Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月13日

パートの履歴書の職歴の書き方|在職中/書ききれない/看護師

パートタイム応募の職歴欄の書き方について、オールマイティに通用する内容から触れていきます。資格のあるなし問わず、悩みがちなパートタイム応募の履歴書の職歴について、分かりやすく説明していきます。あ、そうなんだ、と思って貰う、まずはそれを一番に目指していきます。

パートの履歴書の職歴の在職中のときの書き方

働きながら転職を考えている方や掛け持ちできる次の仕事を探している方は履歴書作成時にどう職歴を書けば良いのでしょうか。パート在職中の職歴欄の書き方をテーマに見ていきましょう。パートの面接に必要な職歴の書いてある履歴書を書く場合は職歴欄に入社年月を書き、次に会社名に入社と書き記しましょう。

そして、在職中であると明記することが履歴書の職歴では重要になります。現在続けているパートが継続しているのか、それとも退職しているのか明記する必要があります。また、過去に数々のパートを転々としてきた人はその部分を抜かさないようにしましょう。目上の人に対し、伝わり易い履歴書を書くことが最も面接時に大切です。

パートの履歴書の職歴が書ききれない場合

あなたがもし、パートの履歴書の職歴欄に書ききれない場合は、職務履歴書を活用してみましょう。パートでは面接官から求められることはほとんどありませんが、就職や転職の際には履歴書と同時に必要とされる必須の書類です。職歴と自己PR専用の書類と考えれば良いでしょう。

職務経歴書を作成するときの注意点は応募先企業の求めている事項に応じて記述することです。相手の知りたいことや求めていることを記述しましょう。

そして、職務経歴書の主要目的は相手に対して自分の実務経験や取得した資格を相手に知ってもらうことです。実務経歴書をパートの職歴であっても、しっかりとアピールすることができれば、履歴書だけより採用確立が上がるでしょう。

職種別パートの履歴書の職歴の書き方

近年、職務経歴書を必要とする企業が多いですが、大抵の場合、面接官は履歴書を参考にして話を進めますので、その段階で内容が薄いと一気に採用率が下がってしまいます。ある程度は仕方ないでしょうが、職務経歴書は履歴書のパートの職歴のまとめた物と割り切りましょう。

特に近年では書類選考での募集企業が多くなってきており、履歴書の内容がとても大事だといえます。この人と会ってみたい、気になるから面接で話がしたいと思わせる履歴書の内容でなければ、面接にまで至らないこともあります。よって、パートの履歴書の職歴の書き方はとても重要です。

看護師

看護師の場合、転職が多く履歴書が必要になる場面も多いはずです。そこで簡単な履歴書の職歴の書き方をおさらいしておきましょう。まず、職歴の前に記入する学歴は卒業した中学から書きましょう。小学校入学から書いてしまうと、大事な項目である職歴に書ききれなくなってしまうことがあるからです。

次に。看護師として働く以前のパートも職歴として記入することが望ましいです。空白の期間を空けてしまうと面接担当者から疑いの目で見られてしまうので注意が必要です。また、マイナスの質問を避けることで好印象を持続させたいことからもパートやアルバイトの経験も職歴に書いておきましょう。

そして、元々働いていた勤務場所と期間を履歴書の職歴に記入します。書き方は入社したことを書き、会社を止めたことは退職と記入してください。

消防士

消防士は公務員として扱われますので、履歴書に職歴を書く際は一般的な入社と退社の記入方法は間違いとされます。では、公務員は履歴書の職歴をどう書いたらよいのでしょうか。それは、消防士だけでなく、市役所や警察官の方々の場合を統一するなら奉職、辞職と履歴書の職歴に記入するのが望ましいでしょう。

公務員の場合は学生時代にしていたアルバイトやパートを記入することはタブーとされている点に注意が必要です。短い期間で職を転々とする人物だと見られてしまうケースがあり、公務員としての職務に向かないと判断されてしまうからです。ただ、パートでも通年勤務し、長く勤めており、ダブルワークでないならば記入しても良いでしょう。

居酒屋

居酒屋でパート勤務の場合は履歴書の職歴に効果的な書き方をした方が良いでしょう。職務経歴書を必要とすることはめったにないので、履歴書に学歴、職歴、自己PRまで全て記入しなければなりません。また、居酒屋の場合は人間観察ができる人向きの職とされており、人の見る目があるということをアピールしましょう。

履歴書の職歴には過去にやったことのある、接客業またはサービス業のパートを記入するのが望ましいでしょう。履歴書がスカスカでは、接客が苦手と思われてしまいマイナス効果ばかりで、いざ働いても皿洗いを任され見習い扱いになってしまい苦労することになります。

主婦のパートの履歴書の職歴の書き方

受かり易く、書きやすい主婦のパートの履歴書の職歴の書き方は読み易くて丁寧な文章表現をすることです。まず、履歴書の様式はJIS規格として定められたものが標準として扱われています。しかし、別にJIS規格からはみ出さないように作られた、自分のアピールの仕方に合わせて選べるオリジナルの履歴書や職務履歴書が市販されています。その中で自分に合ったパートの履歴書を選びましょう。

パートの履歴書の職歴を筆記する際はていねいな字で書いてください。基本的に楷書体で書き記し、字や会社名を略さないようにしましょう。よく間違い易い表現で、(株)と書いてしまう方がいますが、ここでは株式会社と略さずていねいに書きます。主婦パートだからといって適当な表現の仕方はしないのが社会のマナー、常識でしょう。

