Search

検索したいワードを入力してください

履歴書に書く性格の書き方例・一覧・長所と短所・特徴|明るい

更新日:2022年08月10日

履歴書に書く性格には、どのようなものがあるのでしょうか。自分自身の性格を把握し、それを説明するためには、自分の長所や短所について詳しく知っている必要があります。今回の記事では、履歴書に書く性格や、書き方の例などについて紹介します。

履歴書に書く性格の書き方例・一覧

就活や転職活動、アルバイトの面接などでは、基本的に履歴書が必要となります。職歴や資格などは、事実に基づいた情報をそのまま記入するだけなので、そこまで時間はかからないでしょう。

しかし、長所や短所といった性格に関係する欄を埋める場合は、自己分析をする必要があるため、時間がかかります。自分がどのような性格かを書くことを、難しく感じている人も多いのではないでしょうか。まずは、性格の書き方の具体例について、長所として使えるものを中心に紹介していきます。

明るい

明るさは、履歴書に書くことで、自己PRにつなげることができる性格の1つです。特に、接客業においては、笑顔で人と接することが重要と言えるため、明るい性格は長所となるでしょう。

また、接客業ではなかったとしても、職場の雰囲気を明るくすることができる性格は、働いている人同士のコミュニケーションを円滑にし、人間関係で問題を起こさずに良い環境を維持することができるでしょう。

明るいという性格を履歴書に書き、自己PRで用いる場合は、明るく振舞ったことで場の雰囲気が良くなったことや、明るい接客を心がけたことでお客さんの増加につながったなどのエピソードを絡めると良いでしょう。

真面目

真面目な性格は、履歴書に書くことで、勤勉といったイメージや仕事に対する誠実な姿勢などを示すことができるでしょう。特に、コツコツとした作業が求められる職場や、安定した結果を得たい会社などで、求められる性格と言えます。仕事において真面目さは、どのような仕事に対してもきちんと取り組むことができ、いい加減な仕事をしないといった点で重要となります。

真面目であることを履歴書に書く場合は、その性格がうかがえるエピソードを考えておくことが大切です。例えば、事務職の経験があれば、数字上の正確性が求められる仕事で、何度も確認を行い、ミスが少なくなるような作業をしていたことなどが挙げられます。

慎重

慎重であるという性格を履歴書に書く場合は、計画性の高さをアピールしたいときなどに、有効な方法と言えるでしょう。仕事を進めるうえで、慎重に取り組むことは、ミスをしないだけではなく、アクシデントを未然に防ぐためにも重要です。

慎重さを履歴書に書く場合、慎重に行動した結果、物事が上手くいった経験などを用意しておくと良いでしょう。例えば、旅行のときに下調べを十分に行い、いくつかの交通ルートを調べておいた結果、目的地にスムーズに到着できたといった体験談が挙げられます。

また、企画などを進めるときに、近隣の住民への影響や事故などの可能性を踏まえて行動したといったエピソードも、慎重な性格を示す場合に使えるでしょう。

協調性

協調性があるという性格は、ほとんどの職場において、重要な要素の1つと言えるでしょう。仕事は、他人とかかわりながらすることが多いため、協調性があることを履歴書からアピールすることができれば、高い評価を得られる可能性があります。

協調性があることを履歴書に書く場合、チームやスタッフ同士で協力した結果、上手くいった体験などがあると良いでしょう。具体的には、スタッフ同士で声掛けを行うようにして作業の進み具合を確認したり、情報を共有しあったりして仕事で良い成果が得られた、といったエピソードがあると良いでしょう。

協調性は、会議などで議題をスムーズに進めたり、その場で自分が何をすべきかを判断したりするために、重要な能力の1つです。アピールできそうであれば、積極的に履歴書に書いていきましょう。

おおらか

おおらかな性格は、特にコミュニケーション能力が求められる場所において、魅力的な性格の1つです。他人の失敗を必要以上に怒ったり、ちょっとしたストレスに耐えられなかったりすると、職場の雰囲気に悪影響を与えてしまいます。

そのため、人と良い関係を築けることや、ストレスへの耐性の高さを示したい場合は、おおらかな性格を履歴書でアピールすると良いでしょう。

おおらかな性格を履歴書に書く場合は、初対面の人とも人見知りせずに自然に話ができることや、トラブルが起こったときでもパニックにならず、冷静に対処することができた経験などがあると良いでしょう。

素直

素直な性格は、履歴書に書くことで、自分とは違う他人の価値観を受け入れることや、急な環境の変化に対しても順応できることなどを、アピールすることができるでしょう。相手のアドバイスにきちんと耳を傾けることができる能力は、仕事を進めていく中で大切な能力の1つです。

素直さを履歴書に書く場合は、他人の考えを受け入れて自らの行動を見直した結果、良い成果を上げることができたといった経験があると良いでしょう。素直な性格は、仕事を覚える早さや自分自身の成長に大きく関係します。多くの仕事で好印象を持たせることができる性格ですから、履歴書に書けそうな体験があれば、アピールしていきましょう。

責任感

責任感があるという性格は、履歴書に書くことで、仕事を途中で投げ出さないで最後までやり遂げることができる力や、小さな仕事であってもきちんと取り組むことができる力を示すことができるでしょう。

仕事を途中で諦めてしまうようなことがあると、その会社だけではなく、他社に迷惑をかけてしまう可能性があります。そのため、仕事に対して責任を持つことができる人材は、会社側にとっても魅力的と言えます。

責任感があるという性格を履歴書に書く場合は、何か1つのことを最後までやったことや、発言に責任を持って物事に取り組んだ経験などがあると良いでしょう。

履歴書に書く性格の長所と短所

次のページ:履歴書に書く性格の特徴

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests