Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

志望動機の書き出しをあまり気にせずに履歴書などを書いてしまっている人も多くいるのではないでしょうか。しかし、書き出しには読み手の心を掴む重要な役割があります。ここでは、志望動機の書き出しの書き方のコツを紹介するので参考にしてください。

志望動機の書き出しとは?

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

志望動機は、学校や企業に就職する際に必ず必要となってきます。志望動機が曖昧なまま面接や履歴書に書いてしまうと内定をもらう事が難しいです。しかし、志望動機を上手く書くことができれば、内定をもらえる可能性を高めることができます。

志望動機の内容も重要ですが、書き出しの文章選びも慎重に考える必要があります。履歴書などに書く志望動機は面接官が最も注目する項目ですが、書き出しがいまいちだと最後まで読んでもらう事ができない場合があります。

せっかく自分をアピールする志望動機を書いても最後まで読んでもらえないと意味がありません。そのため、書き出しは志望動機を最後まで読んでもらうために重要な役割を果たしてくれます。

志望動機は、進学する場合と就職する場合では違うため、書き出しも変える必要があります。試験を受ける内容によって書き出しを考えることをおすすめします。

転職・中途の場合

転職や中途してしまった際の志望動機の書き出しには、「○○の仕事を探していました」のように書き出すことで面接する側に好印象を与えることができます。また、中途してしまった事を無理に隠さずに、公にしてしまった方が読んでいる相手も気持ちよい気分になります。

その際に中途してしまった理由を書くこともおすすめします。面接の時でも構いませんが、書類審査を通過できるとは限りません。そのため、志望動機の書き出しに「××の理由で中途してしまいましたが、○○の職種を探して、貴社で働きたいと考えています」と書きましょう。

特に、中途した理由が少しでも早く働きたい場合は、必ず書き出しでその趣旨を書くことをおすすめします。

新卒の場合

新卒の場合は、中途しているより内定をもらえる可能性が高いですが、新卒だからと余裕でいると書類審査で落ちてしまう結果になることもあります。そのため、志望動機の書き出しは慎重に選ぶことをおすすめします。

新卒の場合は、なぜ就職しようと考えていたかの理由を書き出しで書くことをおすすめします。しかし、ありきたりの書き出しでは面接官の心を掴むことができないため、より分かりやすく書くことをおすすめします。

例えば、両親の働いている姿を見て、自分も同じ職種で働きたいと考えた場合は、「以前両親も○○の職種で働いており、働いている姿を見ている間に自分もやってみたいと思いました」と書きましょう。

このように書くことで、新卒にも関わらず、ある程度の知識や興味があることを面接官に伝えることができます。

留学での志望動機の書き出し方は?

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

留学する場合も留学先に志望動機を書く必要があります。留学は自分が考えたら行えるものではなく、受け入れ先の許可を得る必要があります。許可を出すための判断材料として、留学してくる人のスキルはもちろんですが、志望動機も許可を出す大きなポイントになります。

留学する際の志望動機の書き出しは、なぜ留学したいと考えたかの理由を書くことをおすすめします。そして次に、留学先に選んだ理由を書くようにしましょう。2段重ねで留学したい気持ちを伝えることで相手に自分の気持ちをより鮮明に伝えることができます。

例えば「もっと外国語を話せるように留学しようと考えました。そこで貴校では、さまざまな国の人が在学していることを知り、留学先に選びました」と志望動機の書き出しにすることをおすすめします。

留学先の言語で書く

留学する際の志望動機を書く場合は、留学先の言語で書くことをおすすめします。相手が日本語を理解できない可能性もありますし、相手の言語で書くことで語学力があることを相手に知らせることができます。

もちろん、誤字脱字をしないようにすることも大切ですが、現在持っている自分の語学力を使う事をおすすめします。上記で紹介した志望動機の書き出しをした場合は、完璧な文章で書くより、自分の力で書くのが良いでしょう。

あまり完璧な文章を書いてしまうと学ぶことがないと感じられてしまうため、内定をもらえない可能性もあります。そのため、上手く書く自信がないからといって代筆などしてもらわずに、自分で書くことをおすすめします。

学校の志望動機の書き出し方は?

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

学校での志望動機の書き出しは、受験する学校によって変える必要があります。そのため、受験する学校がどのような学校に分類されるかを確認することが大切です。そのようなこと確認する必要がないと考える人もいますが、以外と知らない場合もあります。

間違った考えで志望動機を書いてしまうと学校側に対して失礼な文章を書いてしまう場合もあります。そのようなことになると内定をもらえる可能性はかなり低くなってしまいます。

学校の種類には、私立や公立はもちろんですが、専門高校などに分けることができます。専門高校になると普通の高校とは授業内容も学校の雰囲気も変わるため、志望動機の書き出しも特別に変える必要があります。

専門学校の場合

専門学校の場合は、一般の学校とは違い、ある部門に特化した学校である場合が多いです。もちろん普通の授業もありますが、専門の授業の時間も多く確保されています。そのため、ある部門に興味があったり、将来就職しようと考えている人におすすめの学校でもあります。

志望動機の書き出しも、専門分野に興味を抱いたいきさつや学校の存在を知った理由を書くようにしましょう。また、事前に専門分野の基本的な事を学んでおくこともおすすめです。学ぶ気があるが自分からは調べない生徒より、自分なりに調べる生徒の方が学校側は欲しがる可能性が高いです。

志望動機の書き出しに書いてしまうとあからさまな印象を持たれてしまうため、志望動機の途中から後半にかけて自分なりに調べて得たことを書くようにしましょう。そして、もっと専門知識を学びたい気持ちも忘れないようにしましょう。

看護学校の場合

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

看護学校は、専門学校の中でも特殊な学校でもあります。看護学校の志望動機の書き出しも看護の職業に興味を持ったいきさつ書くようにしましょう。

よくある書き出しですが「過去に入院したことがあり、その際、看護師さんに勇気を与えられて元気になることができたため、自分も看護の道を歩みたいと考えています」がおすすめです。よくある書き出しのため、相手の心に響く可能性は低いですが、工夫することで印象を変えることができます。

例えば、担当してくれた看護師さんが受験しようとしている看護学校の卒業生であることを説明することで、面接官に印象付けることができます。担当してくれた看護師が卒業して間もない場合は、面接官も覚えている可能性が高く、顔や名前を覚えてくれやすいです。

未経験の志望動機の書き出し方は?

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

未経験の部門に挑戦する際の志望動機の書き出しは、なぜ興味を抱いたかを書くことが必須条件でもあります。その他の志望動機の書き出しの場合でも、興味を抱いた理由を書くことを大切ですが、未経験の場合はより書く必要性があります。

面接官は、なぜこのような部門に就職や進学を決めたのかどうしても気になってしまいます。そこで、興味を抱いたことを書かないと面接官側は腑にに落ちない気分になってしまい、上手く自分をアピールできていません。

次に、未経験の志望動機の書き出し方を詳しく紹介します。未経験なことに挑戦する機会は意外に多いため、覚えておくことで役に立ちます。

未経験であることを記入する

未経験の志望動機の書き出しには、未経験であることを正直に書くことをおすすめします。就職の際には、未経験者より経験者を欲しがる可能性が高いです。そのため、必然的に企業側は経験者を採用してしまいがちです。

そのため、就職者側も未経験者であることを隠してしまう場合があります。しかし、面接官も多くの人を観察しているため、未経験者かどうかを判断できる可能性が高いです。そこで嘘をついていることがばれてしまうと落とされてしまうため、未経験であることを隠さないようにしましょう。

興味が出たいきさつを説明する

面接官側は、未経験であることに対してなぜ興味を持ったり、実際にやってみたいと考えたのかを知りたいと場合が多いです。そのため、志望動機の書き出しに書くことで、面接官の疑問を即座に解決させることができます。

やる気があることをアピールする

志望動機にはやる気を書くことは大切です。しかし、やる気があることばかり志望動機の内容に入れてしまうと、面接官は気分が重くなってしまいます。また、本当にやる気があるのか不審がられる場合もあります。

そのため、やる気がある意味を込める文章は一文にすることをおすすめします。上記でも紹介したように、興味を抱いた理由などを組み合わせることでよりよい志望動機の書き出しになります。

公務員の志望動機の書き出し方は?

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

公務員の志望動機の書き出しは、学生時代の自分の生活態度などを説明することをおすすめします。特に、無遅刻無欠席の場合は、公務員にとって大きな利点でもあるため、志望動機の中に書くようにしましょう。

志望動機の書き出しの効果は?

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

志望動機の書き出しはそこまで重要視する必要がないと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、そのような考えでは試験に落とされてしまう可能性が高いです。そのため、次に紹介する書き出しの重要性をよく理解することをおすすめします。

面接官の心を掴むことができる

志望動機は、面接官が一番重要視する項目でもあります。そのため、書き出しがいまいちでは面接官の心を掴むことができません。面接官の心を掴むことができないと内定をもらう事も難しくなってしまいます。

自分を印象付けることができる

試験を受ける際には相手に自分を印象付ける必要があります。面接の場合は、直接話すことができるため、さまざまな方法で印象付けることができますが、書類審査の場は難しいです。唯一印象付けることができるのが志望動機であるため、書き出しをよく考えることをおすすめします。

志望理由で書いてはいけないこと

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

志望動機は書くことで優位に試験を受けることもできますが、タブーを犯してしまうと落とされてしまう可能性が高くなりますので、書いてはいけないことを把握しておく必要があります。次に、志望動機で書いてはいけないことを紹介するので参考にしてください。

勉強したいの一点張り

志望動機にやる気があることを印象付けるために勉強がしたいと何回も書いてしまう場合があります。上記でも紹介した様にやる気を書くことは大切ですが、それだけでは志望動機の意味をなしていません。また、面接官をうっとおしい気持ちにさせてしまう可能性もあります。

待遇の良さを理由にしない

就職の際に給料や休日の多さで企業選びをすることがありますが、そのようなことを志望動機に書いてしまうと企業側はよい印象を得ることがありません。たとえそのような理由で志望したとしても書かないようにすることが大切です。

志望動機の書き出しは重要

志望動機の書き出し・留学や学校の志望動機の書き出し|未経験

志望動機の書き出しの書き方のコツを掴むだけでも試験を優位に進めることができます。そのため、志望動機の内容ばかりではなく、書き出しにも力を入れるようにしましょう。また、志望動機の書き出しは、状況によって変わるため、どのような場合でも上手に書き出せるようにしましょう。

Latests