派遣就業の履歴書の職歴の書き方

パートの雇用形態だけでなく派遣業種の履歴書の職歴の書き方、学生のアルバイトなど一般的な職歴の書き方をこれからご紹介させて頂きます。パートは一般的な職歴の書き方でもよいです。学生のアルバイトは職歴を書く際に注意が必要だといえます。大事な面接の際、どのような形で記載した履歴書を提出すれば良いか見ていきましょう。

一般的な職歴の記載方法

職歴の書き方でシンプルな例は年月日を記入し、~会社入社、退社と記入することです。就業先が会社以外ですと、学校の場合は勤務、退職と書きます。正職員の場合は基本的に就職、退職で問題ないです。個人事業の場合は開業、廃業と書きます。

さらに、株式会社などの経営者なら設立、解散と書きます。職務内容も書き記すことで従事してきた業務が相手に伝わり、好印象を与えることができます。

派遣就業の職歴の書き方

パートの履歴書の職歴の書き方|在職中/書ききれない/看護師

派遣会社で働いていた場合は特別な書き方で書きます。~会社より~会社へ~業務で派遣(平成~年~月末まで)と一般的には書きます。さらに、~会社において派遣社員として~業務に勤務でも良いでしょう。業務内容も記述するなら、派遣先の事業内容と自分が行ってきた職務内容を明記してください。

そして、任期満了を伝えるために履歴書の職歴欄に年月日と派遣期間満了につき退職と書きます。派遣事業に携わった数が多いなら、複数記述することもできます。派遣登録した会社を最初に書いておき、個々の派遣された会社と部門、職務内容を明記します。

アルバイトの職歴の書き方

アルバイトは履歴書の職歴に基本的には書かない方が良いでしょう。企業の多くは自分の会社と長く付き合える人物像を求めている場合が多く、アルバイト経験がその面接時のアピールポイントとして使える場合以外では通常記載することおすすめできません。

ただし、記入しないことで学業中でなく卒業後に空白期間として見られてしまうなら、マイナスイメージを与えないためにこれまでやってきたアルバイトのうち最も責任感のあるアルバイトを記載してください。

アルバイトの在職中の場合の記載方法

アルバイトで在職中の場合は、職歴の最後の行に現在に至ると記入します。そして、平成~年~
末退職予定と書きます。また、契約期間満了見込みでも良いでしょう。そして、入社可能日を本人希望欄に書いておくと相手が勤務日を考え易くおすすめの記載方法です。

履歴書の職歴の書き方を覚えておけば今後の転職活動に役立ちスムーズに働くことができます。履歴書には在職中だけでなく、電話番号など連絡先も忘れずに記載しましょう。そして、アルバイト・パートの場合は手書きだけでなく、パソコンでの作成も検討してみてください。面接の度にいちいち手書きするのは大変に感じるならパソコンでの作成をおすすめいたします。

バイトから正社員になった場合のパートの履歴書の職歴の書き方

今回はバイトやパートから正社員になった場合の珍しいケースです。履歴書には嘘をつかずに正直に明記するのが望ましいのでバイトから正社員になる場合でも前まで働いていたバイトやパートの入社日、勤務していた期間と退職日をしっかり明記します。さらに正社員としての採用を目指した面接の場合は職務経歴書が必要になるでしょう。

正社員の面接時に提出する書類は職務経歴書を必要とするからといって履歴書を適当に書くことのないようにするのがポイントで、職歴と自己PRも職務経歴書と同じく履歴書にしっかりと書きます。

パートの履歴書の職歴は書かなくても良いのか

パートの場合でも何も書かずにスカスカの状態だとマイナスになることは皆さんご存知ですが、書かなくてもなんとかプラスの方向に持っていく方法があります。パートにこれから勤務したい主婦の方なら家事や家業の手伝いをしていたことを明記する方法があります。

その場合は、家業に従事~家電販売店のように自分の家業として手伝っていた店の名前を書いて従事と書いてください。できるなら担当場所、役職も考えて書いておいた方が良いでしょう。

次に、育児をずっとしていた場合です。以前に勤めていた会社を辞めたのであれば一身上の都合によりと書くより育児休業中に退職のような書き方が望ましいでしょう。また、その期間中に取得した資格や何か自己PRがあるならアピールすることも重要です。

短期アルバイトは職歴に書かないほうがいい?

面接担当の方は履歴書に書かれていることからあなたという人物を判断します。嘘を書いて、相手を信じ込ませることは詐称となってしまいます。また、履歴書に短期アルバイトをしていたことを書かない場合には全く問題ないです。しかし、少しでも働いていたことをアピールした方が良いので書くことをおすすめします。相手もあなたの履歴書を読むのですから、ある程度の量が書いてあっても許容範囲内であれば大丈夫です。

そのためには、止めた理由をしっかり明記する必要があります。短期アルバイトは期間がそれぞれ違います。面接担当者は履歴書でしか判断できないので、いつからいつまで勤務したかと退職した理由を書いておきます。

相手の求める適切な書式で履歴書を書くことが重要

履歴書に書く言葉は覚えておかなければいけないことがいくつかあります。入社、退社で通用する場合と就職、退職や勤務、退職など書き方にも違いや決まりがあります。また、個人での商売を始めた場合は開業、閉鎖と対義語のように書きます。

社会では、履歴書などの書類をていねいに書くということは単に文字を綺麗に書くことではありません。適切な書式と文法そして、それらを使った最も伝わり易い書き方をすることが常識を持った社会人のていねいな履歴書の書き方でしょう。

Latests