはありませんか?大学指定の封筒が横書きの場合も多く数字の表記の仕方や住所の書き方、履歴書在中の文字の位置に悩みますよね。今回は横書きの封筒の時の数字や住所の正しい書き方と押さえたいポイントについて紹介します。

宛名の書き方と注意点

宛先を書くとき送り先の下に御中や様、殿などの敬称をつけます。しかしこの敬称のつけ方を正しく知らずになんとなくつけている人は多いのではないでしょうか。間違った使い方をしている人も正しい敬称のつけ方を知って正しい宛先の書き方を学びましょう。

御中の使い方とは?

宛先を書く際に「様」をつけたらいいのか「御中」とつけたらいいのか敬称に悩む人が多いです。御中は個人名義当てではなく、会社や部署などの団体当てに送る場合に使う敬称です。

したがって〇〇会社御中〇〇様という表記の仕方は間違っており、宛先が会社名・部署名で終わる場合に御中とつけ、会社名の続きに個人の名前が続く場合は様のどちらかのみをつけましょう。

差出人の正しい書き方とは

横書き封筒の場合は差出人の情報は裏面の右下に書きます。そのときに左から右、上から下へ読み進めるように書きます。内容としては郵便番号・住所・名前を順番に書きその後大学名や学部などの所属組織について記載します。

また、書類を郵送した場合は消印もついて日付がわかりますが、投函した日付も封筒の裏側に書くのが正式な手紙の書き方です。封筒を糊付けした後に〆のマークか割印をし、その下のむかって左上部分に日付を記入するようにしましょう。

横書きの時の数字の書き方と注意点は?

横書きの時に一番表記に悩むのは数字ではないでしょうか。算用数字かそれとも漢数字か正しい表記はどちらなのか悩む人も多いでしょう。また住所を普段省略した書き方をしている人は「-(ハイフン)」の使い方や書きかえ方も悩みどころになります。横書きの時の数字と記号の正しい使い方について見ていきましょう。

算用数字を使う?

そもそも算用数字とは「0,1,2」といったアラビア数字のことをさします。従来日本では書類は縦書きがほどんどでしたので数字を記載するときも漢数字が使われてきました。しかし現在は縦書き横書きのどちらでも良いものが増えたので漢数字と算用数字がごちゃ混ぜになっているケースが少なくありません。

一般に縦書きに数字を使う際は漢数字を使い、横書きの場合には算用数字を使うとされています。

日付を書く時は

投稿した日付を記入する際には横書き封筒を使っていますので、日付は横書きで「○月○日」と記入しましょう。そのときの数字は算用数字で構いません。場所は封筒裏面の左上の部分になります。

郵便番号の書き方は

郵便番号は封筒に枠が印刷されている場合、その中に算用数字で記入しましょう。枠が右下に印刷されている封筒もありますが、この場合は縦書きの封筒と同じように記入して大丈夫です。枠が印刷されていない場合は住所の上に郵便番号を記入するのが一般的です。封筒左上に貼る切手の横に書きましょう。

郵便番号の記入は全て算用数字で行い、枠がない横書き封筒に郵便番号を記入する時は〒マークを書かずに数字3桁ハイフン数字4桁を書くのが一般的とされています。

住所の数字の書き方は

次のページ:履歴書在中の正しい書き方

初回公開日:2018年01月25日

記載されている内容は2018年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests