Search

検索したいワードを入力してください

大学中退とは履歴書に書かないほうが良いのか・書き方・理由

更新日:2022年08月10日

大学中退した事を履歴書に必ずしも書かなくても良いのだけれど、可能な限り書いておく方が適切です。その際に理由も付け加えておき、詳細まで書き込むべきです。それが後々自分自身のためになってきて、仕事やアルバイトの面接に行く際に助けてくれます。

大学中退とは履歴書に書かない方がいいのか

大学中退した後にどこかで仕事やアルバイトをするために、履歴書を書く際に学歴の部分にはできる限り大学中退も書いておくべきです。それはやはり自分がこれから働く所で、さまざまな社員の人とも関係を築いていくから自分の事をなるべく知ってもらう方が良いためです。本当に書きたくない理由が無い限りは履歴書に大学中退を書いておくと良いでしょう。

初めて履歴書を見せた時にはほとんどの場合で大学中退のついて突っ込まれるのだけれど、事前にどういう言い方をすれば切り抜けられるかを考えておくと良いです。話の内容によっては相手も話を止める可能性があるから、どの質問が来ても良いように対策を練っておく事が大事になっています。

書き方

履歴書の大学中退の書き方としては、○○大学中退とすれば全く問題はありません。その理由としては履歴書に長々となぜ中退したかを書いたとしても相手に良い印象を持たれない事が多く、その仕事やアルバイトの合格するかどうかにも関わってくるため、大学中退の詳細は無理に書かなくても良いです。

もし履歴書に大学中退の理由を書きたいとするならば、なるべく端的な文章で終わらせるよういにするべきです。それはやはり長文で書かれると相手も読む気が徐々に薄れてきて、本当に言いたい事が伝わらなくなってしまうためです。だから実際に理由を書くにしても、長さを考えなければいけません。

アルバイト

アルバイトの際の履歴書に大学中退の事を書く時には、○○大学中退が最もスタンダードな物になってきます。アルバイトをする事に関しても実際に履歴書に大学中退の事を書かなくても良いですが、アルバイト先としてもどれだけ仕事の日数を入れる事ができるかで相手の事を知りたいから、やはり○○大学中退だけでも書いておく方が適当です。

特にアルバイトに関しては人手を求めている事もあり、経歴などを重視していないから大学中退していたとしても大丈夫です。充分に働く事ができる身体があれば採用してくれる所が多いため、実際に大学中退していたとしても積極的にアルバイトをしていくと良いです。だから大学中退した事だけに捉われ過ぎないようにするべきでしょう。

仮面浪人

アルバイトをする際には仮面浪人をしている人で今通っている大学に籍を残しているならば、大学中退と履歴書に書かなくても良いです。それはやはり大学に籍が残っている際にはまだその大学の学生と認識されためです。だから実際に大学中退をしていない際には、その事を履歴書に書く必要性は全くありません。

実際に他の大学に試験を受ける時には履歴書に大学中退をはっきりと書かなければいけないです。なぜなら現在大学に在籍している際に他の大学の試験を受ける事はできず、大学中退している事を証明する必要があるからです。だから大学に在籍している状態で他の大学の試験を受けたい場合にはまず大学中退をして、そこから履歴書に書けば問題はありません。

大学中退と履歴書について

大学中退をした事は履歴書に中々書きにくくなってくる物だけれど、それでも履歴書に自分の字として残す事が大事になっています。それはやはり面接の際に口頭で伝える事も良い方法だが、履歴書に先に書いておき、事前に伝えておく方が適当なため大学中退を履歴書に書き残すべきだからです。

大学中退して再入学したときの履歴書の書き方

大学中退して再入学したときの履歴書の書き方は、なぜ再入学したかの理由の部分をできる限り詳細に記載するべきです。それはやはり大学の面接官としても一度大学中退したはずだけれど、再入学して来たら不思議に感じるためです。だから履歴書に理由を書き連ねて、少しでも大学の面接官を納得させられるようにするべきです。

実際に履歴書に理由を書く際には一般的な内容の事を書いたとしても大学の面接官に自分の気持ちを伝える事はできないため、なるべく自分の言葉で書くべきです。自分の書いた事に気持ちがちゃんと乗っていれば相手の心に響いてくる物があるため、どれだけ自分の言葉で伝えられるかが大事になってきます。

大学中退の理由は履歴書に書くべきか

面接をする際に大学中退の事に関して聞かれる事は、ほとんどだから履歴書にできる限り理由を書いておく方が良いです。履歴書は自分自身を表現する場所なため、理由を書いたとしても全く問題はないから大丈夫です。したがって大学中退をした人は履歴書に理由を書いて、少しでも自分が今どういう状態であるかを伝えるべきでしょう。

履歴書を見る人にとっても大学中退だけを書かれていると自分がどういった人間で、どういう状態に陥っているかがわからないから理由を書く事は非常に大事とされています。だから少しでも詳細を伝えられるようにするためにも履歴書に大学中退の理由を書く方が良く、相手のためではなく、自分のためにもなってきます。

書き方

書き方としてはまず最初に大学中退している事を記載して、理由の内容をコンパクトに纏める事です。それはやはり特に理由は非常に重要な部分になってくるのだけれど、長々と書いていれば相手も要点が見えなくなってきて、本当に伝えたい事が実際に伝わらなくなってしまうためです。

大学中退の理由を履歴書に書く際にはただ単に文章を連ねるのではなく、文脈を意識していかなければならないから充分に気を付けるべきです。だから事前に何回も書き直して、本当に相手に内容を伝えられるかどうかを判断する必要があります。そうしていけば履歴書に大学中退の理由を書いた際には、相手もしっかりと理解してくれます。

次のページ:大学中退を履歴書に書かないと経歴詐称になるのか

初回公開日:2018年01月29日

記載されている内容は2018年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests