Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月24日

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

手紙や書類等を送付する際、何気なく封筒に住所を書かれていませんか。ビジネスや慶事・弔事の場合、「住所の書き方」のマナーがあります。封筒の形や、縦か横かによっても住所の書き方がそれぞれ違いますので、あらたまった時の住所の書き方をこれからご説明します。

封筒での住所の書き方

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

まず、あらたまった時によく使用される封筒は、一般的に和封筒です。基本の裏と表の住所の書き方をそれぞれご紹介します。

ご紹介の前に、和封筒とはどのようなものか、ご存知でしょうか。大きさは多々ございますが、和封筒の詳細をお伝えすると、1枚の紙を筒状にし、平たく折り目を付けた「縦長封筒」の事です。

表(基本)

基本的な和封筒での住所の書き方は、「縦書き」です。郵便番号の場合、枠に合わせてアラビア数字で郵便番号を記入しましょう。丁目や番地の数字の記入をされる際、漢数字を使います。

例)「東京都千代田区〇〇一丁目一ノ一五」と、郵便番号の右端を目安に、2文字分ほど下げて書きはじめ、番地まで1行でおさまるように、文字の大きさを調整します。丁目は省略しないようにして下さい。番地は必須ではありませんが、目上の方に差し出す場合は書いておくと無難です。

宛名は、封筒の中央に住所より一回り大きくし、住所より1文字下から書きます。宛名の敬称は、個人か会社かで、「様」「先生」「御中」「殿」と変わりますので気を付けましょう。

裏(基本)

封筒の裏は、差出人の住所と名前を記入します。住所の書き方は、表と同じ「縦書き」で、郵便番号を記入する「枠の有無」で住所の書き方が変わります。

「枠がある」場合、封筒の左側に差出人の住所と名前を書き、日付は右上に漢数字で書きます。

「枠が無い」場合は、封筒の合わせ目を境に、右に横書きで郵便番号、縦書きで住所を書きます。同じく縦書きで、左に名前を書いて、日付は左上にします。あらたまった手紙を出す場合は、この書き方です。

封をしたら、封じめである「〆」または「封」を忘れないように書いて下さい。封に関しては、慶弔以外どの封筒も共通です。

縦・横書き別住所の書き方

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

封筒に対して、住所を縦に書く場合と、横に書く場合があります。一体どのような場合に分けるのか、それぞれの住所の書き方と理由を説明いたします。

縦に書かなくてはいけない場合は、一体どのような時かと申し上げると、「儀礼的な手紙」の時、主に縦に書きます。身近で言えば、師匠にお手紙を出すときは縦書きです。先ほどご説明しました、和封筒の住所の書き方です。

実は、洋封筒で縦書きをする場合があります。それは後ほど、別の項目で詳しくご説明します。

横書きにする場合は、主に2種類あります。1つ目は、和封筒の場合、事務的な手紙の時です。定型内は横向きにし、右に切手が来るように、定形外の場合、封筒は縦のまま横書きをします。2つ目は洋封筒の場合に横書きをします。洋封筒は慶弔とあらたまった時以外、横書きが基本です。

例)「東京都千代田区〇〇一丁目1-15」と縦書きの時と違い、番地はアラビア数字で記入をしますが、正式に横書きの時でも「一丁目」と漢数字を書きます。「番地」まで正確に書くようにと言われる事がありますが、秘書検定など、マナー検定では特に指示はありません。ただ、相手に合わせて書いた方が良い場合があります。

別住所の書き方

別住所とは、マンションやビルなどの建物名がある場合の事を言います。基本形での住所の書き方では難しいので、これから縦書きの場合と、横書きの場合、それぞれご説明します。

縦書きの例)「〇〇ビル四一五号」と住所から1文字下げて2行目から書きます。「ビル名」または、「マンション名」、「部屋の号数」は誤送を避けるため、省略しないように記入をする事がとても大切です。

横書きの例)「〇〇ビル415号」と住所から1文字右にずらして2列目から書きます。こちらも、「ビル名」や「マンション名」、「部屋の号数」の省略はしないようにしましょう。

他にも、「〇〇ビル4階」の場合、「4F」ではなく、「4階」と書くことが必要です。

慶弔での住所の書き方

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

今は経験がなくても、いずれは慶弔のお知らせをする時が出てきます。今のうちに慶弔時の住所の書き方を知っておくと、とても便利です。ぜひ、この機会にそれぞれの住所の書き方を学びましょう。

慶事

洋封筒は、通常横書きですが、縦書きにする場合が、慶事の知らせや、あらたまった時です。まずは、慶事の時の住所の書き方と封筒の向きをお伝えします。慶弔で封筒の向きが逆になるので、注意をしましょう。

弔事以外の時は、封書を裏にした時に必ず「右側が閉じる向き」になっている事が大事です。差出人の郵便番号、住所、名前は、封じめの左側に書き、日付は右上に書きます。封じめは、慶事の場合、「封」か「寿」と書くようにします。

弔事

弔事の場合、封書を裏にした時、「左側が閉じる向き」になっている事を確認して下さい。こちらの向きは弔事の時のみです。覚えておきましょう。

さて、住所の書き方ですが、封じめの右側に、差出人の郵便番号、住所、名前を記入し、日付は左上に書きます。慶事と全く逆です。封じめは、弔事の場合、「何も書かない」か、「〆」を書きます。

弔事で洋封筒を使用する場合、表に郵便番号欄が印刷されているものは使えませんので、購入の際は気を付けましょう。確認をしないと、逆さになってしまいます。

中包み時の住所の書き方

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

あまりなじみのない「中包み」という言葉。慶弔時に現金を入れる中袋の事だと覚えておきましょう。慶弔でそれぞれ書き方が異なるので、間違えないようにしましょう。

慶事

表は、中央に縦書きで金額を書きます。ポイントは、上下適度なスペースを作り、「金〇〇円」と書きます。〇〇は必ず「正式な」漢数字「壱、弐、参」と書くようにしましょう。「金〇〇円也」は10万以上の時に記入をします。

裏は、封筒の合わせ目を境に、右に縦書きで漢数字の郵便番号を書き、左に住所と名前を記入します。通常の封筒の裏面の縦書きと異なりますので注意をしましょう。

弔事

弔事の場合は、表には何も書きません。書いてしまわないように気を付けましょう。

金額は裏に書きます。裏の右下に「金〇〇円」と金額の書き方は慶事と同じく、正式な漢数字で書きます。郵便番号、住所の書き方と、名前の記入方法は、慶事と同じく、折り目を境に右に郵便番号、左に住所と名前を書きます。

サイズ別封筒の住所の書き方

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

封筒は、いろいろなサイズのものがあります。その場合、どのように住所を書けば良いのか戸惑わないよう、大きさに分けてそれぞれの住所の書き方のご説明をします。

A4

事務職をされる方はご存知ですが、ビジネスではA4の書類をよく使用し、発送します。A4で送るにしても、大きく二つに分かれることはご存知でしょうか。これから、説明をいたします。

定型内

A4の書類で送付する場合、一番多く利用しているサイズは、長形3号(長3)というサイズ(縦235、横120)の封筒です。A4判ヨコ3つ折り状態で入ります。

縦書きと横書きの住所の書き方は先に説明しましたが、今回は、窓付き封筒の場合の説明をいたします。窓付き封筒は和封筒を横にした状態で、基本左側に窓があり、右に切手を貼りつけるタイプが多いです。

縦にしたA4の書類の左上に、相手先の住所と会社名を横書きで記入します。封筒に入れる際、窓から住所と社名が見えるよう三つ折りにします。ただ、住所と社名が窓から見えない場合がありますので、住所と会社名の記入位置や文字の大きさに気をつけましょう。

定形外

今度は、A4の書類を折り目を付けずに封筒を利用する場合は、角形2号(角2)のサイズ(縦332、横240)の封筒を使う事が一般的です。縦書きは、礼儀的な手紙が多く、横書きは、事務的な手紙が多いのは、角2でも同じです。住所の書き方は、縦と横の書き方は先にご説明したのと同じ書き方です。

ただ、定型外だと、それだけ大きなサイズのものなので、書類が折れてしまわないように、クリアファイルに書類を入れてから、封筒に入れる相手企業への配慮が必要になります。

履歴書での住所の書き方

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

履歴書にも住所の書き方がございます。自身をアピールする大事なプロフィールなので、人事の方にしっかりご覧にいただけるように、正しい住所の書き方のご説明をします。

番地

自分をより履歴書だけで評価を得たい場合、基本的に住所の書き方は、ハイフンで丁目や番地を繋げても構いません。しかし、ここは「決まりがないからそのままに」ではなく、「人より丁寧に書く」ことを心がける事が大切です。よって、〇丁目、〇番地、〇号と書くと印象が良くなります。

住所の「ふりがな」で悩まれる方がいらっしゃいますが、「番地」までで大丈夫です。数字まで記入する必要は全くございません。

ハガキでの住所の書き方

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

今度は、封筒ではなく、ハガキでの住所の書き方の説明をいたします。時と場合によって、縦の方がふさわしい事もありますので、覚えておくと良いでしょう。

通常(縦書き)

はがきは、基本的に「縦書き」です。まず最初に、縦書きの住所の書き方をご説明します。

「縦書き」は、郵便番号の右端を目安に、その1文字ほど下から住所を書きはじめ、マンション名がある場合、住所より1文字ほど下げて2行目から書きましょう。基本は、和封筒と同じです。ただ、自分の住所と名前は表向きの左端に小さく書きます。

横向き

はがきの「横向き」は、絵はがきの場合です。切手が右上になるように、はがきを横向きにして宛先の住所を書きます。1列目に住所を書き、マンション名がある場合は、2列目に住所より1文字右にずらして書きます。

宛名は、住所の下に住所よりやや大きく書きます。郵便番号は、切手の右横に記入する枠が基本ありますので、そちらに記入します。

差出人は、住所、名前とともに、表面の一番下に小さく書くようにしましょう。

年賀状など「あらたまった」はがきの書き方

年賀はがきでよく見られるのは、「横書き」です。年賀状や目上の方にお出しする時など、「あらたまった」はがきを出す場合は、「縦書き」で書きましょう。それが、正式な住所の書き方なので、気をつける事が必要です。

住所の書き方は、はがきの「縦書き」と同じです。

海外での住所の書き方

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

海外に手紙を出す方もいらっしゃいます。それで住所を書き間違えてしまうと、当然相手先には届きません。国内の住所の書き方と全く変わりますので、海外に出す場合の、基本的な住所の書き方をお伝えします。

アメリカ

今回は、アメリカに出す航空便(エアメール)の住所の書き方をご説明します。海外に出す場合は、必ず切手が右上になるように封筒を横向きにする事です。記入をする上での共通点は、全てアラビア数字、ハイフンです。日本の住所はローマ字表記、海外は英語表記にします。

TOやFROMに関しては、プロトコールを含めたマナーの本には特に指示がない事から必須ではない事が分かります。書いた方が良いと感じる方は、書くと良いでしょう。

差出人の書き方

差出人の住所の書き方は、左上半分から真ん中までかからないように小さく書きます。

1行目「差出人の名前」、2行目「丁目と番地」「市町村」、3行目「市区」「都道府県」、4行目「郵便番号」「アンダーラインを入れた国名」を書きます。4行目の下は青文字で(航空便)と印刷されていない場合は書きましょう。

宛先の書き方

今度は宛先人の住所の書き方です。真ん中から右下半分を使って書きますが、差出人より少し大きめに書きましょう。

1行目「受取人の敬称」「名前」、2行目「番地」「町名」「市区名」、3行目「州」「郵便番号」4行目「赤のアンダーラインを引いた国名(アメリカ)」を書きます。

住所の書き方はたくさんある

履歴書と封筒の住所の書き方|裏/海外/縦・横書き/番地

ご覧になると、意外と「住所の書き方」がたくさんあると気づかれた事でしょう。特に「慶事」「弔事」の場合は、住所の書き方が逆の場合もありますので、覚えておく事が大事です。慶弔事は頻繁にあるわけではないため、つい「うっかり忘れてしまう」という事がないように、こちらの記事で見直しましょう。

Latests