Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の退職理由の書き方・派遣や契約社員の場合の書き方

更新日:2020年08月20日

履歴書に記載する退職理由はどう記載すれば良いでしょう。派遣社員や契約社員の場合などで書き方も変わるところがありますが、いくつかのポイントを知っていれば困ることは無いでしょう。この記事を参考にして問題のない履歴書の退職理由の書き方を知ってもらえればと思います。

履歴書の退職理由の書き方

履歴書の退職理由の書き方としては、必要に応じて記載しましょう。あまりスペースがなくて退職理由を記載することができない時は、無理して書くことはないです。また、退職理由について記載するように指示があるものは、意識して記載する必要があります。

書き方としては、履歴書には一身上の都合により退職と書けば済む場合もあります。これは、こまかいことは面接で話すことになるので、このように記載しても具体的な理由を言えるようにしておきましょう。さらに、自分が理由で退職したのではない時は会社都合により退職と履歴書に書けば良いです。会社都合でマイナスのイメージになる事はないでしょう。

会社都合など

会社都合などで退職した場合の書き方の注意点としてあまりこまかな事まで履歴書に記載することはないです。極端にこまかく長い文章で退職理由を書いてしまえば、会社側もより詳細を聞いてくるケースもあります。

退職理由が会社都合でもコンパクトにまとめた内容で履歴書に記載すればそれで十分に相手に伝わります。会社都合には色々な種類があり、大規模なリストラで退職した人もいれば、業績悪化によるものまでさまざまです。

会社都合の場合は、ケースによってはあまり言いたくない内容もあります。このような時は無理して会社都合の退職理由を書く必要はなく、会社都合で退職とだけ記載すれば良いでしょう。

派遣・契約社員で退職した場合の履歴書の職歴欄の書き方

派遣、契約社員で退職した場合の履歴書の職歴欄には、あまり短い期間の勤務の会社は記載しなくても良いでしょう。もちろん、何かのきっかけで聞かれることがある時は、しっかりと退職した理由を答えられる必要があります。

履歴書の職歴欄に退職した会社を記載する時は、派遣や契約社員を分けて考える企業である場合は、派遣社員で仕事をしていたといった内容を職歴欄に記載しましょう。その上で、会社を書いて会社名の横に退職と普通に書けば良いです。

契約社員も同じで会社名の横に退職と記載すれば良いです。履歴書であまり会社名などが長くなる場合などは、株式会社などを(株)などと省略して記載しても問題ないです。

入社など

履歴書の職歴欄に入社を記載する時は、何月何日と記載して会社名、入社と書きます。特にこまかい事は気にする必要はありません。基本的には、契約社員でも派遣社員でも入社、退職は記載します。

特に、契約社員、派遣社員などで経験を色々と積んでいる人はPRになるので履歴書に記載しておきましょう。また、最近では契約社員や派遣社員の比率が非常に高くなっている関係で、派遣社員や契約社員だったからと言ってすぐに不採用になるケースは少ないでしょう。

大切なことは何をその会社で経験してきたかであって雇用形態が全てではありません。

正社員試用期間で退職した場合履歴書に書く必要はあるのか

正社員を使用期間で退職した場合は履歴書には記載する必要はほとんどありません。ただし、自分の判断でこの会社を何かの理由で記載した方が良いと思ったら書くようにしましょう。

記載しなくても良い理由としては、短期間で退職した場合はなぜ退職したのかをこまかく聞かれることがあり、マイナスのイメージになりがちです。まだ、正社員にもなっていない会社を記載することで面接などでシビアに質問をされることがあるので、試用期間中の退職については省いても良いでしょう。

最近では、採用側も応募者に大切な情報を教えないで採用するケースもあり、入社して数か月で実は問題のある企業であったというのがわかる事が多いです。そのため試用期間中の退職は省く人も多いです。

