Search

検索したいワードを入力してください

横書きの履歴書用封筒の正しい書き方と例・数字の書き方

更新日:2020年08月20日

履歴書で使う横書き封筒の正しい使い方に悩むことはありませんか?大学指定の封筒が横書きの場合も多く数字の表記の仕方や住所の書き方、履歴書在中の文字の位置に悩みますよね。今回は横書きの封筒の時の数字や住所の正しい書き方と押さえたいポイントについて紹介します。

横書きの履歴書用封筒に宛先住所を書く場合、住所の番地などは横書きの表記に合わせて算用数字で書くと良いでしょう。しかしハイフンを使うなどして省略することなく○丁目○番地○号ときちんと正式な住所を書く必要があります。

住所は封筒の中心線より左側から書き始め必要に応じて段落を分けましょう。一般に建物名・部署名は分けるとされていて、部署名の下の部分に個人担当の宛先を書くとされています。

履歴書在中の正しい書き方

履歴書用封筒の一番の特徴は何と言っても封筒に「履歴書在中」と記入することでしょう。中に入っている書類が一目見てわかるようにするために赤字で書き、定規を使って四角く囲む必要があります。では横書きの封筒の場合はどの位置に記入すればいいのでしょうか。

正しい位置は?

横書きの封筒の場合「履歴書在中」という文字は表面の右下に書きます。スペースがあれば横書きで一行で書きましょう。履歴書の他にもエントリーシートを同封するケースもありますが、その際は履歴書と書いた下にエントリーシートとも記入しさらにその下に在中の文字を書き赤い枠で囲みましょう。

履歴書の横書き封筒の書き方を知って自信を持って就活しよう

履歴書用の横書き封筒は、普段使う場面が少なく、さらに就職活動に置いて大切な役割を果たす履歴書を提出するという大役を担っているので身構えてしまいます。

しかし、難しく考えすぎず正しい横書き封筒への記入ポイントを押さえてさえいれば、縦書きの封筒と同じです。横書きの封筒の正しい書き方を知って自信を持って就職活動に臨みましょう。

初回公開日:2018年01月25日

記載されている内容は2018年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests