Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

最近では転職活動が一般的になってきています。むしろ、ひとつの会社に一生いることが珍しい時代です。さらに未経験でも転職ができる時代にもなってきています。それほどまでに人手不足ということです。ここでは、未経験の志望動機についてまとめたので参考にしてください。

業界別未経験での志望動機の例文

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

現代では終身雇用制度が崩壊しています。同じ会社で一生働くことが良しとされていましたが、何度も転職をしてキャリアアップをしていくことが当たり前になってきました。転職に対するネガティブなイメージは薄れつつあります。

転職するときは、基本的にいまいる業界と同じ業界にいくことが一般的です。なぜなら中途採用を実施する企業サイドが求めているのは即戦力です。ある程度会社独特の文化などには慣れる必要がありますが、一から仕事のスキルを教えるつもりはありません。

ですが、未経験で転職したい場合でも不可能なわけではありません。どの業界も人手不足が続いているからです。もちろん、未経験は不利ですので、未経験でも採用したくなるような人材でなければなりません。

そこで、アピールするときの材料になるのが志望動機です。志望動機を工夫して、自分が望んだ企業で働けるようになりましょう。具体的に業界別で志望動機の例文をみていきます。

製造業

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

御社を志望した理由は幼いころから形のあるモノを作ることに関心があるからです。その中でも御社で働きたいと考えたのは、技術力と伝統です。長年ノウハウの蓄積から高い水準の技術力を持っている御社でスキルを磨きたいと考えています。

前職は小売り業界で働いていました。ですので、現場のニーズなどには精通していると自負しています。自分の目標とスキルアップのために高いモチベーションで仕事に取り組みます。

医療事務

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

昔から人の役に立つ仕事に非常にやりがいを感じます。役に立つ仕事はたくさんありますが、その中でも医療業界が一番と感じています。なぜなら日本はこれから超高齢化社会に突入します。

医療サービスを受ける必要がある人が多くなるということです。つまり、この業界で働くことで、これからの日本で多くなっていく高齢者の役に立てると考えました。

医師免許や看護師の資格はもっていませんが、自分にできる領域でこの業界を支えていきたいです。

歯科助手

昔から医療業界についての関心がありました。しかし、資格も学歴もなく、なかなか踏ん切りがつきませんでした。しかし、先日通院している歯科医院での歯科助手さんの対応に感動しました。

歯科医院はどうしても、子供などに苦手なイメージを持たれがちです。ですが、接客の仕方次第で緊張を取り除けることはいくらでもできると考えます。

不動産

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

わたしが御社を志望した動機としましては、成果報酬型の営業に引かれたからです。年齢に関係なく、成果を積み上げれば、上にあがれる。お給料も増える、役職もあがる、というところに魅力を感じました。

若い時から、大きな裁量をもって働きたいと考えており、そのためには不動産営業が最適だと感じています。よろしくお願いします。

職種別未経験での志望動機の例文

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

先ほどは未経験からまったく別の業界に転職するときの、志望動機の例文についてみてきました。ここからは同じ業界で、別の職種に転職するときの志望動機の例文についてみていきましょう。業界が同じぶん、先ほどよりは難易度が下がるでしょう。

一般事務

昔からコツコツとひたむきに物事に取り組める性格です。ですので、一般事務として会社を支えることにやりがいを感じて、志望しました。どちらかといえば、表にでるタイプではなく、裏方タイプです。自分にあった環境で働くことで、御社に貢献したいです。

SE

以前よりパソコンやネットを利用して働くことに魅力を感じていました。システムエンジニアは会社の縁の下の力持ちとなり、支えることができることにもやりがいを感じます。また、働く場所を選ばなくてもよいことも志望動機のひとつです。

部署別未経験での志望動機の例文

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

お次はもっと狭い範囲をみていきます。部署別に未経験での志望動機の書き方を紹介していきます。これは、転職に限らず、同じ会社の中で別の部署に移りたいときにも参考にできる文章になります。

人事

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

人事の仕事は会社を根底から支える仕事だと考えています。人事はお金を生み出す部署ではないので、軽んじられるときもあります。しかし、会社の一番の財産とは人材です。その人材を確保してくるのが人事の仕事です。

会社のこれからを担う人材を発見し、育てていく仕事に関心があります。高いモチベーションで仕事に取り組みますので、よろしくお願いします。

経理

経理とは会社の財務面をつかさどる部署だと考えます。会社はビジネスをやっている以上、お金まわりの管理がしっかりしていないと、いつか崩壊してしまいます。大きな責任のある部署ですが、覚悟をもって仕事をしたいです。

未経験での志望動機の書き方

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

ここでは、未経験での志望動機の書き方について学んでいきましょう。未経験ということはスキルは期待できないということです。即戦力にはなりえません。それでも、人事の人をうならせるような志望動機を作らなければなりません。

熱意

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

未経験での志望動機の書き方について説明していきます。未経験ということはスキルはありません。ですので、志望動機でアピールするポイントとしては熱量です。むしろ熱量がなければ内定をもらうことは不可能です。

志望動機をどんなに飾っても、熱量がないと、形だけの文章になってしまいます。そういう文章はすぐにバレます。未経験を埋めるくらいの熱量をみせつけましょう。

差別化

さきほどは志望動機で熱量でをアピールすることが大切だと説明しました。これは最低限のラインです。しかし、優秀な就活生には熱量があって当然でしょう。みんなが熱量をもてば、それだけ埋もれやすくなってしまいます。

ですので、他のアピールポイントで差別化をしなければなりません。例えば、今の業界でのノウハウが転職先のの業界に応用できる、などです。

志望動機に嘘は含めない

最後に一番大切なことをみていきます。それは、志望動機には嘘は含めないということです。嘘の志望動機は絶対にバレます。書類審査が仮に通ったとしても、そのあとに面接がまっています。

面接では志望動機に対して、あらゆる角度から質問されます。嘘をつけばそこでしどろもどろになってしまいます。未経験ですので、少しでもハンデをなくしたいという気持ちでしょうが、正直な人材のほうが好かれます。

面接への望み方

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

未経験での志望動機の例文や書き方についてたくさんのことを記述してきました。ここからは、実際の面接の現場で気を付けることを紹介していきましょう。

面接に臨むにあたってしっかりした志望動機を用意することは大切です。しかし、志望動機以前に社会人としてのマナーや伝え方なども気を付けなくてはなりません。

志望動機以前にマナー

ここまで、未経験での志望動機の書き方などについてたくさん紹介してきました。志望動機を練りこんでくることはたしかに重要です。しかし、それ以前に社会人としての最低限のマナーは必要です。

マナーができてない人なら、どんなにいい志望動機を話しても意味がありません。基本的な挨拶はもちろん、人の目を見てしっかり話せるか、ハキハキと話せるかなど見られています。気を付けましょう。

前の会社の悪口

ここで絶対にNGなことを紹介しておきましょう。前の会社の悪口を言ってしまうことです。転職の面接では、志望動機も決まれますが、なぜ、前の会社を辞めたのかについても言及されます。

そこで前の会社の悪口をいう人は最低です。もちろん、職場を変えたいと考えているのだから、少しくらいは不満があって当然でしょう。不満がない職場なんてありません。

しかし、選考のときに前の会社の悪口についてベラベラしゃべられると、印象がよくありません。もし採用したら、自分の会社の悪口をよそでしゃべる人なのかと勘違いされてしまいます。

ですので、面接では昔の悪口ではなく、これからの未来について語らせてもらいましょう。自分が新しい環境でどうしたいのか、なにを成し遂げたいのか、について本音で話しましょう。

前の業界の不満

さきほど前の会社の悪口を言わないことをお伝えしました。会社そのものの悪口もよくないですが、業界の悪口もやめておくのが無難です。とにかく、不満はもらさないほうが印象はいでしょう。

未経験をつっこまれる

ひとつ覚悟しておくことを紹介しましょう。それは、未経験であるということはつっこまれるということです。未経験なのにどうして、いまの業界を目指しているのか、その中でなぜうちの会社なのか、前の業界はなぜダメなのか、ねほりはほり聞かれることもあるでしょう。

これは、ショックをうけるでしょうが、仕方がないことです。自分が面接官で就活生が未経験の人だとしたら同じ質問をするでしょう。

そんなときにもひるまず、未経験であることをはじず、志望動機をアピールするべきでしょう。

志望動機の伝え方

未経験のときの志望動機の伝え方を紹介しましょう。志望動機は文章を暗記するだけでは意味がありません。それでは、ど忘れしたときに対応できません。ですので、暗記ではなく、こころの底から熱意がもてる志望動機を作りましょう。

伝えるときは、会話のように、聞いている人の立場になって話しましょう。間違ってもひとりよがりではいけません。自分の話したい事だけをひたすら話すのはやめましょう。

面接の練習

どんなにいい志望動機を考えて、未経験でも頑張れることをアピールしても、面接で緊張して伝わらないと意味がありません。面接にもある程度の慣れは必要になります。

面接は自然体でいけばいいという意見もあります。しかし、友達と話すように話してもいいわけではありませんし、普段とは緊張感がまったく違います。面接の練習をしておいて損はありません。

転職エージェントを利用しているなら、そこで模擬面接を頼んでもいいですし、家で鏡をみて練習するだけでも違います。

未経験でもできること

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

ここからは、未経験の人材でも転職のさいにできることを紹介します。未経験で業界が違えば、コネなども求められないのが普通ましてや、ヘッドハンティングなど夢のまた夢の話です。

しかし、未経験の人材でもやるべきことはあります。具体的には転職エージェントの人を利用すること、目指す業界の交流会に足をはこび、交流会をとることです。

エージェントを利用する

まず、最初に紹介するのは転職エージェントは絶対に利用するということです。社会人になってからの就活では、時間がある新卒の就活生と比べて余裕がありません。自己分析や企業分析、面接の練習、などすべて自分で行うことは不可能でしょう。

しかし、転職エージェントを利用するのは抵抗がある人も多いでしょう。未経験の業界に転職を考えているならなおさらです。笑われてしまうのではないか、恥をかくのではないか、などいろいろ考えてしまいます。

しかし、目的はエージェントの人の前でいい恰好をすることではありません。転職をスムーズに進めて、内定を頂くことです。そこに無駄なプライドは必要ありません。

見栄をはらずに、未経験なところは正直に向き合いましょう。そのうえで頼れるものは、すべて頼りましょう。

交流会にいく

つぎに紹介するのは、交流会に行く、という方法です。未経験の業界ならば、知人もいないことが普通でしょうし、業界の生の情報もなかなか入ってきません。ネットや本の知識のみではどうしても限界があります。

どうしても、目指す業界の課題ややりがいなどは、現場で働く人に聞いてみないことには把握できません。そこでオススメなのが業界別の交流会に参加してみることです。違う業界からの出身でもお願いすれば参加できることがほとんどです。

そこの、交流会で自分自身をアピールして人脈をつくっていきましょう。そのときに大切なのが変な見栄を張らないことです。自分は何の知識もないんだと、さらけだしたほうが助けてもらいやすいでしょう。

未経験でも大丈夫な時代に

未経験での志望動機の例文・書き方|業界別/職種別/部署別

ここまで未経験での志望動機の例文・書き方についてさまざまなことを紹介してきました。例えば、業界別未経験での志望動機の例文や職種別未経験での志望動機の例文、部署別未経験での志望動機の例文、未経験での志望動機の書き方、などなどです。

最近では未経験だろうが転職が可能な時代になってきています。どの業界でも圧倒的に人手不足ということです。転職がダメなこと、というイメージも薄れつつあるので、転職活動自体もやりやすくなってきたでしょう。

しかし、転職が活発な時代ということは、それだけ中途採用枠を狙うライバルも多くなっているということです。未経験なので、生半可な志望動機では面接にすら進めないでしょう。書類審査で落とされてしまいます。

そうならないように、自分が未経験の業界で何を学びたいのか、どういう強味があり貢献できるのか、を積極的にアピールして、理想のキャリアプランを歩んでいきましょう。

Latests