1ヶ月後の退職

入社してから一カ月で退職した場合は、試用期間中であるということもあり履歴書には記載しなくても大丈夫でしょう。会社によっては、何かで調べてあなたが試用期間中に退職した経歴があることを質問してくるかもしれません。

そのような時は一カ月の退職であれば、入社した会社に問題があり退職せざるをえなかったと説明すれば良いです。厳密なところまで考えると会社が情報開示をしなかったことが原因で一カ月で退職する場合は、退職者に問題があるわけではありません。

そのため素直に会社の言っていた内容と違った会社であったので退職したと面接で言えば良いでしょう。

2ヶ月での退職

2か月で退職することになった会社の取り扱いも1か月と同じです。まだ正社員にもなっていない時に、何かの理由で退職した場合は履歴書に記載しなくても大丈夫でしょう。

もしもそれが原因で職歴を改ざんしていると言われても、しっかりとした理由で退職したと言えば良いです。2ヶ月くらいで退職することになるのは、企業とのミスマッチが原因の一つです。

考えてみれば、今は正社員で働くことが難しくなってきているので企業とのミスマッチも良くあることです。会社側も隠す情報があるのに対して、応募者も全ての情報を開示しなくてはいけないという理由もありません。このあたりは柔軟に考えて対応しましょう。

3ヶ月での退職

3か月で退職した企業がある場合は、履歴書に気になる人は記載しなくても良いでしょう。ただし、こちらの面接で聞かれることがあったらしっかりと説明できれば問題ないです。

どのような理由で退職することになったかについては、企業側の立場に立って考えて言えることがポイントとなります。しっかりと準備して入社した企業が入ってみたらまったく違った仕事をさせられたなどの事も良くあります。

そのような状況になれば、長期的に働くことは難しくなります。最近の正社員の採用が少なくなっている現状からわかるように、仕事場での環境も厳しくなっています。そのことが原因で早く退職した会社を全て記載していたら切りがないので省略することもあります。

履歴書への退職見込みの書き方

履歴書に今働いている企業の退職見込みを記載する時は、何月何日、会社名、退職見込みと書きましょう。もしもはっきりとした退職日は不明な場合は、大体の退職予定日を記載して履歴書で

「退職日はまだはっきりはしていません。」

と記載すれば良いです。また、面接で聞かれた時は、しっかりと自分の転職活動の状況とともに退職日について採用担当者に伝えましょう。退職日がはっきりしていないことは多々あるので、気にすることではありません。

履歴書への退職時の給与月額の書き方

履歴書に自分の退職時の給料月額を記載する時は、平均的な給料を書きましょう。あまり高い時の給料を記載しても意味がありません。採用担当者が見たいのは、どの程度の給料であったか把握してこれからの給料の参考にすることです。

そのためあまり高い給料を書いてもあやしく思われることもあるでしょう。また、高い給料をもらうということは、その分仕事も高い品質の仕事を要求されるので注意が必要です。もしも自分に自信があっても、高い給料を欲しいといった理由で退職時の給料月額を高くしないようにしましょう。

履歴書での書き方の退社と退職の違い

一般的には退社とは毎日の仕事を終えて家に帰ることを意味します。それに対して退職とはその会社辞めることを意味するのでしっかりと使い分ける事が必要です。履歴書で間違えた使用をしていると、ただでさえ間違えやすい言葉なので面接で聞かれることになります。

特に退社とは二つの意味があり、会社を辞めることも意味することもあります。人によっては意味を理解しないで使用していることもあるので、はっきりと使い分けができるように理解しておきましょう。

アルバイトで退職した場合の履歴書の書き方

アルバイトで退職した場合も、アルバイトをしていた会社名の隣りに退職と記載すれば問題ないです。最近では、アルバイトもしっかりとした経験として見てくれる企業も増えてきているので、このアルバイトは書いた方が良いと判断したのであれば記載しましょう。

採用担当者は履歴書の退職理由をどう見るか

初回公開日:2017年11月10日

記載されている内容は2017年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests